DIYで作る手作りカードケースがかわいい

DIYで作る手作りカードケースがかわいい

外出する時に使う、クレジットカードやテレホンカードなどのカードをしまう「カードケース」を自分でハンドメイドした。この中に保管しておけば、大切なカードを紛失したりするのを防ぐことができる。さらには、免許証やICカードなどの大切なカードをしまうこともできる。

2016.3.14 UPDATE

3

大切なカードをしっかりと保管できる、ハンドメイドのカードケース!

テレホンカード、バスカードを入れるならコレが最適

一見フリルが付いたかわいいポーチのように見えるが、ハンドメイドの立派なカード入れなのだ。この中にはテレホンカードやバスカードなどのプリペイドカードを入れておきたい。

出典:www.parents.com

フェルトでも簡単に作れる

1枚のフェルトを加工して縫い合わせて、かわいいカードケースを作った。所々に刺繍糸で作った模様があるのが素晴らしい。

留められるスナップボタンを付けて

折りたたみのカードケースに、留められるようにスナップボタン付きの帯を付けた。そこには、お店で使えるポイントカードも収まっている。

まさにカード専用の折りたたみ財布

ポケットがたくさんついている、カード専用の折りたたみ財布。ちなみに留める部分は、マジックテープを使っている。

レザー生地を使ってもよい

一見お店で買ったもののように見えるが、立派なDIY作品なのだ。写真のようなレザー生地を使うと、高級感あふれるものになる。

折り紙で作る

真ん中の大きな正方形部分には、ちょっとしたお小遣いやメッセージカード、手紙などを入れられるようになっている。これは子どもにしてあげるとよい。

ファスナーで閉じるポーチ

内側にポケットが付いていて、中身が出ないようにチャックで口を閉じられるようになっている。これはまさにモダンながま口である。小銭を入れてカバンの中に忍ばせれば、なんかあった時の手助けになりそう。

プレゼントとしても使える

心を込めて作った、ハンドメイドのカードケースは、親しい人や友人へのプレゼントにもぴったりである。もちろんもらった人はさぞ喜んでくれそうだ。

小銭やスマートフォンも入れられる

チャック付きのポケットには小銭が入れられるようになっていて、上にはたくさんのカード入れが付いている。そして、小さいサイズのスマートフォンも入れられるという優れものでもあるのだ。

たくさんのカードを入れられる、分厚いケース

クレジットカード、プリペイドカード、キャッシュカード、さらにはブラックカードなどの金融カードを収められるようになっている分厚いケース。これだけ容積があれば、カードゲームのカードも入れられそうだ。

カードを優しく温めているように見える

分厚い生地の中には、カードを入れられるポケットが付いている。折りたたんで保管するので、まるでカードが寒さや衝撃から守られているみたいだ。

本のようになっている

中には、本のページのようにポケットが付いているので、たくさんのカードを収められる。クレジットカードを始め、たくさんあるお店のポイントカード、会員証などはココに保管したい。

男性でも使える、モノトーン調

黒と白と灰色しか使われていない、モノトーン調のカードケース。黒地に映える白い十字架がとてもおしゃれなので、女性だけではなく男性でも使えそうだ。

外側には、小銭入れが付いている

今度は、外側にチャックで封をする小銭入れを付けた。内側にはたくさんのカードが入れられるようになっている。そして色は対照的な白と黒なのがよい。

至って簡単な作りのカード入れ

1枚のフェルトを外国の封筒のように切り、ミシンで縫い合わせて作った。留め具は至ってシンプルなものを使っているので、全体の色と馴染んでいる。

至ってかわいいデザイン

表と裏で柄が違う、女の子向けのかわいいデザインのカードケース。こんなにかわいいなら雑貨屋さんに置いても悪くない。あと、名刺やメッセージカードを入れておくのにも丁度よい。

ゴムをボタンに引っかけて留める

上にあるゴムを、下にあるボタンに引っかけて留めるという形式のカード入れ。外側と内側で模様を使い分けているのが特徴。

出典:ohmyhandmade.com

長い輪ゴムを引っ掛けて留める

今度は、長い輪ゴムが左端に付いている。向こう側へ渡すとケースが開かないようになっている。長いゴムひもがあるなら、早速実践したい。

ボールペンやパスポートもしまえる

何かを記入する時に使うボールペンを取り付けたり、手帳やパスポートなどを入れられるようになっている。カード収納以外のアイデアも活かすなんて、さすがハンドメイドである。こんなに柄がかわいいなら、雑貨屋さんに置いても悪くない。

ICカードやスマートフォンを入れられる

至って簡単な作りのカードケースだが、スマートフォンをすっぽりと入れられるようになっているのが最大の特徴。ちなみに生地はジーンズにも使うデニム生地を使っている。

出典:www.flickr.com

カードがたくさん入るがま口

一見大きな容積のがま口のように見えるが、中にはたくさんのカードを入れられるポケットが付いている。こんな珍しい形状のカード入れがあっても悪くない。何よりレトロ感あふれるデザインだということがわかる。

出典:makezine.com

紙幣も入る

これは本当の財布と同じように、紙幣も入るのだ。このようなカードケースをハンドメイドするなんて、とても素晴らしすぎる。出来がよければインターネットのフリマサイトで売ってもおかしくない。

レザー生地で作る

何も手を加えていないレザー生地を、かっこいいデザインのカードケースにリメイクした。同じ生地で作ったストラップがなかなかよい味を出している。もちろん、男性が使うのにもぴったりだ。

出典:justbcrafty.com

毛糸を編んで作る

これまで、カードケースは布かレザー生地じゃないと作れないという概念にとらわれていたが、毛糸を編んで作ることもできるのだ。毛糸で作ったカードケースは、冬の寒い時期に持ち歩きたい。

カードだけではなく、スマホも入れられる

先ほど紹介したカードケースの、収納容量を広くすると、スマートフォンを入れられるようになる。冬の寒い時期にはこれがスマホを温めてくれそうだ。

こんなにカラフルなら、子どもにも持たせたい

ヘアゴムみたいなゴムで留めるカードケースは、使っている柄がカラフルだと子どもにも使わせたくなる。通学に使う定期入れもこれにお任せしたい。


よかったら「いいね!」もよろしく♪