カーテンタッセルをハンドメイドしてオリジナルにするとおしゃれ

カーテンタッセルをハンドメイドしてオリジナルにするとおしゃれ

朝起きてカーテンを開いたら、カーテンタッセルというものでカーテンを束ねるという人が多いだろう。それらはお店で買うのはもちろん、自分で手作りするという方法が挙げられる。やはり手作りしたものを使うと、気持ちよい朝が迎えられそうだ。

2018.6.27 UPDATE

2

オリジナルのカーテンタッセル/カーテンホルダーを手作りしよう!

模様を付けた麻布と太めのひも・そして大きいボタンを組み合わせて

麻布で帯を作り、太めのひもと大きなボタンを結び付けた。たったこれだけでお店に売っているようなカーテンタッセルができあがった。

青い直線状の模様が付いた長くて幅がある帯でくくって蝶結びにする

市販、あるいは自分で作った帯を使ってカーテンを束ねて、蝶結びのように結んだ。見た目はまるでラッピングのリボンである。

ひもの両端にウッドビーズを付けた大きめのタッセルを飾り付ける

革ひもの両端にタッセルをそれぞれ付けて、カーテンをまとめるおしゃれなひもを作った。ひもが細くて長いので、何重にも巻き付けて束ねるとよい。

中途半端に余ってしまった端切れで作ったコサージュを添えてもOK

半端な端切れを円形にして繋ぎ合わせて、花のようなコサージュを作った。これをカーテンタッセル生かすと、とても可憐な作品ができあがった。

リボンとリスのオブジェをタッセルに組み合わせてより魅力を出す

ラッピングで使ったリボンと、リスのオブジェを組み合わせて、素敵なカーテンタッセルを作った。束ねるカーテンがおしゃれだと、よく馴染んでいる。

窓側についているものだけではなく部屋の仕切りに使うカーテンにも使う

部屋の仕切りに使うカーテンにも。タッセルは着けておきたい。ちなみに仕切りに使うカーテンにはあまり派手じゃないタッセルがおすすめである。

丈夫なロープとキーホルダー金具を組み合わせたものを使って作る

丈夫な白いロープと、頑丈なキーホルダー金具を使って、簡単な作り方のタッセルを作った。ロープ、金具はともに、100円ショップで手に入る。手芸が苦手だという方は、ぜひこの方法を試してみるとよい。

出典:www.aftcra.com

アウトドアや船の上で使う太くて丈夫なロープを絡ませるだけでも作れる

今度は太いロープを、糸を使わずにまとめた。片方に握りこぶしぐらいの球を作って留め具にするという特徴が素晴らしい。

幅広い帯に花のコサージュをつけるだけでこんなに立派なタッセルに

髪飾りなどにも使われる、花の大きなコサージュを幅がある帯に縫いつけた。津波に留める部分はマジックテープを使っているのが特徴。

透けているレース生地でコサージュや帯を作ってひとまとめにする

レース生地あるいはその生地を使ったリボンで、素敵な花のコサージュを作る。もちろんこれも、タッセルに取り入れても悪くない。レース生地が織り成すエレガント感がとても素晴らしい。

出典:nikkidesigns.ca

カーテン自体に大きな留め具を用いたボタンを縫い付けて広がらないようまとめる

カーテン生地に大きなボタンを縫いつけるだけでも、立派なタッセルの留め具になる。使うボタンは、カーテンの色と同じものでも、違う色のものでも構わない。

毛糸を編んで作った花が咲いている長いツタで束ねるという方法もある

毛糸を編んで、花とツタの組み合わせを作った。今まで布から作るカーテンタッセルしか見てこなかったので、これは非常に斬新である。

こちらも毛糸で作っていて今度は色が異なる2つの星を重ねている

今度は毛糸で大きさが異なる星を作って、重ね合わせてひもをつけてタッセルにした。写真は紫と白の組み合わせだが、他の色同志を組み合わせてもよい。

壁に画鋲や釘でひもを取り付けるだけの至ってシンプルな方法でもOK

壁の部分に釘を打ってタッセルと結わえ付ける。ちなみにここで使っているタッセルは市販の紐でも構わない。

帯状に切った布の両端にマジックテープを付けただけの定番の形も忘れず

これまで色んな形のタッセルを紹介してきたが、やはりお店で売られている定番の形は忘れてはならない。写真のものは平凡に見えるかもしれないが、十分な味わいを出している。

布で作った華麗なるバラの飾りを帯全体に行き渡るように縫い付けて

幅があるリボンに布で作ったいくつものバラを取り付けて、可憐なカーテンタッセルを作った。これは是非ともお嬢様の部屋に取り入れたい。

ラッピングで使う何本ものリボンを重ねるだけでも立派な作品に作れる

端の部分を斜めに切ったリボンを束ねるだけでも、立派にカーテンタッセルはできあがる。プレゼントについてきたラッピングのリボンがたくさんあるのなら、是非作ってみるとよい。

船の上で使われることが多い綱のように丈夫なロープを応用させた

綱のような質感と太さを持つロープを使って、カーテンをまとめている。端の部分に錨(いかり)のチャームを取り付けると、海や舟のようなイメージが出てくる。

2つの道具を使ってまとめる簪(かんざし)のようなカーテンタッセル

着物を着た時の髪の毛をまとめるのに使う「簪(かんざし)」を、カーテンタッセルに取り入れた。中心に穴が開いている円盤と一緒に組み合わせて作る。

シンプルだけどおしゃれな黒い水玉のリボンを画鋲で貼りつけるだけ

シンプルな、黒い水玉のリボンをカーテンタッセルに取り入れた。リボンの質が丈夫なら、どんな柄のものでも構わない。

両側に麻ひもをグルグルと巻き付けて留めやすいように輪っかにする

今度はロープの両側にちょっとした工夫を加えた。両端にグルーガンを塗って、麻ひもをきつく巻いていき、輪を作る。するとフックに引っかけられるようになった。

もう何の使い道もないような半端な端切れで作った幅があるシンプルな帯

柄がある布の雅切れがある場合は、ぜひカーテンタッセルにリメイクしてみるとよい。本来なら捨ててしまいがちなものが、こんなにおしゃれになった。

出典:www.hgtv.com

布やロープだけにとどまらず金属製のチェーンを使っても構わない

プラスチックや金属性のチェーンを使って、カーテンを束ねてもよい。ちなみにチェーンは100円ショップでも手に入る.またチェーンがない場合は単語カードを束ねるリングを繋げて作ってもよい。

壁にねじ込んだフックに引っかけて使う輪を括り付けたリボンの帯

単語カードを束ねるリングに、布を塗って作った帯を通してフックに引っかけると、素晴らしいカーテンタッセルになった。ちなみにカードリングは100円ショップで、単品で売られていることがある。

出典:www.wikihow.com

古ぼけてしまったティーカップに大きな穴を空けて大胆にリメイク

もう使わなくなったティーカップの底を大胆にぶち抜いて、カーテンタッセルに応用するなんてなかなか思いつかない。取っ手の部分はフックに引っかけるのに使える。


よかったら「いいね!」もよろしく♪