玄関インテリアは工夫次第で快く歓迎するレイアウトになる!

玄関インテリアは工夫次第で快く歓迎するレイアウトになる!

ドアを開けて家の中に入ると、玄関が待ち受けている。これはインテリアを整えておくと、帰宅時、お客様を迎え入れた時にまるで心よく受け入れてくれるような見栄えになる。さらにはベンチなどの椅子を構えておくと、ちょっとくつろいだり物を置いたりするのに役立つ。

2018.8.30 UPDATE

0

椅子も取り入れた、数々のアイデアで玄関インテリアをおしゃれに!

出典:decordots.com

至って素朴でシンプルだけど身の丈にあっていて十分な味わいがある

一見シンプルな玄関のように見えるが、床に置いたり壁に取り付けるものを工夫することで、何だかおしゃれな要素を取り入れたように見える。今回は木の観葉植物、白い踏み台、そして壁には洋服もかけられる棚もあって、玄関の見栄えをよくしている。

壁全体を深い紺色に塗装してちょっとエスニック風な飾りを加える

玄関から真正面にある広い壁は紺色に塗っていて、大きな額縁に収めた絵画や民族のお面などを飾っている。これは何だか、不思議な印象であふれている外国のエスニック風という雰囲気が漂っている。

出典:www.pinterest.jp

出かける間際に着ていくものや持っていくものをここにまとめている

玄関のすぐそばにある壁には、高い位置に杭を打ち付けていて、そこには出かける間際に着ていく背広やコート、マフラーや帽子、ショルダーバッグなどを掛けられるようになっている。さらに杭の隣には鏡もあるので、身だしなみをチェックできる。

出典:www.pinterest.jp

洋服を掛ける杭の下には物を置くのに便利な狭い幅の小さなベンチを置く

玄関の空間が広いなら、あまり邪魔にならない狭い幅の小さなベンチを置いても構わない。この上には、育てている植木鉢やサボテンなどを置いてもOKで、下には買い物で使うカゴなどを入れるとよい。

あまり場所を取らない大きさのベンチは靴を並べるのに便利な下駄箱にもなる

今度のベンチは横の長さがあるので、下に靴を置いて立派な下駄箱にすることができる。さらに上にはきちんと物を置けるようになっているという特徴も出ている。

出典:www.pinterest.jp

丈夫なロープを使って緑の植物の鉢植えを天井から吊るしてもOK

今までの鉢に植えた植物は、ただ床や台の上に置くだけだったが、今度は丈夫なロープを括り付けて天井から吊るしている。ちなみにこのように飾り付けするなら、ツタが長く伸びるものが最適。

棒を組み合わせて作った脚が高いベンチも立派な玄関インテリアになる

同じ太さの棒を、それぞれちょうどよい長さに切って繋ぎ合わせていくと、脚が長いベンチができあがった。もちろんこの上や下にものを置けるようになっていて、今回は下の部分に空洞があるので、長いブーツをしまうこともできる。

今度のベンチは中に物をしまえる引き出しが土台となっているのが特徴

今度は人がくつろげるようなベンチになっているが、よく見てみると手前は引き出しとなっていて、しかもたくさん容積もあることがわかるので、この中には靴磨き道具などをしまいたい。

今度の玄関はリビングと直結しているだけではなくきちんとインテリアが整っている

今度の玄関は、ドアなどで遮られずにリビングと直結していることがわかるが、きちんとインテリアを整えることを怠っていないこともわかる。なお今回は、低い位置に額縁を飾っているのが魅力的。

出典:www.pinterest.jp

玄関に備え付けたベンチは使わない時に脚を折りたためてしまうことができる

こちらのベンチも脚が長いが、使わない時は折りたためるようになっている。さらに座る部分は滑りにくく加工されているので、物を置いてもしっかりと安定することができることがわかる。

棚となっている脚の間には鉄格子を張り巡らせていてあえて丈夫にしている

入り口のすぐそばにある大きな壁は灰色に塗装していて、コートなどを引っ掛ける杭を打っている。さらにその下には直角になるよう組み立てたベンチがあって、その間に鉄格子を張り巡らせて、より物をしまえるようになっているのも特徴。

壁に取り付けてS字フックをぶら下げた突っ張り棒が役に立つこともある

出かける時に身に着けるジャケットなどは、壁に打ち込んだ杭などにかけてもよいが、たくさん引っ掛けたい時は突っ張り棒を張って、いくつものS字フックを引っ掛けたものを使うと便利。

出典:nordicdesign.ca

天井から固い棒で成り立っている洋服を掛ける場所を吊るしている

今度の玄関の壁には大きな四角形の窪みがあって、その上からは洋服を掛けられるような棒がついていて、下には使わない靴をしまう下駄箱が設置されている。こんなに素晴らしい窪みの活用は、他ではあまり見られない。

玄関にあるへこんだ壁には素敵なデザインのカッティングシートを貼ってもOK

こちらも大きな窪みを活用しているインテリア。背面には黒鉛の鉛筆で描いたような木の壁紙が貼られていて、その手前には使わないものをしまうロッカーがあって、さらには天井からロッカーまで精いっぱい突っ張っている木があるのが特徴。

寒い冬の外出に欠かせないマフラーや帽子などを引っ掛けるために杭を打つ

今度の杭は、寒い時の外出に使うマフラーや帽子、さらには買い物で使うエコバッグなどを引っ掛けるためにある。さらにその下にはちょうどよい大きさのベンチも置かれていて、物を置けるようにもなっている。

少しの背もたれが付いている長いベンチも玄関を盛り上げてくれる

今度のベンチは、まるで公園にありそうな背もたれもあるデザインとなっている。脚は長くて空洞もあるので、この中にはスリッパなどを入れる大きなカゴを置いても悪くない。

円形の大きな鏡・布を張ったベンチ・観葉植物が見事に融合している

壁には大きな直径を持つ円形の鏡があり、床にはエキゾチックな絨毯が敷かれていて、布を張って座る部分にしたベンチ、そしてよく成長した観葉植物が置かれている。一見何の脈絡もないように見えるが、これもなかなか素敵なインテリアとなっている。

出典:www.pinterest.jp

極端に高さが異なっている2つのタンスをぴったり組み合わせている

高いタンスと低いタンスをぴったりと組み合わせると、十分すぎるほど収納に役立つような棚になった。この中には靴を始め、靴磨きに使うもの、さらには庭の園芸で使うものなどをしまうとよい。

出典:www.pinterest.jp

チョークでこれからの予定を書ける黒板を設置すると便利な玄関になる

これからある予定や、買い物で買うものなどをひとまとめにわかりやすく表示する、ちょうどよい大きさの黒板を壁に貼り付けた。なお黒板は板に黒板塗料を塗って作ったものでも全然構わない。

夏のお出かけにピッタリなワラで作ったバッグや帽子を引っ掛ける

夏のお出かけに持って来いの、数々のワラを編んで作ったバッグ、そして麦わら帽子などを引っ掛けている。その下にはおしゃれなベンチもあって、いかにも夏らしい雰囲気を出している。

出典:www.pinterest.jp

今度の玄関は今までのような鏡や椅子だけではなく豪華にエアコンも付いている

壁には全身を映せる黒い縁の鏡がもたれかかっていて、その隣には低いテーブルが置かれている。さらに一番上には、空気をきれいにするエアコンも付いているので、臭いがこもってしまった時に活用できる。

今度は靴や軍手などをしまえて天井にまで行き届いている戸棚を設置

今度の下駄箱は天井にまで行き届いていて、容積もたっぷりあるので、長靴やお出かけ用の靴、ハイヒールやサンダル、靴磨きクリームなどをすっきりとしまえるようになっている。

玄関には車で出たゴミや不要なダイレクトメールを捨てるゴミ箱があるとなおよい

玄関に着けてほしいものは、洋服を引っ掛ける場所、鏡、下駄箱や物を置く台もそうだが、ゴミ箱も当てはまる。小さなゴミ箱があるおかげで、いらないダイレクトメールをここにすぐ捨てることができる。

出典:www.decorpad.com

玄関からは2階への階段を始め洋服をしまえる場所へと繋がっている

今度の玄関は、2階へ繋がっている階段が正面にあるのが特徴で、しかもその階段は、中に上着やカバンなどをしまえるような構造となっているのが特徴。こんな階段は、なかなか思いつかない斬新なアイデアを練りこんでいる。

出典:www.pinterest.jp

大きくくぼんだ所には物をしまえる椅子とL字型の洋服かけが設置されている

床まで行き届いている大きな窪みには、洋服を掛けられるL字型の洋服掛けがあって、その下には直角に角ばった3つの椅子が隙間なくぴったりと置かれている。ちなみに椅子は、疲れた時にちょっと座るのによい。

出典:www.houzz.jp

ドアを始めとする所々にある黒色で玄関の空間全体を引き締めている

大部分を白色が占めているこの玄関には、所々に黒があしらわれている。不思議なことに黒はたったわずかしかなくても、玄関の空間全体を引き締めて、びしっとしているように見える。

どこか懐かしい気分を味わえそうな印象を持つ伝統的な日本家屋の玄関

今ではあまり見かけなくなってしまった、昔ながらの日本家屋の玄関も、疲れた心を癒す要素が含まれていることを忘れてはならない。扉をくぐると、いかにも懐かしい気持ちに包まれそう。

出典:www.pinterest.se

下駄箱とくっついているベンチは思いっきりくつろげるようになっている

今度の椅子も長椅子だが、天井まで行き届いている下駄箱と同じ素材でできていて、思いっきりくつろげるようになっているのが特徴。その上にクッションを置いておくと、なかなか素晴らしいイメージになる。

家や車を始めとする大切なカギを置くためのボウルも設置している

出かける時に持っていくのを忘れてはならない、家の鍵や車庫を開けるための鍵などは、そのまま放っておくと失くしてしまうので、やはりひとまとめにしておきたい。だからカギをたくさん置いて置けるボウルを付けるとよい。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪