横浜のお土産!人気の名菓を始め中華街や鎌倉などの名物etc

横浜のお土産!人気の名菓を始め中華街や鎌倉などの名物etc

神奈川県で最も人口が多い都市・横浜は、旅行で訪れる人が多い。そして美味しい食べ物の店もたくさんあり、旅の記念となるようなお土産も豊富にある。今回は、定番のものを始め、名所である中華街や鎌倉などの地域ごとで有名な、横浜のお土産について紹介する。

2

とりあえずこれだけは知っておこう!横浜では定番のお土産!

出典:www.kiyoken.com

崎陽軒の看板商品でもある昔ながらのシウマイは立派な横浜の名物

昭和三年から営業している、横浜の焼売の老舗・崎陽軒が誇る自豚の逸品。創業以来ずっと変わらない豚肉と干し貝柱を使った具材は、、多くの人の人気を集めている。

麦の香ばしさと酵母の甘い香りが見事に調和した横浜ビール アルト

昔から守り続けている醸造方法で作ったビール。原料の麦やホップを調整し、香りと苦みの味わいを丁度よくしているのが特徴。ちなみに写真の「アルト」は、少し赤い色をしている。

出典:www.mutekiro.net

しっとりとしたチョコレートケーキで知られている霧笛楼 横濱煉瓦

真上から見ると、まさにレンガな感じのお菓子。チョコレートケーキまたはスポンジケーキの上だけにチョコレートを流して固めて作っている。しっとりした食感と風味がロングセラーの秘訣である。

横浜で60年もの歴史を刻んでいるありあけハーバーも有名なお土産だ

海を渡る船のような形が特徴の焼き菓子。袋には横浜を愛する画伯が描いた絵があり、生地の中には栗餡が詰まっている。そして、栗餡の味としっとりした食感がたまらない。

冷やして食べるとさらに美味しさが際立つハーバープリンもおすすめ

先ほど紹介した、ありあけハーバーを製造している菓子メーカーが作っているプリン。卵の優しい味がするなめらかプリンの中には、甘く煮た栗が入っている。

ちょっとレトロな雰囲気やサクサクした食感もある馬車道十番館  ビスカウト

ガス燈の浮彫があるビスケットで、甘さを抑えたクリームを挟んだお菓子。クリームの味は、レモン、ピーナッツ、チョコレートがある。

箱及び個包装が全て真っ赤でまとまっている赤い靴の女の子いちごラングドシャ

野口雨情の童謡「赤い靴」をパッケージにあしらったラングドシャ。ココア味の薄いクッキーにイチゴ味のチョコレートが挟まっている。

4種類の味が揃っているえの木てい 山手西洋館めぐりは魅惑の逸品

オレンジ入り、チェリー入り、抹茶味、ホワイトチョコ味のケーキの詰め合わせ。包装の箱からアンティークな感じが伝わってくる。

試行錯誤の末にやっと誕生した上品な甘さのかをり レーズンサンド

ラム酒ではなくブランデーに浸したレーズンを、上品な甘さのクリームに混ぜ、濃厚なバターの香りがするクッキーで挟んだお菓子。サクっとした食感と、クリームとレーズンの風味を楽しめる。

箱の中にはキラキラした宝石が詰まっているように見えるかをり ヴィーナスの誕生

見た目はまるで輝く宝石のようだが、8種類の味がある少し固めのゼリー菓子である。リンゴ・ブドウ・オレンジ・ブルーキュラソーなど、天然の果汁を原料にしている。

このブルーダルチョコレートは長い間ロングセラーを誇っているお菓子

昔から愛され続けているお菓子「マーブルチョコレート」の横浜限定版。この商品の特色は、白、水色、濃い青色の3色のみのチョコレートが入っているということである。1本からでも販売しているが、50本入りの1カートンでも販売している。

出典:3yo.shop-pro.jp

観光みやげ品の部やヨコハマ・グッズで受賞した経験もある横浜三塔物語

神奈川県庁・横浜税関・横浜市開港記念館といった、横浜を象徴する3つの塔をイメージしたスティック状のケーキ。味はチョコレート、紅茶、オレンジの3種類がある。

懐かしさを感じるようなさっぱりした味わいが魅力の高梨乳業 横濱馬車道あいす

日本においてのアイスクリームの歴史は、明治時代に町田房造という人が横浜で製造し、販売したことが始まりとされている。当時は「あいすくりん」と呼ばれていた。これは、その当時のアイスクリームの味や食感を忠実に再現している。

高梨乳業ではスプーンがなくても食べられる横濱馬車道あいすもなかも開発

先ほど紹介した「横濱馬車道あいす」をモナカの皮で挟んだ商品。アイスクリーム単品で食べるのとは違った味わいを楽しめる。

出典:www.mutekiro.net

霧笛楼 煉瓦の誘惑にもチョコレートの魅惑がたっぷりと詰まっている

先ほど紹介した、横浜煉瓦を半分に切って、より手頃に食べられるようにしたお菓子。チョコレート味とホワイトチョコレート味がそれぞれ1つずつ入ってラッピングされた商品もある。

忘れてはならない名所・中華街のお土産は素晴らしいものが揃う!

中華街のあちこちで売られている月餅(げっぺい)は多くの人が買い求める

中国では伝統行事に必ず食べると言われているお菓子。中身は基本的に漉し餡が多いが、ココナッツやさつまいもを材料にした餡も入っている。

出典:www.edosei.com

戦後間もない頃に安くて美味しいものを提供しようという思いから生まれた豚まん

直径約11㎝、高さ7㎝もある食べ応え満点の肉まん。そして中身は、豚肉を始め、野菜、海老や蟹などの具材を贅沢に使い、写真で見てわかるようにぎっしりと詰めてある。

出典:www.edosei.com

お店によってそれぞれのこだわりがあるチャーシューだっておすすめ

豚のバラ肉を、店自慢の秘伝のタレに漬けこんで、炭でじっくりと焼くと、柔らかくて素晴らしい味のチャーシューになる。薄く切ってそのまま食べても美味しいし、ラーメンやチャーハンの具にしてもよい。

出典:www.koumen.co.jp

焼きたてはもう最高の味わいになっている中華スイーツ・エッグタルト

サクサクとしたタルト生地に、卵の優しい味がするプリンが入っている。これらが素晴らしい調和を生み出す。

常にセイロで蒸して作っているマーラーカオは優しい味わいがいっぱい

中国の蒸しカステラ。卵の優しい味がするのが特徴。そのまま食べても美味しいが、一度電子レンジで温めてから食べるとより美味しい。

お湯と牛乳で溶かして冷蔵庫で固めると簡単にできる聘珍樓 杏仁豆腐の素

中華料理のデザート・杏仁豆腐を家庭でも簡単に作れる商品。用意するものは、熱湯と牛乳だけで、何より手軽にできるのがありがたい。味は、お店のと変わらない本格的なものである。

ゴマの香ばしい風味と中のあんが調和するなかよし横浜中華胡麻団子

ゴマ団子が一口サイズの大きさになって入っている。パッケージの愛嬌あるキャラクターが目印で、お土産にも喜ばれそう。

出来立てのアツアツが一番最高と言われている天津甘栗も捨てがたい

中華街の至るところで売られている天津甘栗。窯に入ったアツアツをそのまま販売し、手軽に食べられる特色を持つ。ちなみに栗は甘いだけではなく、栄養もたくさんあるのだ。

今までのシュウマイとは異なる味わいが詰まった重慶飯店の海鮮焼売

海老、イカ、蟹、貝柱を主な原料にしている焼売。ぷりぷりした食感と、鮮やかな外観が、多くの人を魅了する。

水面に映える未来都市・横浜みなとみらい21のお土産

横浜文明堂が誇る極上金かすてらは熟練の職人にしか焼くことができない

良質な卵を贅沢に使い、底にザラメを敷き詰め、丁寧に焼き上げたカステラ。これは本場長崎のものにも劣らない。

溝が入っていてカカオ本来の豊かな風味が含まれたヨコハマチョコレート

まるでレンガの壁のようなチョコレート。味はブラックとミルクがあり、カカオの深い味を堪能できる。

神奈川県名菓展菓子コンクールで優秀賞に輝いた番餅(バンピン)

中華菓子の定番・月餅をさらに進展させたようなこの菓子は、表面全体に香ばしいクルミがまぶされていて、何より数人で分けて食べられるのが嬉しいという特徴がある。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪