簡単で楽しい!家庭で作るクリスマスケーキのデコレーションアイデア!

簡単で楽しい!家庭で作るクリスマスケーキのデコレーションアイデア!

だんだんクリスマスが近づいてくる今日この頃、パーティーに欠かせないクリスマスケーキはお店で買っても構わないが自分たちで作ってもOKである。そして自分たちで作るとオリジナルのデコレーションが楽しめるようになって、そのアイデアは豊富に出てくる。

2017.11.16 UPDATE

1

アイデアいっぱい!作って楽しい!クリスマスケーキのデコレーション!

イチゴのサンタクロース

まず、白いクリームを塗ったスポンジケーキの上に飾っておきたいクリスマスならではの飾りと言えば、このイチゴで作ったサンタクロースである。まずは横に切って体と帽子部分に分けて、次にホイップクリームを絞って、最後にひげと帽子の先端、目を作ってできあがり。

マシュマロ雪だるま

円柱状になっている白いマシュマロを工夫して、冬の風物詩とも言える雪だるまを作った。表情はチョコレートペンで描かれていて、上の帽子や巻かれているマフラーは、カラフルなお菓子を工夫して仕立てあげている。

出典:www.pinterest.jp

コーンフレークのクリスマスツリー

朝ごはんで食べるコーンフレークに溶かした抹茶チョコレートを絡めて、もみの木のようになるようにまとめていき、仕上げにアラザンなどを飾るとケーキの上に置いておきたい食べられるミニツリーが完成した。

出典:cookdiary.net

市販のロールケーキでブッシュドノエル

安い値段で売られている市販のロールケーキの周りにチョコレートクリームを塗って、後は木の幹のような溝をフォークで付けて自由に飾っていくと、クリスマスにピッタリな薪のような木・ブッシュドノエルが完成した。

ビスケットのブッシュドノエル

こちらは、スポンジ生地ではなく牛乳に浸したビスケットをクリームと交互に重ねて、ブッシュドノエルを作っている。そして表面は溶かしたチョコレートでコーティングしているので、ますます薪のような感じが出ている。

出典:www.pinterest.jp

ミルクレープをクリスマス風にデコレーション

薄く焼いたクレープ生地を生クリームと交互になるように重ねて作る、ミルクレープというケーキだって、クリスマスケーキにふさわしい。そしてよりクリスマスケーキらしくするためにデコレーションが加わると、何の文句もない。

アイシングでデコレーションしたクッキー

生地から作って、焼き上げて冷ましたクッキーは、アイシングでクリスマス風にデコレーションすると、ケーキの上や側面に飾っておきたくなるような逸品になる。クッキー自体は子供と作っても、なかなか楽しい。

ジンジャーブレッド

ショウガの風味がするクッキー・ジンジャーブレッドはそのまま食べても美味しいが、人の形にしてアイシングでデコレーションすると見栄えがよくなって、ケーキの上に飾りたくなる。

コーンフレークで松ぼっくり

チョコレート味のコーンフレークを、ピーナツバターとチョコスプレッド、粉砂糖を混ぜて円錐状にしたものの周りに差し込んでいくと、クリスマスの飾りに使える松ぼっくりができあがった。そして雪に見立てた粉砂糖を振りかけると、ますます素敵になる。

白いチョコペンで描く雪の結晶

ホワイトチョコレートのチョコペンを温めて、写真のように絞っていくと冬にピッタリな雪の結晶ができあがった。ちなみに精巧にやりたいなら、下に図案を描いた紙を敷いたクッキングシートを使うとよい。

パンケーキを何枚も重ねて、ツリーのように

大きさが異なる、小さめに焼いたパンケーキを交互に重ね合わせていくと、子供が喜びそうなツリーのケーキができあがった。なおこれにはお好みでシナモンやココアパウダーを振りかけたり、周りにラズベリーを飾っても悪くない。

出典:wendolonia.com

ハートのイチゴ

ケーキと相性抜群の果物、イチゴは見た目だけでもかなりかわいいので積極的にクリスマスケーキに使われることが多い。そして包丁でハート型に切ってみると、いかにも愛情が伝わりそうなイチゴになった。

カップケーキをアレンジ

表面が盛り上がっているカップケーキにも、クリスマスデコレーションは適している。写真はココア風味のカップケーキの上に、緑色に着色したホイップクリームを絞って、星のクッキーやカラーシュガーでデコレーションした、ツリーのようなカップケーキとなっている。

出典:hungrybird.sg

シフォンケーキをデコレーション

卵白をしっかりと泡立てて膨らませるシフォンケーキへのクリスマスデコレーションは、全体を生クリームで覆わずに、上の部分だけクリームを絞って色々なフルーツなどでデコレーションしているのが特徴。

アイスケーキもおすすめ

冷たいアイスクリームを使ったケーキだって、クリスマスを盛り上げてくれること間違いなし。底が抜けるケーキ型に砕いたオレオクッキーを敷いて、程よい柔らかさになったアイスクリームを入れて凍らせて、ケーキの土台を作っている。

出典:www.taste.com.au

今度は周りをロールケーキで覆っている

今度は材料を混ぜ合わせるボウルに、同じ幅に切ったロールケーキを貼りつけて、その中にアイスクリームを流し込んで凍らせて、完全に凍ったらデコレーションをして完成となっている。外側のロールケーキが素敵な模様を作り上げているのが特徴。

チョコペンで描くヒイラギの葉っぱ

濃い緑色のチョコペンをお湯に浸けて溶かして、クッキングシートの上にヒイラギの葉っぱを描いてみると、今までは食べられなかったヒイラギの葉っぱができあがった。写真は枠だけだが、中を隙間なく塗りつぶしても構わない。

サンタの帽子風カップケーキ

こちらもカップケーキだが、今度はイチゴを丸ごと使ってサンタの帽子風にしている。ちなみに白い生クリームを絞っているおかげで、よりサンタクロースの帽子らしくなっている。

小さなお菓子の家

またの名をヘキセンハウスと言う、お菓子の家は小さいサイズなら、市販の四角いクッキーやビスケット、板チョコレートなどで簡単に作れる。これくらいの大きさならケーキの上に飾っておきたい。

出典:www.pinterest.jp

プチシュークリームのリース

中にチョコレートクリームやカスタードクリームが入った、一口サイズのプチシュークリームを大きな輪にまとめて、チョコレートなどで飾りつけしていくと、パーティーにぴったりなリースのお菓子になった。

プチシュークリームでクリスマスツリー

今度はプチシュークリームを生クリームを使って積み上げていき、後はお好みのカラフルな製菓材料で飾りつけをして、クロカンブッシュのような食べられるクリスマスツリーを作った。これもなかなか思いつかない逸品と言える。

アラザン 

プラチナのように輝いていて、光を当てるとキラキラするアラザンは立派なデコレーション材料となっている。なので白い生クリームを塗ったケーキに積極的に飾っておきたい。


よかったら「いいね!」もよろしく♪