東京で絶品チョコレートケーキを食べたいならこのお店

東京で絶品チョコレートケーキを食べたいならこのお店

「チョコレートケーキ」は、ただ甘いだけではなく、恍惚たるチョコレートの香り、ふんわりしていたりしっとりしている生地や、塗っているクリームによって食べると幸せになれるようなケーキである。一言で「チョコレートケーキ」と言っても多種多様あって、東京にはおすすめの店があることを紹介する。

12

至福のひと時を運ぶ、東京の絶品チョコレートケーキ言えばコレ!

ラ・ヴィ・ドゥース 新宿店

見ているだけで楽しくなる、食べると満足できるようなケーキが揃っている店。さらにはお菓子教室、お料理教室も実施している。写真の「カプリス」というのは、底にタルト、中にチョコレートムースと木苺クリーム、そして光沢のあるチョコレートでコーティングした、斬新なチョコレートケーキ。

住所:東京都新宿区愛住町23-14 べルックス新宿ビル1F

フォノレワール

1辺12㎝から15㎝、18㎝、21㎝の長さがある、ラ・ヴィ・ドゥース自慢のチョコレートケーキ。ふわふわのスポンジ、挟んでいるクリームともにチョコレートを使い、表面には混じりけのないココアパウダーをふりかけている。

テオブロマ

良質のカカオで作ったチョコレートのお菓子をメインに販売している店。そして写真は「サン フォアキン ドス」という、まさに贅を尽くしたチョコレートケーキで、厳選したチョコレートの味と香りが存分に膨らんでいる。

住所:東京都渋谷区富ヶ谷1-14-9 グリーンコアL渋谷 1F

カカオ フランボワーズ

こちらも、テオブロマ渾身のチョコレートケーキ。チョコレートの甘さとほろ苦さ、フランボワーズ(木苺)の甘酸っぱさが融合したケーキ。季節限定商品だが、試してみる価値はあり。

出典:www.facebook.com

パティスリーリョーコ

女性のオーナーパティシエが監修したケーキを販売するお店。この他にも、パウンドケーキやクッキーなどの焼き菓子も豊富にある。前列左からトラディション、キャラ・ドゥー、メルヴェイユ、後ろ左から、テリーヌショコラ、ボヌールといった種類がある、自慢のチョコレートケーキは、どれもなめらかな食感とチョコレートの風味がたまらない。

住所:東京都港区高輪3-2-8

出典:www.facebook.com

テリーヌショコラ

13㎝、17㎝、26㎝の長さがあるパティスリーリョーコ自慢のチョコレートケーキ。カカオを100%使ったムース、ほろ苦いビスキュイ、パリパリのチョコレートが見事に調和している。

出典:tabelog.com

パリ セヴェイユ

オーナシェフが修業時代にお世話になったフランス人パティシエ「ムッシュアルノー」の名前をそのまま使ったチョコケーキ。底にはヘーゼルナッツのキャラメリゼ、その上に2枚の薄いチョコレートを乗せ、さらにオレンジ風味のガナッシュクリームが乗っている。

住所:東京都目黒区自由が丘2-14-5 館山ビル1階

ショコラブティック アニヴェルセル表参道

写真に写っている「フォンダンショコラ」という商品は、真上から見ると、花のような形になり、写真のような1切れにするとハートのような形になるチョコレートケーキ。また、中身はとろけるような食感であるのが特徴で、多くの人がリピートしている。

住所:東京都港区北青山3丁目5−30 アニヴェルセル表参道1F

アニヴェルセル表参道 ガトーショコラ

「キング・オブ・ショコラ」と称される、アニヴェルセル表参道自慢のガトーショコラ。ホール状ではなく少し細い角柱のような形になっていて、より高級感が伝わってきて、大人の嗜好品としても最適である。

出典:www.facebook.com

ケンズカフェ東京

注文を受けてから作るので、あまりたくさんは作れないが、まるでとろけるようなチョコレートの味わいがする、「特撰ガトーショコラ」が看板名物のお店。厳選したクーベルチュールチョコレート、有機農法で育てた卵、新鮮な無添加の無縁バターを使って、多くの人を満足させる逸品に仕上げている。

住所:東京都新宿区新宿1-23-3 御苑コーポビアネーズ1F

マキシム・ド・パリ 大丸東京店

元々はレストランだが、ケーキ屋も運営していて、フランス料理に負けないくらいの最高峰のケーキを常に提供している。さらにこれは「デリス・オ・ショコラ」と言う、ラム酒を利かせた、少し大人の味の神々しいチョコレートケーキである。

住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅大丸1F

ショコラ・トネール

チョコレートと相性抜群のオレンジピールを加えたチョコクリームを、スポンジケーキで挟んだ。表面にかかっている光沢のあるチョコレートには、ホワイトチョコレートで作った模様が描かれている。

資生堂パーラー 銀座本店ショップ

ふんわりと焼き上げた生地には、チョコレートだけではなく、ヘーゼルナッツとオレンジの洋酒の風味が効いている。青い箱に入った「チョコレートケーキ」は、贈答にしても喜ばれること間違いなし。

住所:東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル1F

出典:www.g-chef.com

エーグルドゥース

山のような形が特徴の、フランス・アルザス地方のお菓子「クグロフ」にクーベルチュールチョコレートを贅沢に加えた「クグロフ・ショコラ」は、同じく加えているラムレーズンとともに素敵な風味を出している。

住所:東京都新宿区下落合3−22−13

出典:www.gerbeaud.jp

ジェルボー

ハンガリーで誕生した、150年以上の歴史を誇るカフェ。過去から今、そして未来へとつなぐという方針を持っている。このケーキは「ジェルボートルタ」と言い、創立145年を記念して作られた、アプリコットリキュールの風味があるチョコレートケーキ。

住所:東京都港区北青山3-11-7 Ao 2F

モンサンクレール

「2つの丘」と言う意味の店名を持つ、この店自慢のチョコレートケーキ「デリス ショコラ」が有名で、上に乗っている、ココアがかかったチョコレートクリームは、なだらかな山のように盛り上がっている。

住所:東京都目黒区自由が丘2-22-4

テヴェールショコラ

見た目が竹のように見える、珍しい斬新なチョコレートケーキ。周りはチョコレートムースで、中は抹茶ムースが入っている。どちらもともに濃厚な味で、ふんわりする食感である。

オネット

これも芸術作品のようなチョコレートケーキ。濃厚なチョコレートムースに、キャラメルの風味を加えていて、正三角形のような美しい形が特徴である。

ゴンドラ

美味しいパウンドケーキを作り続けているお店。そして「ショコラゴンドール」と言う、しっとりした食感の、純粋なチョコレートケーキも有名で、これに使われているチョコレートは香りも味もよい最高級なものを使っている。

住所:東京都千代田区九段南3-7-8

赤坂トップス 銀座店

赤坂トップスを代表する、シンプルだが人気のあるチョコレートケーキが有名なお店。チョコ風味の生クリームは、上や側面に塗られているだけではなく、飾りのように絞ってあるのがよい。また、くるみも入っている。

住所:東京都中央区銀座4-6-1 銀座三和ビルB1

キングスチョコレートケーキ

スポンジ生地には砕いたくるみが入っていて、それをさらにチョコレートでコーティングした。その上には削ったチョコレートをトッピングしたという、よりワンランクアップした赤坂トップスのチョコレートケーキ。

ロールケーキ マッキーCocoa

チョコレートケーキにも使っている、赤坂トップス自慢のチョコレートクリームをふわふわのチョコレートスポンジで巻いたロールケーキ。店のホームページから購入することもできる。

出典:www.demel.co.jp

デメル 松屋銀座店

ここではオーストリアの歴史あるチョコレートケーキ・ザッハトルテが有名なチョコレートケーキになっている。表面には、チョコレートがむらなく塗られているのが特徴で、写真は4号だが、3.5号、5号のサイズもある。

住所:東京都中央区銀座 3-6-1

出典:www.demel.co.jp

カイザークーヘン

ちょっとチョコブラウニーのような感じの、チョコレート、ブランデー、シナモンのふくよかな香りがするチョコレートの焼き菓子。上品な味と、食感がたまらない、デメルの自信作。

OGGI

ヘーゼルナッツのことを示すノワゼットと、ナッツを加えたココアスポンジに、チョコクリームを挟んで、さらにチョコレートでコーティングした。また、下にはサクサクしたクレープを敷いている「ノワゼット ショコラG ミニ」が、自慢のチョコケーキとなっている。

住所:東京都目黒区下目黒 2-11-6

出典:www.hatada.co.jp

ラ・ヴィ・ドゥース

写真は「ラ・ヴィ・バッカス」と言う、この店自慢のムースを使ったチョコケーキ。底はサクサクしたタルト生地、その中には香りのよいオレンジの甘煮が詰まっている。さらにガナッシュチョコレートで蓋をして、素晴らしい口どけチョコレートムースを乗せた。表面に乗っている水玉模様は、ガナッシュチョコレートで作っている。

住所:東京都 新宿区 愛住町 23-14 べルックス新宿ビル 1F

ジャン・ポール・エヴァン  伊勢丹新宿本店

表面の網目模様のようなチョコクリームがおしゃれな、「アンジュ」というチョコケーキは、香り高いビスキュイの間には、グリオットのキルシュ漬けが入ったチョコクリームが挟まっているのが特徴。

住所:東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿本店B1

ユズ

こちらは名前からしてわかるように、柚子の香りがするクリームを挟んである。底は香ばしいビスキュイ、一番上はショコラームースを乗せている、ジャン・ポール・エヴァン魅惑の逸品。

マルコポーロ

表に出されることがないが、ジャン・ポール・エヴァンの自信作。ホームページ上での通信販売で提供している、解凍して食べる冷凍のケーキ。南米ベネズエラ産のカカオを使ったチョコレートムースとチョコレートケーキを合わせると、こんなに魅力があふれる逸品が誕生する。


よかったら「いいね!」もよろしく♪