女性を美しく引き立てる飾り・コサージュを自分好みにハンドメイドしよう!

女性を美しく引き立てる飾り・コサージュを自分好みにハンドメイドしよう!

入学式や卒業式、そして結婚式に着ていく女性用スーツにピッタリな飾りと言えば、花を取り入れて後ろにブローチピンが付いている「コサージュ」が当てはまる。肝心の花は生花でも、100円ショップでも手に入る造花でも全然大丈夫で、バランスよく飾ってまとめてみるとより素晴らしいオリジナルの作品ができあがる。

工夫を凝らして簡単に作れる!式典に付けても悪くないDIYコサージュ特集!

白いバラをメインにして、周りに緑を添える

お花屋さんで生花を買ってきて、ちょうどよい長さに切って、花と葉っぱ、茎をバランスよく合わせていくという方法は、手作りコサージュの定番中の定番。写真では白の大きいバラと、黄緑色の小さいバラを引き立てるように、緑の葉っぱを飾っているのが見える。

緑のワイヤーでツタを表現

こちらは、男性のスーツに付けても悪くないデザイン。花もすごくよいこともそうだが、一緒に使っている細い緑色のワイヤーが全体をよくまとめているのがわかる。そしてワイヤーはただ茎に巻き付けるのではなく、同心円状にして付けているのも特徴。

腕に付けるものもある

コサージュは、大抵はブローチピンを付けて胸元に付ける場合が多いが、ドレスと一緒に合わせるのにふさわしい、腕に付けるタイプも出てきている。もちろんこれだって材料を揃えれば、家で簡単に作ることができる。

厚紙でも作れる

こちらは、布や既にできている造花ではなく、丈夫な厚紙を使って作った花のコサージュ。バラの花びらを1枚1枚丁寧に作り上げて、1つにまとめてそれを3つ作って、葉っぱやリボンと合わせてコサージュにすると、すごくよくなる。

リボンを束ねて花びらにしても構わない

プレゼントのラッピングに使う「リボン」にちょっと工夫を加えると、幼稚園や保育園に通う小さな子供が着けていそうなコサージュができあがった。中央に自分の好きな動物のシールを張り付けると、まるで誇り高い勲章のように見える。

パールビーズを加えてもよい

テグスに純白で大粒のパールビーズを通して、丁度よい長さに切ったバラの造花に巻き付けていくだけでも、立派なコサージュはできあがる。そしてパールビーズはまるでバラに降りかかった朝露のようにも見えるので、是非やってみたくなるアイデアとなっている。

プルメリアの花も、なかなかおしゃれ

ハワイでは有名になっていて、よくフルーツ盛り合わせに添えられることが多い「プルメリア」の花も、立派なコサージュの材料になる。そしてできあがった作品は、夏に着るワンピースやノースリーブの服の胸元に付けておきたい。

薄い紙を重ねて作ることもある

コサージュをもっと簡単に作りたい!という方は、ティッシュのように薄い紙を使って作ってみるとよい。2色の紙を交互に重ね合わせて、ふんわりとするように花びらを広げて、最後にリボンやブローチピン、安全ピンを付けてできあがり。

幼稚園の卒園式に使える

こちらも、薄い紙で作ったコサージュ。今度は紙をひものようになるようにねじっていき、渦巻きになるように巻き付けていき、真ん中に丸めた紙を貼りつけて後ろに安全ピンやリボンをつけるだけで完成する。もちろんこれらは幼稚園や保育園の卒園式に使っても構わない。

羽を付けても全然OK

100円ショップでも手に入る造花と、鳥の羽を重ね合わせるだけで、こんなに大人っぽくて素晴らしいコサージュが完成した。花の赤い色と羽の黒い色が見事に調和しているので、黒いスーツを着た女性の胸元をおしゃれにしてくれる。

出典:www.artfire.com

透けているリボンを使って、勲章のように

ラッピングでついてきたリボンをもう一度再利用するなら、写真のような花の勲章コサージュを作ってみるとよい。特にリボンがレースのように透けていて、絵柄も描かれているなら、より女の子らしい華麗さが滲み出ているのがわかる。

実がメインになっている

今度は、白くて小さい花と枝に付いた実を組み合わせて作っている。そして全体をまとめるのは緑色の幅広いリボンと真っ白なレース生地で、身に着けると爽やかな風を受けそうな感じがしてくる。もちろんこれは、春の懇親会に付けても全然構わない。

出典:picmia.com

腕に付ける赤いバラのコサージュ

花の中で特に人気がある「真っ赤なバラ」だって、手作りコサージュに取り入れたい。3本のバラを工夫して組み合わせて、透けている黒のリボンや葉っぱ、パールを取り付けていき、仕上げに腕に付ける輪を取り付けることで、いかにも花の女王という感じが伺える。

銀色のリボンと純白なパールのコラボレーション

プラチナのように輝いている銀色のリボンと、純白なパールを使って、非常に高貴がある作品に仕立てあげた。リボン部分は花になるようにまとめていき、パール部分はシャワーカンというパーツを使うと、こんなに輝いている作品に仕上がってくる。

フェルトで作ったダリアの花

マスコットの材料となる「フェルト」だって、手作りコサージュに十分すぎるほど使える。写真は、何枚もの花びらを作って重ね合わせた「ダリア」という花で、十分にインパクトがある。そして黒い生地のスーツに取り付けてみると、咲き誇っているような印象を与えてくれる。

クリスマスにふさわしいデザイン

水色と白のフェルトでヒイラギの葉っぱを作り、縫い合わせて繋げる。続いて銀色のリボンとカラフルな鈴を縫い付けて行くことで、よりクリスマスにふさわしい逸品となった。これは是非とも冬のクリスマスパーティーやお出かけに着けていきたい。

赤い花と緑の葉、淡い紫が調和している

こちらは、お花屋さんで買った生の花を使って作ったコサージュ。花を丁度よい長さに切って、バランスよく組み合わせていくところはこれまでと同じだが、今回は本当の花を使っているので、より色合いや組み合わせ方にも気を配る必要がある。

貝殻を花に見立てて

海辺で拾った貝殻に色を塗って、葉っぱや水色のリボンと組み合わせると、涼しげな雰囲気の海のコサージュができあがった。ちなみに貝殻は花のように取り付けるのがコツで、周りとよく馴染むように、白色にしているのが特徴である。

幅がある純白のリボンと、青いフェルトの花

こちらは、至ってシンプルなフェルトのコサージュである。まずは水色のフェルトで花を作り、続いて幅がある白のリボンを蝶結びにして後ろに取り付けると、小さな女の子にふさわしい作品に仕上がった。ちなみにこれは、バレッタに応用してもOK。

リボンをクルクル丸めて作っている

水色を基調としたリボンをクルクルと丸めてバラの形に整えていき、続いては他のリボンを工夫して飾っていく。最後に本物のダイヤのような人工宝石・ビジューを真ん中に付けて、最後に花のパーツをリボン中央に付けて完成。

端切れを重ね合わせても作れる

茶色や灰色を基調とした、半端な布切れだってただ切って重ねていくだけで、素敵なコサージュとなる。切った布はちょっと不揃いな感じが出ているが、これによってこのコサージュの上品さが際立ってくる。もちろんこれは帽子に付けても構わない。

デニム生地でもなかなかおしゃれ

ジーンズでお馴染みのデニム生地の質感と色を生かして、小学生向けの女の子にぴったりなコサージュを作った。真ん中にビーズを縫いつけることによって、全体がぐっと引き締まり、ファッションの状態をさらによくしてくれる。


よかったら「いいね!」もよろしく♪