自分で作る室内ハンモックがインテリアとしてもおしゃれ

自分で作る室内ハンモックがインテリアとしてもおしゃれ

木に吊るして、ゆらゆら揺れる「ハンモック」は、これまで「野外だけのもの」と思われてきたが、実は室内でも結構楽しめるのだ。ここで横になってリラックスしたり、部屋のインテリアにしたりするという用途が出てきている。

2015.12.21 UPDATE

6

癒しを与えてくれる、憧れの「室内ハンモック」!のんびりとくつろげること間違いなし!

シックな印象の、黒のハンモックチェア

読書にもふさわしい、室内ハンモックチェア。
黒は、心を落ち着けてくれる色なので、より読書がはかどる。

ハンモックと言うより、まるでソファー

一家団欒の場所でもあるリビングにふさわしいデザイン。設置する時は、必ず頑丈なロープと金具を使うこと。

一人分の、ハンモックチェア

至って簡単な作りの、一人用ハンモックチェア。
小さな子供も喜びそうだ。
もちろん自作でも構わない。

出典:nordicdesign.ca

いい夢が見られそう

これは、ロープではなく鎖でぶら下げている。
心地よい寝具を取り入れると、ぐっすりと眠れていい夢が見られそう。

エキゾチックな色合いのハンモック

紫色の網で作った、DIYハンモック。
とてもおしゃれなのでエスニック料理レストランのインテリアとしても使える。

出典:mycakies.com

鮮やかな色を使った、エスニック風のハンモック

これもなかなか優秀なデザインの自作ハンモック。
一色だけではなく、複数の色を組み合わせても楽しい。

出典:www.caisak.com

折りたたんでいる様子でも、インテリアになる

使わなくて折りたたんでいる様子でも、十分なインテリアになる。
複数のハンモックを少し重ねるようにして天井から吊るすと、素敵な空間になる。

かぎ針編みのレースを取り入れる

手間暇はかかるが、作ってみる価値はある室内ハンモックの生地。
使う糸は、もちろん丈夫なものを選ぶこと。

屋根裏部屋のベッドにも使える

屋根裏部屋のベッドは、手軽に持ち運べる自作ハンモックが適している。
ベッドそのものを運ぶ労力を大幅にカットできる。

物を入れるためだけにある、カゴのハンモック

市販のカゴにひもを編んでいき、チェーンを付けて天井から吊るす。
これには、クッションやぬいぐるみを入れておきたい。

出典:www.decoist.com

まるで空飛ぶ絨毯のようだ

アラジンと魔法のランプに出てくる、空飛ぶ絨毯のような感じのハンモック。
乗ると、まるで魔法にかかったような気分になりそう。

観葉植物を置いて、癒しの空間に

緑の観葉植物は、ハンモックと相性抜群。
本物を使ってもよいが、100円ショップにも売っている造花の植物を使うと簡単にできる。
より癒しの空間にしたい時におすすめ。

出典:www.flickr.com

手編みのクッションと毛布を置く

カゴのハンモックチェアに、手編みのクッションと毛布を置いた。
これで寒い冬はばっちり。

出典:www.caisak.com

面積が広い、丈夫な布から作る

シーツのように真っ白くて、丈夫で破れにくい布で作ったハンモック。
もちろん大きさも広いものが求められる。

出典:www.etsy.com

仕事に疲れたら、ハンモックチェアで休む

パソコンでの仕事に疲れたら、仕事部屋の室内にあるハンモックチェアで休むという方法もある。
ゆらゆら揺れるだけでも疲れは取れそう。

DIYの要素を取り入れた、ベッドのようなハンモック

土台の板切れは、なんと手作りなのだ。
そこにマットレスと枕、毛布を置くと、ゆらゆら揺れるおしゃれなベッドになった。

情熱の赤と網目を取り入れて

敷かれているカラフルなラグマットとよく調和している。
市販のものでもいいが、自分で編んで手作りしたものもおすすめ。

出典:offbeathome.com

竹籠でできた、アジアン風のハンモックチェア

バリ島のリゾートにもありそうな、おしゃれなインテリア。
室内全体の雰囲気と、見事に調和している。

部屋の仕切りにも使える

たたんだハンモックは写真のように吊るすと、ちょっとした仕切りになる。
こういうアイデアも面白い。

天井から吊るすだけでも、十分なインテリアになる

ハンモックチェアは、天井から吊るすだけでも立派な飾りになる。
そこには、クッションを置いておくとよい。

ふかふかの毛布と枕を置くと、ぐっすり眠れそう

毛布と枕を置くと、もうここから離れたくないようなハンモックになる。
同じくふかふかのクッションを置いても悪くない

出典:www.flickr.com

人間だけではなく、ぬいぐるみ専用のハンモックも作った

かわいいぬいぐるみ専用のハンモックをDIYすることで、ぬいぐるみも喜んでくれそう。
そして、ぬいぐるみの整理・ディスプレイもできる。

裂いた布を編んで作ってもよい

先ほど紹介した丈夫な布を裂いて、編んで立派なハンモックを作った。
編むことで、布の状態よりもさらに強度を増す。

鮮やかな色使いのハンモック

赤や黄色、紫など情熱的な色を組み合わせたハンモック。
このような色合いもなかなかよく、室内にもなじむ。

まるで、子供が喜びそうなブランコ

子供が仲良く座りそうな、幅広いブランコのようだ。
ゆらゆら揺れるのは、子供にとっても楽しいものである。これも自宅に設置しておきたい。

座る部分と背もたれに柔らかクッションをあしらう

抱きしめたくなる質感のクッションは、ハンモックチェアに設置しても悪くない。
ずっとここに居座りそうである。

やっぱり、定番の形状が落ち着く

これまで、色んな形のハンモックを紹介してきたが、やはりこの写真のような形状がいいという人も多い。これは、室内にも室外にもよく合う。


よかったら「いいね!」もよろしく♪