メイクパレットを手作りアレンジしているDIY事例集

メイクパレットを手作りアレンジしているDIY事例集

色とりどりのアイシャドー、チーク、ファンデーションなどのコスメをひとまとめにした「メイクパレット」は、何と自分で手作りできるということをご存じだろうか。今までバラバラだったコスメは化粧品ポーチに入れるとごちゃごちゃになりがちだったが、DIYメイクパレットによってすっきりと整理できる。

2016.2.23 UPDATE

CATEGORY

5

自分好みにアレンジできる!必要なコスメが1つになった手作りメイクパレット!

四角形の鏡付きコンパクトに、アイシャドー、チークをまとめる

上のフタに鏡が付いている、四角形のコンパクトミラーにお気に入りのアイシャドー、チークを並べた。このような四角い形状のコンパクトミラーは、100円ショップでも無印良品でも手に入る。

赤やピンクなどのルージュをまとめた、リップパレット

中途半端に残ってしまった口紅を削って、耐熱性のスプーンに乗せて炎で温めて溶かす。完全に溶けたら、アイシャドーを入れていた金皿に流し込んで、乾かすとリップパレットのパーツになる。たくさん種類を使って、コンパクトに張り付けてできあがり。

出典:www.brit.co

フタつきの浅い空き缶に、アイシャドーやメイクブラシを収めて

鉛筆などを収めていた浅い缶も、コスメ整理にちゃんと使える。アイシャドウやリップだけではなく、メイクブラシやチップなどを入れておくこともできる。

プロのメイクアップアーティストが使っていそう

先ほど紹介した空き缶の底に、好きな柄の布を貼りつけて、裏にマグネットシートを貼りつけたコスメを置いておく。並び方、コスメの種類がともに秀逸なので、プロのメイクアップアーティストが愛用していそうな手作り作品になった。

出典:www.wiseshe.com

箱型の、フタつきの空き缶に敷き詰める

お菓子などを入れていたフタつきの空き缶は、大抵はかわいくて捨てられないということが多い。そんな時は自作リップパレットの容器に応用するとよい。赤、ピンク、オレンジ色などの口紅とよく馴染んでいる。

ダンボールを組み立てて、外側の箱を作る

コスメを収める容器は、不用品を使って自分で作るという手もある。写真の箱はダンボールを切って組み立てて好きな柄の紙を貼って作っている。やっぱり自分好みにしたいなら容器を手作りする方法も1つの手である。

円形の容器に入ったアイシャドーが、おしゃれに並んでいる

鏡が付いた円形の容器に、円形のアイシャドーが詰め込まれている。並び方がとてもおしゃれで、色合いも素晴らしいから化粧品売り場で売れそう。

たくさん種類があるブラウン系と、鮮やかなカラーのアイシャドーが1つになった

濃かったり薄かったりするブラウン系アイシャドーと、鮮やかな色合いのカラー系アイシャドーが、1つの自作パレットを成している。フタをしても中身が見えるというのがありがたい。

子供が使っていた、色鉛筆のケースを応用

子供が使っていた、色鉛筆のフタつきケースだってコスメ整理に十分に使える。底にマグネットシートを敷いて、同じくマグネットシートを貼りつけたアイシャドウを貼っていく。たくさん貼りつけると、まるでステンドグラスみたいだ。

ファンデーションとチークをまとめて

美しい顔を作るのに欠かせない、ファンデーションとチークはひとまとめにしておきたい。写真は筆箱にも使える、フタがつながった缶の容器を使っている。

出典:roamaholic.com

化粧で必要なものが、ひとまとめになっている

ファンデーション、チーク、アイシャドウ、リップが1つのパレットとしてまとまっている。この自作パレットが1つあれば、化粧品はごちゃごちゃに入ったポーチが要らなくなる。

四角い容器に入った色とりどりのアイシャドーが、きれいに整列している

フタつきの四角い容器に収まった、正方形型のアイシャドーが実に素晴らしい。間隔をそろえて並べているので、素晴らしい芸術作品のようにも見える。

フタが透明な容器に収めると、より素敵

鏡はないが、フタをしても中身が見えるということ自体素晴らしい。同じ系統の色でまとまるように並べているのがコツ。これもまた芸術的なDIYメイクパレットである。

色んな形のコスメで、情景を表現してもよい

円形、長方形、正方形、三角形と色んな種類があるアイシャドーやチーク、ファンデーションをコンパクトの中で組み合わせて、1つの情景を作った。このようなアレンジ方法も手作りメイクパレットにふさわしい。

CDケースも使える

全く透明なCDケースに、色んな種類があるカラフルなアイシャドーを敷き詰めた。これだけたくさん並んでいると、まるでCDのジャケットみたいだ。

フタにもコスメを貼りつける

蝶番で繋がっているフタがある缶の容器に、お気に入りのコスメを敷き詰めた。そして今回は上のにも、コスメを貼りつけていく。やっぱりなかなか考え付かないようなアイデアはハンドメイドにふさわしい。

四角形のアイシャドーを、隙間なく敷き詰めていく

まるで壁にタイルを貼りつけていくように、アイシャドーやチークを敷き詰めていく。やはり隙間なく敷き詰めるなら四角形がおすすめ。

出典:www.brit.co

これまでごちゃごちゃしていたコスメが、黒い箱でスッキリと整理できた

ポーチの中でごちゃごちゃしていたコスメが、中身が見えるフタつきの黒い箱によってすっきりとまとまった。黒い背景に色々な色のコスメが映えている。

出典:en.paperblog.com

缶の筆入れを利用

主に文房具を収めていた缶のペンケース(筆入れ)に、あらゆるコスメをしまった。持ち運んだりする時のために、マグネットシートをコスメの裏側に貼りつけておきたい。

出典:weheartit.com

色んな肌に適応する、ファンデーションをひとまとめに

ピンクやベージュ色、そして肌色など豊富な種類がある「ファンデーション」をひとまとめにした。ファンデーションだけのメイクパレットは、自分オリジナルのアイデアで成せる技だ。

四角形と円形のアイシャドーを、おしゃれに並べる

右側と左側には、四角のアイシャドウを、中央には5色のアイシャドーを並べて設置した。並べ方を工夫するだけでも、おしゃれなメイクパレットはできあがる。

色ごとに分類

紫色系統、青色系統、緑色系統、ピンク系統、茶色系統に分類してフタつきケースに収めた。例え何色だと言っても、濃淡があることを忘れてはならない。

取りあえず、ひとまとめにしておく

色んな種類のコスメを、透明なフタが付いた箱の中に収めた。この方法は持ち運びではなく、引き出しの中に収めておきたい時に使える。

大きいもの、小さいものをすべてひとまとめに

サイズが大きいコスメ、サイズが小さい細々としたコスメを、広々としたフタつきのケースに収めた。ファンデーション、チーク、アイシャドー、リップ、そしてフェイスパウダーがひとまとめになっているなら、プロのメイクアップアーティストにも使ってもらいたい。

同じ長方形の形をしたアイシャドーを、隙間なく並べる

合同な大きさ、合同な形のアイシャドーを、ぴったりと収まる大きな容器に隙間なく並べた。色とりどりの色がびっしりと並んでいると、もう圧巻である。

実はDIYメイクパレットは、たいていマグネットシートを使っている

自分のアイデアを生かしたメイクパレットは、コスメの並べ方、外側の容器などを考えることはもちろんだが、大抵は底にマグネットシートを敷いて、コスメの裏側にマグネットシートを貼りつけるという考えを生かしていることが多い。マグネットで固定すると、またごちゃごちゃになることもなく、持ち運びにも便利だ。


よかったら「いいね!」もよろしく♪