中国の観光名所「紫禁城」は北京を象徴する故宮

中国の観光名所「紫禁城」は北京を象徴する故宮

中国の首都・北京市を観光するならば、やっぱり「故宮・紫禁城」は外せない。東京の皇居よりも遥かに広い敷地を持ち、芸術的な装飾を施しているので、多くの観光客を魅了する。まるで映画「ラストエンペラー」の世界にいるような臨場感も味わえる。

明王朝から栄えていた中国の王宮・紫禁城(しきんじょう)の歴史

出典:english.cntv.cn

500年もの歴史を刻む、荘厳な宮殿

明朝永楽皇帝が明永楽4年(1406年)から建築を開始し、1420年に完成完成した。
1987年にユネスコより世界遺産として登録され、現在は観光を目的とした博物院になっている。

出典:info.meadin.com

24名もの皇帝が暮らす宮殿

明の時代から清の時代までに活躍した中国の皇帝が生活していた。
面積は150,000㎡で、周囲を囲んでいる壁の高さは12mで、建築物は木造で、8707もの部屋があった。

出典:www.ly.com

故宮と呼ばれる理由

紫禁城は、立派な皇帝の宮殿である。   
「故」は中国語で「古い」という意味があるので、「古い宮」すなわち「故宮」と呼ぶ。

出典:www.nipic.com

城の角は、川で守られている

紫禁城周りは「護城河」という川で囲まれていて、城を守る役割を果たしていた。
そして、角にある「角楼」は27mもあって、見張り台の役割を果たした。

朝日と夕暮れに染まる故宮

故宮全体の建物は、赤やオレンジ色に近いので、太陽に照らされるとより美しさが際立ってくることがわかる。
まるで、これまで歩んできた歴史が映し出されているようにも感じる。

広い敷地内には、重要な役割を果たしていた建築物が建立している

出典:www.ivsky.com

太和殿 (たいわでん)

紫禁城で最も重要な、観光で見逃してはならない建物。
明や清の時代に、様々な儀式が執り行われてきた。
面積2380㎡、高さ35m、72本もの柱が支えていて、中央には歴代の皇帝のための王座が置かれている。

出典:www.photofans.cn

乾清宮 (かんせいぐう)

大きな広場を持つ、皇帝、皇后の寝室。
また、皇帝のプライベート空間でもあり、会見もここで行われた。

坤寧宮 (こんねいきゅう)

1420に完成した、皇后の邸宅。
韓国で誕生した、昔からの床暖房「オンドル」を取り入れている。

出典:tieba.baidu.com

養心殿 (ようしんでん)

雍正帝の後の皇帝が、政務を行うのに使っていた。
外観は質素に見えるが、中は豪華絢爛な造りになっている。

軍機処

主に、軍事に関することを重点的に行っていた。
後に国の政治の最高機関となり、軍機大臣が内閣総理大臣を務めるようになっていった。

出典:shijue.me

神武門

紫禁城の北の入り口にある門。またの名を「玄武門」という。
ここを出て道路を渡ると、景山公園へ行ける。
ここも押さえておきたい観光名所。

出典:www.twwiki.com

太極殿

明の時代の1420年に作られた。明、清時代に后妃が生活する場所として使われた。
かつては「未央宮」という名前だった。

交泰殿 (こうたいでん)

皇后の誕生日を祝う儀式や、皇居を建てる際の「冊」「宝」を与える儀式がここで行われてきた。

保和殿と中和殿

保和殿は、合格すれば総理大臣も夢ではないというすごい難しい試験「科挙」の実施会場として使われ、中和殿は皇帝が祭祀の時に、「祝詞(のりと)」を述べていた場所だった。

出典:www.dadunet.com

景陽宮

またの名を「御書房」とも言い、皇帝が読書や詩経などの余暇活動を過ごす時に使われていた。

出典:tieba.baidu.com

御花園 (ぎょかえん)

廷内の北側にある、こじんまりとした庭園エリア。
周りが緑の植物で囲まれていて、すっきりとした気分を味わえそうである。

太和門(たいわもん)広場

「紫禁城」の門の中で最高の格式を持つ。
そしてそこから、格式高い式典場へ続いている。
袁世凱が書き換えさせた金の文字も「扁額」もある。

紫禁城には、細やかな芸術的細工がたくさんある

出典:www.nipic.com

屋根の神獣

黄色い屋根瓦の上には、9体の動物像が取り付けられている。
これは、災厄からこの建物を守るようにという中国独自の思いが込められている。

出典:www.huitu.com

九龍壁

中国三大九龍壁の1つとして崇められている、いかにも中国らしい壁画。
1772年に制作され、高さは3.5m、長さ29.4mもある。
青と黄色のレリーフの龍が、勇ましく舞い踊っていることが伺える。

出典:tieba.baidu.com

殿蟠龍井

太和殿の天井にあしらわれている装飾。
中央には、勇敢な龍の姿が描かれているので、またの名を「龍井」とも言う。

雲竜大石彫

保和殿の裏側にある、長い石の階段。
真ん中は、固い石版を丸ごと一枚使って、龍、玉帝、皇帝などを彫刻した。
観光がてら、この道を歩くのもよい。

出典:www.huitu.com

青銅獅子

清の乾隆帝時代に造られた、猛々しい獅子の青銅像。
太和門の前に、2対で立っていて、とても観光にふさわしい。

九龍龍椅

皇帝しか座れない、高貴な王座。2メートルの高さがあり、輝く黄金で統一されている。
三国志の世界で登場しそうである。

出典:www.ly.com

模様が描かれている、真っ赤な壁

まさに、映画にもなった「レッドクリフ」という言葉が似合いそうだ。
重圧感と勇敢さがあふれている。

悠久の時を刻む故宮・紫禁城への道のり

出典:www.bjlyw.com

日本から紫禁城へ渡るには

日本から、紫禁城のある中国・北京へは直行便で行ける。
空港から紫禁城まで28kmあるので、そこまで運行しているバスに乗るとよい。
また、紫禁城への観光ツアーも色々としている。


よかったら「いいね!」もよろしく♪