羊毛フェルト製のフクロウは剥製のように素晴らしい出来栄え!

羊毛フェルト製のフクロウは剥製のように素晴らしい出来栄え!

私達に知恵を与えてくれると言われている鳥・フクロウは、羊毛フェルトを使って作る場合もある。できあがった作品は、剥製のように立派なものだったり、マスコットのようにかわいいものがあって、これも子供からお年寄りに親しまれそうである。

2018.7.20 UPDATE

CATEGORY

0

ずっと飾っておきたくなる、立派な羊毛フェルト製のフクロウ!

針金で作った爪のある脚でしっかりと立ちマフラーを巻いている

羊毛フェルトで本体を作ったのなら、毛糸を編んで作ったマフラーを首に巻いて、丈夫な針金で作った脚を差しこんで立たせるとよい。これはいかにも冬の寒い時期を生きているという感じがしてくる。

まるで生まれたばかりのヒナみたいなかわいさを秘めているのが伝わる

こちらは、手のひらの上にちょこんと乗せておきたくなるようなフクロウ。体つきや顔だちもしっかりと表現されていて、こんなに小さいならキーホルダーにしておきたいものである。

出典:www.flickr.com

2匹の仲良く寄り添っている様子は見ているだけでも心が癒される

2匹のフクロウが仲良く寄り添っている様子は、実に素晴らしいと感じる。しかも出来栄えはまるで剥製みたいで、ペンションに飾っておいても全然悪くない。

同じく羊毛フェルトで作った帽子と針金で作ったメガネでおめかし

たまには、羊毛フェルトで作った帽子や針金で作ったメガネを添えておしゃれにしても構わない。そして見た目はまるで、立派な身なりの紳士や貴婦人のようにも見える。

ぽわぽわしていて愛嬌があるのでまさにマスコットキャラクターみたい

顔が体よりも少し大きくて、元気いっぱいな様子を表現していることから、まるでマスコットキャラクターのような印象が出ている。これはある企業のPRとかでも全然使えそうである。

手のひらに乗せてかわいがりたくなるような非常に小さくてかわいいフクロウ

こちらも、マスコットのように小さくて愛らしい作品である。全体はボールのようになっていて、上には飾り用のリボンが付けられていて、1個だけではなく複数個作っておきたくなるような出来栄えである。

中が空洞になっている木の中に隠れていていかにも自然らしいと感じる

同じく羊毛フェルトを寄せ集めて作った、中が空洞になっている木の中に、羊毛フェルト製のフクロウを入れた。するとしっくりと馴染んで、まさに自然の中で生きているという実感を味わえる。

小さいサイズのフクロウがいくつか集まっているととてもかわいい

ころんとした小さなフクロウは、1つだけよりも3個くらい置いた方がよりかわいさが増してくる。そして何より羽毛のふわふわ感が出せるのは、羊毛フェルトのおかげである。

背が低かったり高かったり目がかわいかったりなど色んな種類を作る

手のひらに乗せておきたい丸みを帯びたものや、大自然の中で力強く生きるものなど、色んな種類を作っている。やっぱりフクロウに使っておきたい羊毛フェルトは、灰色、茶色、白が適している。

普通のフェルトで作った翼を広げて羽ばたいている様子をアピール

こちらは、普通のフェルトを切って作った翼を広げている様子を表現している。この仕草もなかなかかわいいので、是非とも羊毛フェルトフクロウに取り入れておきたいものである。

物陰からそーっと覗いている様子もなかなかキュートなので実施したい

こちらは、物陰からそーっと覗いている様子を表現している。この様子はとてもかわいいので、是非ともデジタルカメラで写真撮影して、額縁に入れて飾っておきたい。

フクロウのカップルが太い木の枝にしっかりと止まって休んでいる

太い枝に脚の爪をしっかりと掴ませて、ゆっくりと休んでいる様子が表現されている。頭にはシルクハットや花などの飾りが付けられているので、まるでフクロウのカップルあるいは夫婦という印象が出ている。

只今2本の編み棒を使って熱心に編み物をしている様子を表現した

竹串を丁度よい長さに切って、カラフルな毛糸で編んだものを通して、それを羊毛フェルトのフクロウに合わせると、せっせと編み物でマフラーを作っている様子が現れている。

出典:www.etsy.com

大きなフクロウが自分よりも小さい他の動物と仲良く戯れている様子

同じく羊毛フェルトで作ったような、他の動物と戯れている様子を表現した。ちなみにフェルトで作る動物は、リスやネズミ、ウサギなどの小動物が直立しているのが適している。

出典:www.flickr.com

だるまのような形にまとめたフクロウをたくさん作って積んでおく

だるまみたいにコロンとしていて大きさも手頃なフクロウは、写真のようにたくさん積んでおくと、見栄えがかなりよくなってくる。もちろんフクロウは1つ1つ、模様を変えておくとなおさらよい。

出典:www.flickr.com

紙製の卵ケースに置いておくと何だかまとまり感が出ていると感じる

卵を保管するのに使っていた、紙製の卵ケースに羊毛フェルトの小鳥を置くと、なおさら見栄えがよくなってくる。もちろんこれは卵がなくなってきた時にやってみるとよい。

出典:www.flickr.com

真っ白な雪の大地に置きそばには同じく手作りした小動物を添える

こちらも、何かの物語を表現しているようなアレンジ方法。置かれている場所は白い布で作った雪原で、そばには同じく羊毛フェルトで作った小動物が添えられている。これはまさに、寒い冬の心温まる物語となっている。

出典:www.flickr.com

大きいのと小さいのを置いてまるで仲の良い親子のように見せている

脚がある大きなフクロウと、ちょこんとした小さなフクロウを2つ合わせて、親子仲良く水入らずの様子を表現している。こんなに出来栄えがよければ、山のペンションに飾っておきたい。

手作りフクロウは決まりきった色だけではなくカラフルにしても構わない

今までの羊毛フェルトで作ったフクロウは、灰色と黒色、茶色が殆どだったが、今度は鮮やかな色がメインカラーになるように取り入れているのが特徴である。たまにはこのような色彩を入れても悪くない。

出典:www.etsy.com

これだけ精巧に作られていると今にも動き出しそうな剥製のようだ

鋭い爪とまなざしがあって、羊毛フェルトで作ったとは思えないような立派な出来栄えになっている。これはまさに「剥製」という言葉が適していて、いかにも高い値段で売れそうである。

出典:www.flickr.com

羊毛フェルト独自の特徴を生かして毛がぽわぽわしているフクロウに

今度のフクロウは、毛がぽわぽわしているという印象が出ている。これも羊毛フェルトがあるから成し遂げられる技で、やはり毛がぽわぽわしていると、自然の中で生きているという実感がする。

出典:www.flickr.com

ルビーのように真っ赤な目からは遠くを見る鋭いまなざしが強く出ている

やっぱりフクロウと言えば、鋭いまなざし宝石のような目が欠かせない。これがあるからこそ、野生の中をたくましく生きているという印象が出てくる。ちなみに瞳の部分は、手芸店で手に入る。

ほとんど丸みを帯びていて手まりみたいな大きさとなっているので愛おしい

手のひらに乗せておくとより愛おしく感じる、手まりみたいな大きさのフクロウ。これは複数個作っておけばバザーとかで販売できて、敬老の日のプレゼントにも喜ばれること間違いなし。

出典:www.etsy.com

短い枝に止まっていて上にはひもが付いていてマスコットのようになっている

丁度よい長さに切った枝にフクロウが止まっていて上にはひもも付いていて、いかにもかわいすぎるマスコットのようになっているのが特徴である。そしてお好みでハートを持っているというのがなかなかよい。

目を完全に閉じたりうっすらと開けるなど表情を変えても全然構わない

フクロウの瞳は鋭いまなざしを持っているものだけにとどまらず、目を閉じたりうっすらと開けていたりするものもある。この要素は、まさに穏やかで優しい印象を与えてくれるということが伝わってくる。

羽を組んで何か深い考え事をしている様子を羊毛フェルトで表現した

首をかしげて腕を組んでいる様子から、じっくりと考え事をしている様子が表現されている。このことから、やっぱりフクロウは私たちに知恵を与えてくれるということが十分にうかがえる。

出典:www.etsy.com

これだけ丸いならまるで私たちに温かみや幸福(しあわせ)を与えてくれそう

フクロウは、私達に知恵を与えてくれるという印象があるが、幸福ももたらしてくれるという印象も秘められている。なので羊毛フェルトで作って飾ったり、持ち歩いておきたい。


よかったら「いいね!」もよろしく♪