惹きつけられるようにキュートな羊毛フェルトのウサギがいっぱい!

惹きつけられるようにキュートな羊毛フェルトのウサギがいっぱい!

女の子の間でかわいいと言われている動物と言えば、やっぱりウサギが挙げられる。しかもそれは羊毛フェルトを使って作る作品の対象にも選ばれているので、気になった方は是非取り組んでみるとよい。

2017.9.4 UPDATE

CATEGORY

1

それぞれかわいい仕草を秘めている、羊毛フェルトで作ったウサギ!

出典:www.etsy.com

フリルのスカートを付けて

ふんわりと広がっている、羊毛フェルト製のフリルのスカートを着せて、いかにもおとぎ話の世界に出てきそうなウサギに仕立てあげている。そして何より、ウサギの表情がなかなかよく仕上がっている。

伸びてくつろいでる様子

体を思いっきり伸ばして、ゆったりとくつろいでいる様子を表現した。このような形状のウサギもなかなかかわいらしくて、ずっと飾っておきたくなるような出来栄えになっている。

まるで本物みたい

定番のウサギと同じように、薄い茶色や白色を混ぜ合わせて作っている。顔や体つきもしっかりと整えているので、一目見ただけでは本物だとは全然気づかない。

買い物かごを持ってお出かけ

ワラを編んで作った、小さな買い物かごを持ってお出かけしている様子を表現した。ちなみにカゴの中には、同じく羊毛フェルトで作った野菜を入れていて、ウサギ本体の頭には帽子をかぶせている。

非常に小さくてかわいい

子どもに好まれて、ペットとしても親しまれているミニウサギを表現した。その体つきや小さな瞳、顔だちはどれをとっても申し分なくて、思わず愛おしい気持ちになってしまいそうだ。

なだらかに仕上げている

今度は羊毛フェルトを逆立てず、ぴしっと引き締まっているようにまとめ上げた。自慢の長い耳も垂れ下がっていて、脚を下に隠しているので、よりなだらかな印象が出ている。

1輪の花を持っている

今度は草むらで摘んできた、1輪の花を持たせているのが特徴である。花は既製品の造花でも、布などで作ったものでも全然OKで、ウサギをよりかわいく引き立たせている。

出典:weheartit.com

サボテンの植木鉢に添える

サボテンを育てている植木鉢に、真っ白な羊毛フェルトの子ウサギを飾り付けた。ウサギはサボテンに興味を示して、触れてみたいという情景が伝わってくる。

1つの風景を作り上げている

草が生えている場所には、同じく羊毛フェルトで作った赤くてかわいいキノコが添えられていて、そこには2匹のかわいいウサギが仲良くたわむれている。これはまさに、絵本の世界のおとぎ話みたいだ。

首にリボンを巻き付けて

今度は首に、ラッピングで使われるリボンを巻き付けて蝶結びにした。これによってよりかわいさが際立ってきて、ずっと大切にしたくなるような愛おしい気持ちになってくる。

表面が滑らか

こちらは、まるで絹でできているかのような上品さと繊細さが込められている。そして何より、心が和みそうな和風の雰囲気が十分に伝わってくるのだ。

出典:www.feltify.com

フェルトで作ったケーキの上に乗せて

フェルトを縫い合わせて作った、ままごとにも使えるかわいらしいケーキの上に、小さなマスコット風のウサギを乗せた。これはいかにもハンドメイド作品という感じがしてくる。

丸まって、眠っている

飼い主の温かいセーターの上で、丸まって眠っている様子を作り上げた。セーターと羊毛フェルトのウサギはしっくりと馴染んでいて、いかにも気持ちよさそうに眠っているという感じがしてくる。

出典:www.feltify.com

アクセサリーを付けて、ブローチに

顔だけを作って、上には樹脂粘土で作った帽子を接着剤で付けて、下には蝶ネクタイのリボンを括り付けて、後ろにブローチピンを付けると、お店で売っても悪くないようなブローチができあがった。

出典:www.etsy.com

楽しそうに笑っている

こちらもふんわりとしたスカートのワンピースを着ていて、楽しそうに笑っている様子がうかがえる。もちろんこれも夢いっぱいのおとぎ話の世界に出てきそうな出来栄えである。

出典:www.etsy.com

手の中でうずくまっている

生まれたばかりの子ウサギが、人間の手の中でうずくまっている様子がうかがえる。写真のように手に持っていると、命の温かさや温もりを感じることができそうである。

出典:www.feltify.com

イチゴの帽子とポシェットを添えて

こちらも、マスコットにして商品にしたいくらいのかわいさを秘めている。同じく羊毛フェルトで作ったイチゴ柄の帽子とポシェットを加えることで、まるでファンタジーの世界で出てきそうな仕上がりになった。

出典:www.flickr.com

首にはレースリボンを巻いて

これはまさにかわいいぬいぐるみという言葉が似合う、立派な作品と言える。表情が愛くるしいことはもちろん、首にレースのようなおしゃれなリボンを巻き付けていることがチャームポイントとなっている。

出典:www.etsy.com

メリーゴーランド

丸まっているような小さいサイズのウサギにひもを括り付けて、丁度よい直径の輪にぶら下げると、赤ちゃんが喜びそうなベビーメリーにもなる、かわいいかわいいウサギのメリーゴーランドができあがった。

出典:www.etsy.com

耳の向きもひと工夫

ウサギの特徴である、長い耳は真っ直ぐのままでも構わないが、時々斜めにしても構わない。特に首をかしげている時には、是非耳を斜めにしておきたいものである。

出典:www.fabdiy.com

職人さんが作ったみたい

これはまさに、プロの職人さんが作ったような立派な出来栄えとなっている。そして表情のにんまりとした様子が、さらに魅力を引き出している。

出典:www.etsy.com

今にも動き出しそう

これも本物のウサギ忠実に作られているので、まるで生命力があって今にも動き出しそうな雰囲気を秘めている。色合いや毛並みもここまで再現できるのは、やはり羊毛フェルトのおかげと言える。

出典:weheartit.com

丸いボール

こちらも、金具を付けてストラップにしておきたくなるような、かわいい出来栄えである。ウサギの顔自体はボールのように丸くなっているので、よりかわいさが強調されている。

出典:www.etsy.com

野生で暮らす野ウサギ

山の中などの野生で暮らす、野ウサギだって羊毛フェルトで作っておきたい。図鑑や写真を見て、工夫を加えてあれこれ試してみると、まるで野生の中で生きていそうな感じに仕上がった。

出典:weheartit.com

周りのビーズと馴染んでいる

簡単にできる小さいサイズのウサギは白い画用紙の上に置かれていて、周りに小さなビーズを散らすことによってより見栄えがよくなっている。この風景全体から、寒い冬の雪景色という情景が読み取れる。

出典:weheartit.com

紅白ウサギ饅頭

和菓子屋さんで売られていそうな、紅白のウサギ饅頭。本物そっくりに見えるが、羊毛フェルトで作っているので食べられない。ちなみに作り方は羊毛フェルトを丸めて、マジックで耳や目を描いて作るだけなので簡単。

出典:weheartit.com

真っ赤なハートを持っている

ウサギが手に持っているものは、愛情が伝わりそうな真っ赤なハートである。ウサギ自体もかわいいマスコット風に仕上がっているので、よりキュートな印象が生み出されている。

出典:www.etsy.com

灰色と白が混交

今度は灰色と白の羊毛フェルトを混ぜるようにしてまとめて、かわいいウサギを作り上げた。これもなかなか人間のペットになりそうな感じに仕上がっている。


よかったら「いいね!」もよろしく♪