プレゼントのラッピングにも使える手作りの折り紙リボン!

プレゼントのラッピングにも使える手作りの折り紙リボン!

折り紙を折って作ったリボンは、手紙の封筒やプレゼントを包んでいるラッピングの飾りにも十分に使える。そして材料は折り紙だけではなく、柄がある包装紙でも構わないというのが嬉しい。

2017.9.1 UPDATE

CATEGORY

1

折り紙を折って作る、数々のかわいいリボンで飾りつけ!

シールと一緒に飾りつける

きれいに折ったリボンはそのまま飾っても構わないが、下にある金色に輝くラッピング用シールと合わせて飾ってもよい。これによってよりプレゼントの見栄えがよくなる。

プレゼントに添えるタグ

独特の質感がある紙を丁度よい大きさに切って、上に穴を開けて下にメッセージや絵などを描いて、仕上げに紙で作ったリボンを添えると、プレゼントに添えておきたいタグができあがった。

パステルカラーのかわいいリボン

柔らかい印象がある、パステルカラーの紙をピシっと折って作ったリボンは、女の子が喜んでくれそうな色合いになっている。なお今回は、よりピシッとなるように糊を塗って折っているのが特徴。

メッセージカードにもピッタリ

相手へ思いを伝えるメッセージカードにも、折り紙リボンはよく似合っている。折りたたんだ簡単な形にリボンが加わることで、より全体が盛り上がってくる。

ストライプ模様

白とピンクのストライプ模様が付いた紙は、リボンにふさわしい。そしてこれは女の子向けのプレゼントに添えておくと、もらった時に大喜びしてくれるに違いない。

クリスマスにピッタリな、星の柄

星が散らばった柄の紙は、クリスマスプレゼントに添える飾りやツリーの飾りにすごくふさわしい。これならクリスマスパーティーが一層盛り上がりそうである。

手紙の封筒に添えて

手紙を包む封筒の閉じる部分にリボンを付けると、より受け取った人は大喜びしそうである。ちなみにリボンと封筒は、同じ系統の色になっているのが特徴。

雑貨屋さんにありそうなピアス

今度は千代紙ですごく小さいリボンを作ってニスを塗って乾かし、そこに9ピンを通して上にはピアス金具を取り付け、下にはチェーンでぶら下げたビーズを吊るしている。これは夏の浴衣に合わせておきたいアクセサリーになった。

大きいもの、小さいもの

手作りの折り紙リボンは、大きさを変えても全然構わない。たとえ大きさが異なっていても、飾りに使えることには変わりはないのだから。

大きくドーンと飾り付ける

きれいにラッピングした箱のようなプレゼントには、はみ出るくらいに大きい紙のリボンを飾っておくとよい。この飾りによってよりインパクトがあるような感じになった。

出典:www.moodkids.nl

包装紙や千代紙から作ってもよい

折り紙で作るリボンは単色の紙だけにとどまらず、柄がある包装紙や千代紙から作っても全然構わない。なお千代紙で作ると、和風のおしゃれな雰囲気が出てくる。

出典:www.elli.com

上から押して留める

今まではぴしっと折りたたんで作っていたが、今度は1本の帯状にして、上から押すようにしてリボンを作っている。なお留める部分には、タグなどを付けても全然構わない。

出典:liagriffith.com

箱に入れたプレゼントにもぴったり

万年筆や手作りブレスレットなどの小物を入れた小さな箱には、先ほどと同じ要領の紙リボンを飾り付けたい。ちなみに今回リボンに使っている紙は、丈夫で柄がある紙である。

出典:liagriffith.com

ストローに添えて

非常に小さい紙のリボンは、飲み物を飲む時に使うストローと合わせておきたい。これはおしゃれなカフェに取り入れると、たくさんお客様が集まってきそうである。

出典:www.elli.com

お菓子のラッピングにも最適

手作りお菓子をラッピングする時にも、紙の小さなリボンを使いたい。そして今回はリボンに合わせて結わえ付けのひもを使い、一緒にかわいいタグも添えている。

ガーランド

今まで作ってきた紙製のリボンは、1本の線に繋げてガーランドにしても構わない。しかも今回は、大きいリボンと小さいリボンを交互に繋ぎ合わせて壁に飾りつけているというのが特徴である。

素晴らしい柄のリボンに

柄がきれいでなかなか捨てられないという包装紙は、ぜひともリボンにしておきたい。この方法によって、もう包装紙がごちゃごちゃの状態で放置されていることもなくなる。

出典:chicfetti.com

白と黒のストライプ

シンプルだけど多くの人に人気がある、白と黒のストライプ柄だってリボンに積極的に使える。これで飾りつけをしたプレゼントは、多くの人に喜ばれるに違いない。

ぷっくりとした立体感がある

今度はぴしっと折ったリボンではなく、ふんわりと膨らんだリボンを使ってガーランドを作っている。これも異なる柄の紙を使って繋げていくと、非常によい出来栄えになる。

厚紙で作る

柄を貼りつけた厚紙を、ふんわりとするように折りたたんでリボンを作った。裾のリボンはハサミで切込みを入れると、なかなか素晴らしい出来栄えになってくる。

出典:www.etsy.com

今度はアクセサリーに

今まではプレゼントラッピングの飾りとして使っていたが、今度はおしゃれなアクセサリーに加工している。ちなみにリボン部分はニスを薄く塗って乾かすと、丈夫になってくるというのが特徴。

出典:www.etsy.com

地図を折ってもOK

世界地図や街の様子を示している地図を折りたたむと、なかなかモダンなリボンができあがった。もちろん地図は100円ショップでも手に入るので、積極的に作っておきたい。

出典:www.etsy.com

まるで蝶がひらひらと舞っているみたい

色んな柄の紙で折ったリボンは、大きいものと小さいものがあって、写真のようにたくさん作っておくと、まるで蝶がひらひらと舞っているような感じが出てくる。

出典:www.etsy.com

白い封筒をよりおしゃれに

元々は平凡な白い封筒だったが、特殊な手触りの紙を貼りつけて、そこに清楚な柄のリボンを貼りつけておくと、お店で売られていそうな立派な封筒へと生まれ変わった。そしてリボンは封筒からはみ出るように大きい。

出典:www.etsy.com

素敵なネックレス

今度は結び目の部分に金具を差し込んで、チェーンを通したネックレスに仕立てあげた。ニスをうっすらと塗ると丈夫になって、よりアクセサリーらしいという印象が出てくる。

幅があるリボンを付けて

リボンと同じ柄の紙で作った、幅があるリボンをまっすぐにプレゼントボックスに貼りつけると、なかなか素晴らしい出来栄えになる。これは本物のリボンがうまく結べない方にもおすすめ。

シンプルな赤いリボン

何の柄も付いていない真っ赤なリボンは、多くの女の子たちに人気がある逸品と言える。これはプレゼントに添えることはもちろん、アクセサリーとして十分に使えそう。

ブローチにしてもOK

今まで紹介してきた紙のリボンは、裏に安全ピンを付けると胸元に付けるブローチになる。さらにそれの結び目に花などを付けると、卒業式の卒業生に贈れそうである。


よかったら「いいね!」もよろしく♪