野菜や果物を使いやすく収納する野菜ストッカーのアイデア

野菜や果物を使いやすく収納する野菜ストッカーのアイデア

料理に取り入れたい新鮮な野菜は、冷蔵庫にしまってもよいが、「野菜ストッカー」に収納してみてはいかがだろうか。このアイデアを取り入れることによってキッチンがおしゃれな感じになって、野菜や果物を使いたい時にすぐ取り出せる。

野菜や果物を収納できて、キッチンのインテリアにもなる野菜ストッカー

出典:www.dibor.co.uk

木の板で作った本体に、ワラを編んで作ったカゴを置いて

木の板を打ちつけて本体を作り、その中にワラを編んで作った箱型のカゴを入れた。すると便利な野菜ストッカーができあがった。この中には日持ちする野菜をたくさん入れておきたい。

出典:uyutnyj-dom.info

今日使う野菜を、すぐ取り出せるようにしておく

今日の料理に使う野菜をすぐに使えるように、ある工夫を加えて保管した。この方法ならお客様がたくさん来た時にもありがたい。

すのこをリメイクして作る

今度はすのこに手を加えて、野菜を保管するDIY作品を作った。すのこの隙間から見える野菜と、木の質感がとてもおしゃれだ。そして隣にあるワインラックともよく調和している。

じゃがいもや玉ねぎ、リンゴなど、日持ちする作物を保管する

隣には調味料や瓶詰の保存食がたくさん置かれていて、いかにも調理するのにふさわしい雰囲気に包まれている。そして野菜や果物を収めているラックは、容量が大きいのが特徴である。

テーブルの上に置いて置ける

ワイン箱などの、木でできた空き箱を加工して。野菜や果物をしまうラックを作った。ちなみに上の箱は自由に取り外しができる。そして側面には野菜・果物のネームプレートが貼られている。

出典:www.houzz.jp

ワイヤーネットの引き出し

本来なら食器や調理道具をしまうためにあるワイヤーネットの引き出しだって、野菜をしまう場所に使っても悪くない。やはり色が濃い野菜や果物がたくさん集まると圧巻である。

表面にハートを彫る

引き出しの表面に、三つ葉のクローバーみたいなマークを彫って、引き出す時の取っ手代わりにした。これはDIYだからこそ成せる手作り野菜ラックである。こんなデザインなら一人暮らしの女性の部屋にも置いておきたい。

まるで外国のスーパーマーケットみたい

浅い木箱を2つつなげて、野菜や果物を並べるラックを作った。木箱の色合いがちょっと古ぼけているので、外国のスーパーマーケットや市場にありそうな感じが出ている。

上にも物を置ける

野菜をしまうだけではなく、上にも物を置けるようになっている。この上で野菜を刻んだりするなど、料理の下ごしらえをしてもよい。これは野菜の保管と簡単な調理ができる優れものである。

野菜専用のキッチンの引き出し

カゴを取り付けて、野菜を保管する引き出しを作った。こんな面白い仕組みを取り入れたキッチンなんて他ではあまり見かけない。これをDIYで作るなんてとても素晴らしすぎる。

壁に取り付ける

直方体になっているワイヤーネットのカゴを、壁に取り付けて、野菜収納にした。壁に収納するというアイデアもなかなか面白い。大きなラックを置けないという場合は、このアイデアを使ってみるとよい。

色んな野菜や果物を分類できる

今度はカラーボックスを加工して、お店屋さんのようなディスプレイを作った。ニンジン、玉ねぎ、ジャガイモ、オレンジ、リンゴ、葉野菜などをしっかりと分類できて、すぐに使えるようにしている。

根菜を大切に保管

ニンジンやジャガイモ、玉ねぎやゴボウなどの根菜類を大切に保管するなら、写真のような方法がおすすめ。中におが屑を詰めて、上に直射日光が当たらないようにカバーを被せている。

縦に3連結しているカゴ

縦に3連結している、円形の浅いカゴも、台所の野菜整理に十分に使える。デザインがとてもおしゃれなので、是非キッチンに取り入れたい逸品だ。

四角形のカゴを、引き出しのようにする

今度はカゴをむき出しにした状態で、野菜をしまう引き出しを作った。もちろん野菜だけにとどまらず、食器や調理道具、常温に置いても大丈夫な食品を入れても構わない。

板に、ワイヤー製の買い物かごを取り付ける

白く塗装した板切れに、買い物で使うワイヤー製の買い物かごを取り付けた。そしてそこに日持ちする野菜と果物を盛り付けた。こうするとまるで野菜や果物をディスプレイしているように見える。

不思議な形状の、フタつきのカゴ

おしゃれな雑貨屋さんにありそうな、ワラを編んで作った素敵なデザインのカゴ。形状がユニークで、上にフタが付いているというのがとても面白い。この中にはもちろん野菜を入れておくべきである。

出典:www.ebay.co.uk

いかにもDIY感が出ている野菜ラック

板切れを釘で繋ぎ合わせて、DIY感があふれているハンドメイドの野菜ラックを作った。3段重ねになっていて、テーブルの上にも置けるという特徴がありがたい。ちなみにここには調味料を入れても悪くない。

台車を取り入れる

下にタイヤが付いている台車も、野菜ラックとして使うのにふさわしい。デザインがとても優秀なので、キッチンのインテリアにもなる。そしておしゃれなカフェにも取り入れたい。

出典:www.brit.co

冷蔵庫の中の野菜整理は、この方法がおすすめ

野菜室がない冷蔵庫に使ってほしい、画期的な収納アイデア。突っ張り棒を仕掛けて、ビニール製の帯とポケットをぶら下げた。これによって野菜がとても新鮮に保たれる。

プラスチックの容器を使う

今までは木の板を組み立てて作ってきたが、プラスチック製の箱を使って野菜を保管しても構わない。プラスチックは頑強なので、野菜や果物をしまうのにふさわしい。

出典:www.homedit.com

ネットを吊るして

伸縮性があるネットを吊戸棚から吊るして、色んな果物を収めた。床に物を置けない、大きな収納ラックを置く場所がないという時には、この方法を試してみるとよい。これだけで素敵な絵になった。

あまり場所を取らない野菜ラック

箱を傾けて縦に繋いで、立てて置ける野菜スタンドを作った。これはガス台や流し台の横に置けるので、あまり場所を取らないという特徴が伺える。これもDIYにふさわしい。

きれいに整列させてしまう

すのこを始めとする木材を組み合わせて、小さな野菜や果物を整列させてしまうための引き出しラックを作った。すのこのおかげで通気性もよくなって、より野菜や果物を新鮮に保存できる。

下にキャスターを付けて、自由に移動できるようにする

下に4つのキャスターを付けると、自由に移動することができる。そして何より最大の特徴は、広い容量の箱が3段もあって、たくさんの野菜や果物を入れられるということである。


よかったら「いいね!」もよろしく♪