福島名物のお土産まとめ!福島県で買いたいおいしい食べ物

福島名物のお土産まとめ!福島県で買いたいおいしい食べ物

東北地方にある「福島県」は、素晴らしい名物が揃っている。それはガイドブックに載られているものから始まり、そこに住む県民にしか知られていないものがある。

2018.2.9 UPDATE

2

桃を始め、地元の風情・特徴があふれている福島の立派なお土産!

福島桃

福島県を代表する果実と言えば、やはり桃である。薄い皮をむくとみずみずしい果実が現れて、それを食べるとのどを潤してくれるという特徴がある。もちろん福島のお土産として買ってもよい。

会津の天神さま

昭和54年からずっと変わっていない味わいで、多くの人に愛されている銘菓。ふんわりとしたブッセ生地には塩味を利かせたクリームチーズが挟まっていて、それらはバランスよく融合して、素晴らしい味を作り出している。

檸檬(れも)

チーズケーキ好きにはたまらない、一口サイズのお菓子。材料はチーズだけではなく、隠し味に爽やかな味わいのレモンを使っているのが特徴である。しっとりとした味わいとレモンの風味が調和している。

嘉永餅(かえいもち)

希少な砂糖を使って甘味を出している、素朴な味わいの平べったい薄皮饅頭。そして中のあんこには、バターを使ってふくよかな風味を出していて、肝心の生地はもちもちしている。

玉羊羹

包んでいる風船を爪楊枝で割って食べる、丸い羊羹。大きさが一口サイズなので、お茶の席にぜひとも使いたい。そして肝心の羊羹は、江戸時代から代々受け継がれてきた製法で作っている。

出典:www.konohata.com

凍天(しみてん)

カリッと揚がったドーナツの中には、寒空に干したよもぎ餅が入っているという、子どもから大人まで愛されているB級グルメのお菓子。揚げたてを一口頬張ると、もう至福のひと時である。

くるみゆべし

香ばしいクルミと、沖縄産の黒糖を使って風味を出している、素朴な味わいの餅菓子。当然クルミは、粗く刻んでたっぷりと入れているのが特徴である。もちろん温かい緑茶ともよく合う。

柏屋薄皮饅頭

旅館の部屋に置いても悪くない、昔ながらの製法で作った素朴なお饅頭。中に入っている漉し餡と、外側の薄い皮はしっかりと調和して、よい風味を出している。

出典:www.amazon.co.jp

エキソンパイ

厚いパイ生地には、バターを使った白餡とクルミが詰まっている。洋菓子と和菓子のいいところを組み合わせたような、最高のお菓子と言ってもいいくらいだ。

ままどおる

福島を代表するお土産お菓子と言えば、この「ままどおる」なのだ。ちなみに名前の意味はスペイン語で「お乳を飲む人」という意味である。生地や中身にミルクやバターを使って、よりよい風味を作っている。

出典:koike-manjyu.com

あわまんじゅう

その名の通り「粟(あわ)」を使っている饅頭である。味はいたって素朴で、もちもちした食感がある。ちなみにそのままにしておくと固くなる恐れがあるので、なるべく早めに食べること。

出典:j-miyoshi.jp

じゃんがら

福島に伝わる伝統芸能・じゃんがらに由来する、素朴な味わいのお菓子。水を使わずに作った皮の間には、北海道産小豆の餡が挟まっている。写真は通常サイズで、2倍くらいのサイズも出てきている。

出典:tabelog.com

太陽堂のむぎせんべい

食べると元気が出てきそうな、素朴な味わいの手焼きせんべい。写真はバラ売りで売られているものだが、たくさん集まって箱詰めになっている、贈答用のものもある。

かわいい赤べこちゃんクッキー

福島の民芸品・赤べこをかわいくデフォルメして、食べられる印刷に応用させた。そしてそれを四角いクッキーに貼りつけて、お土産にふさわしい商品にした。もちろんこれは1個1個包まっているので、多くの人に配ることができる。

生キャラメル

実は福島でも、北海道のものに劣らない生キャラメルを作っているのだ。一口食べると、口の中にとろけるような甘さが広がる。

干し柿

甘味たっぷりの柿を外に干して、旨みをより閉じ込めた。ドライフルーツのように完全に乾燥はしておらず、少し柔らかい食感があるというのが特徴である。そして子供からお年寄りまで愛されている。

郡山生チョコケーキ

カカオの風味がしっかりと効いている、一口サイズのチョコレートケーキ。材料は肝心のチョコレートだけにとどまらず、質の良い小麦粉、バター、アーモンドプードルを使っている。

うつくしまゼリー

東日本大震災で傷ついた福島を、もう一度活気づけようとして開発した商品。ゼリーに使われている果物は、福島産の桃である。そして食べると元気が出てきそうな味わいである。

出典:tabelog.com

会津のみそパン

お茶菓子や子供のおやつにもぴったりで、どこか懐かしい味わいがしてくるパン。その名の通り地元で作った味噌が練りこまれていて、膨張剤を一切使わずに天然の酵母で膨らませているのが特徴。

いもくり佐太郎

古くから伝わる民話を模った、サツマイモと栗を使った素朴なお菓子。ちょっとスイートポテトのような味わいがしてくるのが特徴である。

なが~いロールケーキ

長さはなんと50cmもある、長いロールケーキ。これは人がたくさん集まった時に出したいロールケーキである。写真はモンブラン風にデコレーションしているが、ショートケーキ風にデコレーションしたものもある。

めひかり塩チョコ

一口かじると中からとろりとしたキャラメルが出てきて、ほのかな塩味がしてくるチョコレート。チョコレートの表面には、ダイヤモンドの欠片のような塩が乗っているのが特徴である。

めひかり塩チョコグランリュ

先ほど紹介しためひかり塩チョコを、さらに高級にした商品。厳選したカカオとキャラメル、そして塩が特殊な製法によって調和して、素晴らしい味わいを作りだしている。

家伝ゆべし

大抵のゆべしは四角形になっているものが多いが、こちらは独特の形状になっている。そして中に餡が入っているというのが特徴である。もちろん熱い緑茶やほうじ茶と一緒にいただくともっと美味しい。

出典:zerry-no-ie.net

アセロラミックスゼリー

色んな種類の、彩がきれいなゼリーを作っている、ゼリーのイエの自慢商品。一番上の赤はアセロラ果汁を使っていて、下にある緑色はメロン味、一番下の黄色はオレンジ味といった味わいになっている。そしてゼリーの間にある白い部分は、何とチーズムースなのだ。

元祖みそパン

皇族にも気に入られた経歴を持つ、昔懐かしい味わいの蒸しパン。味噌の風味と甘い風味が効いているというのが特徴である。もちろんお茶請けや子供のおやつにしても構わない。

会津こしひかり味噌

朝食で飲む味噌汁を始め、ありとあらゆる料理に応用できそうな、福島自慢の伝統味噌。厳選した大豆、こしひかり米、天然の塩を使ってじっくりと発酵させるので、スーパーの味噌とは違うよい味わいがしてくる。

喜多方ラーメン

福島のご当地グルメにも匹敵するラーメン「喜多方ラーメン」を自宅でも手軽に味わえるように開発されたお土産。これはラーメンが大好きな人にとって、とてもありがたいお土産と言える。

酪王 ハイカフェオレ

福島だけで発売されている、よい味わいのカフェオレ。コーヒーのほろ苦さとミルクのコクがよく調和して、すっきりと飲みやすくなっているのが特徴である。もちろん子どもにも飲ませたい。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪