スペインのトマト祭り・トマティーナの楽しみ方

スペインのトマト祭り・トマティーナの楽しみ方

情熱あふれるヨーロッパの国・スペインは料理にも使うトマトがたくさん栽培される。赤く熟したトマトをぶつけ合う祭り・トマティーナがあることをご存じだろうか?町中がトマトまみれになり、人々から歓声が上がって大賑わい。楽しさと激しさを兼ね備えるトマト祭りについて紹介する。

激しさが伝わる、スペインのトマト祭り「トマティーナ」って?

出典:www.viajeros.com

とにかく真っ赤に染まる・トマティーナ

トマティーナとは、8月下旬にスペインのバレンシア地方にある、ブニョールという街で行われる、一風変わった祭り。写真で見てわかるように、多くの人がたくさんのトマトをお互いにぶつけ合うという内容となっていて、この日になると、地元国民だけではなく、世界中から何千人、何万人といった人々がブニョールに押し寄せてくる。

ここが、ブニョール

スペインの東側にある地方、バレンシアにある都市。面積は112.40km²で、人口は約9,720人と言われている。なお、この都市の目玉と言えば、トマト祭り・トマティーナと誰もが口をそろえて言う。なおトマティーナは、ずっと昔にこの街の八百屋の前で若者同士がケンカしてトマトをぶつけ合ったことが起源とされている。

使うトマトは、何と120トン以上も!

トマティーナに欠かせないトマトは、地元の広い農園で採れたものを使い、大型トラック一台分にぎっしり詰め込まれて会場に運ばれる。その量はなんと120トン以上にもなる。もちろんスペインでは、トマトはスープや前菜などのあらゆる料理に使われる。

参加するにあたっての服装は、汚れてもよい動きやすいもので!

出典:www.persil.com

服装は身軽に動けて、もう捨ててもいいようなものがよい

お祭り最中の気温は高く、そして多くの人が密集するので、身軽に動ける服装が好ましい。
その上トマトの汚れは、なかなか落ちにくいので、もう捨ててもいいようなTシャツや短パンがとてもよい。

目を保護するために、水中メガネも着けた方がよい

顔にトマトをいきなりぶつけられることもあるので、目に入らないようにするために水泳に使うゴーグルも用意したほうがよい。

靴は、底が安定したスニーカーがよい

潰れたトマトは、道全体を覆うので、滑りやすくなる。ハイヒールなどかかとの高い靴や、サンダルなどの脱げやすい履物は避けた方がよい。写真のような、安いスニーカーで充分である。

そして、着替えも持っていくとなおよい

お祭り会場へはバスで行くが、帰りの時にトマトまみれのままでバスに入るのは自分にとってもバス運転手にとっても望ましくないだろう。そんな時に役に立つのがこの着替えである。なお、着替えはビニール袋に包んでおくとさらによい。

いよいよトマティーナに入る前に、ある儀式を行う!

パロ・ハボン

一体何をしているのかと言うと、石鹸をたっぷり塗った木の棒に人が群がって登っている。そしてその木の棒のてっぺんには、生ハムの塊が取り付けられている。棒は石鹸が塗られているためつるつる滑るが、みんな何とか登ろうと必死だ。これは、「パロ・ハボン」と呼ばれる、トマティーナを行う前にする大切な儀式である。

頑張れ!あともう一息でたどり着ける!

ちなみに生ハムを取った人は、すぐに今年のトマティーナの英雄と称される。また、パロ・ハボンをしている時には、まだトマトを投げてはいけない。なお、棒の長さは、数メートルはあるから、てっぺんまでたどり着くのは容易ではない。

そしていよいよ本番の祭り!なりふり構わずトマトを投げつけよう!

半端ない、トマトの準備

数えきれないほどあるトマトは、やはりフォークリフトやクレーンなどの大がかりな機材を使わないと、トラックに積み込めない。これだけのトマトがあれば、トマトジュースや缶詰のトマトがたくさん作れることは確かだ。

まさに、トマトのせめぎ合い!

参加した人全員は、みんな躊躇わず、バシャバシャとトマトをぶつけ合う!それは興奮と熱気が入り混じり、今日一日が忘れられない思い出となるに違いない。

もう散々・・・だけど楽しい!

顔や体にうんざりするほどトマトをぶつけられて、どんなにトマトまみれになっても、そのテンションは落ちない。そしてたくさん浴びたトマトの汚れも忘れられない記念になる。

ひゃっほ~い!

トマトジュースやピューレは一切使っていないのに、まるでそれらがあたかも使われているように見える。ちなみにこれは弾けるトマトによってできた液となっていて、それはまさに祭り全体を盛り上げている!

この興奮は、なかなか収まらない!

人がみんなだんだん真っ赤に染まると、ますます興奮が大きくなってくる。そうれ、踊って歌って騒げ~!!!!!!

トマト風呂を満喫

決して血まみれになって死んでいるのではありません。道を深く浸しているトマトの液をお風呂のようにして浸っているのです。こんな体験は日常生活では全く味わえないので、今のうちに味わっておきたい。

出典:www.abc.es

子どもだってテンションが高くなる!

トマト祭りは子供も参加可能で、しかもこの遊びは、いたずらしたい、遊びたい盛りの子どもには、持って来いのお祭りでもある。

出典:www.abc.es

スライディングだぁ~!!!!!

物凄い勢いでトマトの海を滑っている。これは迫力満点の写真が撮れそうで、男なら誰もがこうしてみたくなる。そして同時に湧き上がる液体の飛沫も絵になっている。

ヴァッシャーッ!!!

たくさん潰したトマトをバケツに入れて、誰かにこのようにぶちまけているという光景もお祭りでは日常茶飯事である。(もちろん許されるのはトマティーナの日だけ)

遠くから見ると、みんな血まみれに見える・・・

決して銃を使った戦争やテロリズム、惨(むご)たらしい殺人現場ではありません。これでもみんな結構楽しんでいるんです。しかしトマトの汁が真っ赤なので、どうしても血に見えてしまう・・・

壁もトマトまみれ

決して残酷な無差別テロが起こったわけではありません。そして白い壁があると、飛び散ったトマトが血のりのように見える。これは汚れを落とすのに一苦労となる。

限られた時間内で、精一杯盛り上がれ~!!!

なお、トマティーナでトマトをぶつけ合うことができる時間は、1時間程度である。約束の時間が来たら、トマトのせめぎ合いは終了となり、同時にお祭りも終わる。この定められた時間内に、悔いが残らないように精一杯盛り上がろう!!!

参加するにあたって、守っておきたいルールと注意事項

トマトは、必ず潰してから投げる

トマトは、そのまま投げるとかなりの衝撃を与えるので、安全性を配慮して、必ず手でぐしゅっと握って潰してから投げつけ合う。これはもうトマティーナの鉄則である。

トマトを積んであるトラックにも注意

トマトを数えきれないくらいに積んでいるトラックは、とても大きい。そして会場まで移動することだってある。大型トラックは、巻き込み事故の危険性も高いので、異動している時は近寄らないなど、十分に気をつけること。

出典:www.20minutos.es

終わったら、シャワー代わりのホースの水を浴びる

盛大で真っ赤なトマト祭りが完全に終わったら、お疲れさまの意味をこめて、町の人々からホースで勢いよく出された水が提供される。これで、体についたトマトを洗い流せて、まさにお祭りを締めくくれる。

出典:joojoobs.com

貴重品は、絶対に持ち歩かないこと

お祭りの最中は、貴重品をうっかり落としたり、悪い人にすられたりする危険があるので、絶対貴重品を持ち歩かないこと。ちなみにトマト祭りの参加費用は一切無料となっている。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪