ランタンが夜空を舞うタイのコムローイ祭りまとめ

ランタンが夜空を舞うタイのコムローイ祭りまとめ

微笑みの国「タイ」は、見どころがたくさんある。その中の「コムローイ」というお祭りをご存じだろうか。これは夜空に気球のようなランタンを浮かび上げ、幻想的な風景を楽しむ。もちろん世界中の多くの人が絶賛していて、ディズニーの映画のモデルにもなった、魅惑の「コムローイ」について紹介する。

素晴らしき幻想的な夜を楽しむ「コムローイ」とは?

コムローイの様子

コムローイとは、タイの北にある都市・チェンマイの11月の満月の夜に行われるお祭りである。具体的にどんなことが行われるかと言うと、歌や踊りなどの芸能はなく、夜空に小さな気球のような灯籠(ランタン)を浮かべる。そしてランタン1つ1つには、浮かべた人の強い願いが込められている。

出典:olivimage.com

行われる場所は、タイのチェンマイ

チェンマイとは寺院や仏塔、大きな仏像などが並んでいる、タイ北部にある都市で、毎年たくさんの観光客が訪れている。さらにここは首都バンコクから北へ約720mに位置する。

「コムローイ」は、古くからある、タイの伝統文化だった!

元々は、仏陀への深い敬意を表す式典だった

皆さんもご存じの通り、タイでは仏教を深く信仰していて、僧侶、数多くの仏像へ敬意を示している。
今回紹介する「コムローイ」でも、小さな気球のようなランタンを空にたくさん浮かべて、仏陀への敬虔な思いを馳せる。灯りが消える頃には、個人それぞれが抱えている悩みや煩わしさが消えているとも言われている。

温かみあふれる光が、暗い夜空を包む光景をとくとご覧あれ♪

祭りを始める前に、僧侶が祈りを捧げる

炎を灯した、気球のようなランタンを浮かべる前に、やらなくてはいけないことがある。それはタイ国内でとても敬われている僧侶が専用の祭壇に集まって、聖なる祈り、念仏を唱えることだ。これが完了すると、やっと待ちに待ったコムローイが始まる。

ランタンに火を灯している様子

参加している一人一人が、気球のようなランタンに火を灯している。火は炎となり幻想的な光を灯すので、この時点から、既に素敵な光景である。

祭りの最中には、僧侶も参加する

すっかり周りが暗くなって、いよいよ気球を浮かべる時にも僧侶は付きっきりとなる。このことから、さすがコムローイは神聖なお祭りだということが伺える。

水面(みなも)に映って、より美しい

大きな池の上で、いくつものランタンが浮かび上がるとその美しさは水面にも現れる。まるで天と地に暖かな光が灯っていて、日常の煩わしさを忘れられそう。

いくつものランタンが夜空に浮かぶだけで・・・

数えきれないくらいあるランタンが、何も見えないくらいに真っ暗な夜空を照らし、浮かべた私たちに希望の光を与えているように見える。

これはもはや、日常の世界ではない

じっくりとこの光景を見ている者は、うっとりと陶酔すること間違いなし。そしてもう煩わしい日常生活に戻りたくなくなる。

祈りよ届け、ランタンよ天まで上がれ

空にあげるのはランタンだけではなく、火を付けた人の願いも含まれる。その願いは仕事で成功を収めたい、家族が健康で過ごせるようにしたいなど、それぞれだが、せっかくの機会なのでお願いごとを込めても構わない。

だんだん上昇すると、まるで星空

ここまで上昇したら、まるで星が輝く夜空のようにも見える。さらにこの光景は宇宙でしか見られない銀河や、七夕の天の川が流れているようにも見える。

ずっと見てても飽きない光景

暗い夜空に暖かな光は、すごく映える。だからこれはしっかりと撮影できるカメラで記念に残しておきたい。

暖かさ、安らぎ、温もりが伝わってくる・・・

何度も説明したように、暗い夜空に浮かび上がった気球のようなランタンからは、電気の光では味わえないような、温かさ、安らぎ、そして温もりがひしひしと伝わってくる。

締めくくりに 花火が上がる

この祭りをさらに盛り上げてくれるのが、空に放たれるカラフルな花火だ。花火は、コムローイの終わり頃に打ち上げられて、もちろんカラフルな色彩があるので、締めくくりにふさわしい。

一度でいいから、コムローイを観たいという日本人は数多くいる!

現地への移動は、なかなかユニークなこの乗り物がありがたい!

出典:www.th4u.com

ソンテウ

日本では全く見られない珍しい形をしているが、タイではよく見かけるタクシー。形状はもちろん、多くの人を乗せて運べるのも特徴となっていて、地元の人や、バックパッカーが主に利用する。

出典:cushtravel.com

さらに、この乗り物ならではのメリットが!

ソンテウは、基本的に乗り合いなので料金が安い。
そして、一緒に乗った現地の人とも交流ができる。
さらに、コムローイの日には、この緑色のソンテウが会場まで運んでくれることもあるのだ。

せっかく来たんだから、自分たちもランタンを空に浮かべよう!

紙でできた「気嚢(きのう)」を思いっきり広げて

参加している僧侶のありがたいお経が終わった後、アナウンスが流れる。それと同時にみんな一斉に、気嚢の下にある固形燃料に炎を灯す。そうすると、気嚢に温かい空気が溜まり、ゆっくりと浮かび上がるようになる。

僧侶も、ランタン灯火に協力する

僧侶が灯したランタンには、いかにも強い念仏が込められていそうだ。これによってすべての人が健康で過ごせられたら、もう何の文句もない。

出典:bb901.com

そしていよいよ、広い夜空へ

みんなそれぞれ願いを込めて、ランタンを膨張させたあと、再びアナウンスが流れるので、それと同時に空へ浮かび上がらせる。

こうして、素晴らしい光景が誕生する

一人一人の願いが込められたように膨らんだランタンは、真っ暗な夜空を明るく照らす。これらはもはやただの炎ではなく、きらめく希望の光に見える。こうして、タイを象徴する、忘れられない祭日の歴史が作られていくのである。


よかったら「いいね!」もよろしく♪