南米の国・アルゼンチンは自然と文化の宝庫!!!

南米の国・アルゼンチンは自然と文化の宝庫!!!

日本の反対にある南米の国・アルゼンチンは、あまり聞き慣れないかもしれないが、実は雄大な自然が広がっていて、文化やイベントなども豊富にあって、観光にふさわしい見どころもいっぱいあるので、ぜひとも一度は訪れてみたい国である。

2018.11.21 UPDATE

2

ブエノスアイレスの心臓とも言える五月広場は歴史的にも政治的にも重要な場所

独立のきっかけとなった「五月革命」の場所だったが、今では毎日多くの人が集う広場となっている。中心には1811年に建てられた白い尖塔・オベリスクがそびえ立っていて、周囲は大統領邸や大聖堂が囲んでいる。

出典:www.10best.com

1882年に建てられたレコレータ墓地はネガティブなイメージが全くない

首都・ブエノスアイレスで名を挙げた大富豪や著名人が眠っている墓地。多くの霊廟や墓石が整列されて並んでいて、1つの立派な街のように成り立っている。

横浜みなとみらいにも負けないくらい素晴らしいプエルト・マデロ

ブエノスアイレスの港を再開発した、見どころ満載の観光スポット。どこまでも長い運河には、クルージング用の船が行き交っていて、夜になるとそばにずらりと建っているビルの光が水面に映される。

サッカーの熱狂的な試合が繰り広げられるラ・ボンボネーラスタジアム

正式名称はエスタディオ・アルベルト・J・アルマンドと言う、アルゼンチンで有名なサッカースタジアム。多くの観客を収容できて、芝生のコートでは多くの有名サッカーチームが熱い戦いを繰り広げている。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪