まさに情熱!赤いインテリアは元気をもらえそう!

まさに情熱!赤いインテリアは元気をもらえそう!

トマトや炎のように赤い色は、多くの人に元気や活力をもたらすと言われている。もちろん日常生活で使うインテリアにもピッタリで、積極的に取り入れられていることは言うまでもない。これだけ赤があると、毎日を生き生きと過ごせそう。

2018.3.23 UPDATE

0

ありとあらゆるものに活用されている、赤のインテリア用品!

一家団欒のリビングに置かれたソファー・時計

一家が集うリビングに、所々だけど赤いインテリア用品を置いた。それは太陽のような時計、ふわふわしたクッションが敷かれていて、脚で支えるソファーが見事に調和して、素敵なインテリアを作り上げている。

出典:eenigwonen.nl

壁全体、1つの椅子を赤に

1つの壁全体をムラがない赤で塗装して、白い椅子に挟まれた椅子も赤くしている。すべての椅子に置かれているクッションにも赤い要素が取り入れられていて、壁にも小さな写真がひとまとめになって貼られている。

レンガタイルを貼りつける

艶があって赤い長方形のタイルを隙間なく、1つの壁にびっしりと貼りつけていく。光が当たると光沢感を出し、周りにある白い壁や物入れとしっくりと馴染んでいることが伝わってくる。

出典:eenigwonen.nl

壁、台、クッション

壁が赤いことから始まり、白いソファーの上に置かれているクッション、ものを置く台やライト、そしてソファーの手前にあるテーブル、壁にかかっている絵全てに赤の要素が使われている。これだけ赤い要素が使われていると、かわいさも出てくる。

洗面台

手や顔を洗うのに使う、水道が通った洗面台。真上から見ると白いが、正面や横から見ると、赤が大部分を占めていて支えている、さらにはタオルやドライヤー、石鹸や予備の歯ブラシなどをしまえるという役割を果たしている。

物をディスプレイできる棚

表面が扉やガラスで覆われていない、おしゃれなデザインの本棚は、よく読む小説や辞書などを置いても構わないが、写真立てやお気に入りの雑貨を飾っても構わない。これだけでも、立派なインテリアとなる。

出典:miadomo.nl

赤い壁に、赤いものが写ったポスターを貼る

こちらも、赤い壁を活用したインテリアとなっている。今度は風景にに赤いものがくっきりと目立っている写真・ポスターを飾り付け、赤い壁をますます盛り上げているのが伝わってくる。なお、ここには自分で描いた絵を飾っても構わない。

高級なデザインのソファー

葡萄色(えびいろ)という言葉が似合う、渋い印象の赤色を壁にまとわせて、その手前には高級なデザインの赤いソファーが置かれている。そしてその隣には立派に葉を尖らせている観葉植物が置かれていて、壁には額縁が飾られている。

ガラス張りの食器棚

日常の食事で使う、食器やグラスなどをしまっておくのにふさわしい食器棚にも、赤色は適している。しかもこの食器棚の扉は透明なガラス窓が敷かれていて、中身が見られるようになっているのも特徴。

出典:www.flickr.com

ウォールシェルフとキッチン台

鍋やカトラリー、菜箸などをしまう引き出しや戸棚、さらには壁に取り付けられているウォールシェルフや、ガス台の土台は全て赤色で統一されている。さらに滑り止めのキッチンマットも赤が使われているのもよい。

ベッドにもなる大きなソファー

ただ座ってくつろぐだけではなく、脚を伸ばせたり寝っ転がったりできる、大きめのソファー。さらにこれには背もたれとなるクッションや肘当てまで付いているので、御の字と言えるような家具となっている。

出典:www.decoist.com

脚付きの椅子とソファー

一人分の脚が付いた椅子と、ゆったりくつろげるソファーが同じ部屋に置かれている。そしてソファーの背面には、斜めになっているユニークな形状の本棚が設置されて、ますます素晴らしいインテリアを作り上げている。

水玉模様を取り入れる

赤い背景には、白い水玉模様が規則正しく並んでいる。そしてそれはクッション及び大きなソファーに取り入れられて、いかにもキュートな感じになっているのが伝わってくる。これさえあれば、女の子の部屋にぴったり。

ランプシェードや扉付きの棚もリメイク

天井からぶら下がっているランプシェードや、扉付きの棚も赤で統一されている。そして今回の赤色は少し濃くなっていて、まるで血のようにも見える。しかしこの赤色は、まるで人間に活力をもたらしてくれそう。

高さがある台

読書用卓上ライトや置き時計を置くのにふさわしい、赤い台は少し高さがあって、隣にあるソファーと肩を並べている。さらに台の中は空洞になっているので、下にも物を入れられるということに変わりはない。

出典:ehomedecors.com

背景が黒いと目立つ

今度の壁は、漆黒の黒一色となっているが、そこに白い額縁の絵画を飾り、手前に赤いソファーを置くとくっきりと目立つ。そして何より赤と黒は調和するということも伝わってくる。

ちょっとアンティーク感がある

壁の赤色は少しムラがあって、床に敷かれているカーペットもなかなか味わいがあるので、この部屋はエキゾチックでアンティーク感あふれるという印象がある。そして壁には空間にふさわしいタペストリーも飾られている。

出典:hogar.uncomo.com

白い背景にも目立つ

前回は黒い背景の手前に赤いソファーを置いたが、今回は混じり気のない白い背景の手前に置いている。これでもはっきりと目立っていて、真ん中にあるちゃぶ台のようなテーブルともしっくり調和している。

白いクッション、ひざ掛けを置いてもよい

今まで紹介してきた赤いソファーには、クッションを置いても全然構わないが、赤と対照的な白色のクッションやひざ掛けも適している。そしてこの部屋に置かれている赤いものはソファーだけだが、全体とよく調和していて何の違和感もない。

先端にハートが付いた、タンポポの綿毛のウォールステッカー

赤いインテリアは、大きく構えているものだけにとどまらず、手軽に貼れてはがせるウォールステッカーも当てはまる。写真は花の時期が終わって綿毛になったタンポポとなっているが、綿毛の先端部分は赤いハートとなっているのが特徴。

壁一面を、ペンキで塗装

今まではカッティングシートや壁紙を使って壁を赤くしていたが、今度はペンキを刷毛で塗る作業で赤くしている。これはすごく手間暇がかかって技術も必要となるが、置いたものがはっきりと映えてくる。

本を乗せる簡易な棚

よく読む本をとりあえず置いておく、壁にしっかりと取りつけた変わった形の本棚は、壁と同じ色で統一されている。しかもこの本棚は場所を取らずにすっきりと本を片づけられるので、重宝されること間違いなし。

出典:eenigwonen.nl

艶がある赤で、キッチンが映える

こちらも、家の中に取り入れたい理想のキッチン。今度が流し台やガス台の土台が赤い艶で塗装されていて、さらには物をしまう引き出しやウォールキャビネットも同じようにまとめているのが特徴。

少しくすんだ赤もおススメ

赤は、折り紙や色画用紙に使われているものだけではなく、少しくすんでいるものや血の色、バラの色に近いものも挙げられる。だからこれらの赤もインテリアを盛り上げるのに役立っている。

洗面台と鏡の縁

これはまさに、素晴らしいインテリアを詰め込んだという印象に満ち溢れている。浴槽との仕切りとなっているカーテンを始め、鏡の縁や椅子、そして水が流れる洗面台自体に赤色が使われているのが特徴。

カウンター席にぴったりな椅子

バーやカウンター席を設けたレストランに必ずある、1本の脚で支えていて背もたれが全くない椅子。座る部分の形状はまるで波を打っているように見えて、少しだけど背もたれがあるので、立派なインテリアを成し遂げている。

出典:www.youtube.com

オーブントースター

パンやピザ、お餅を焼いたりするのにふさわしい、真っ赤なオーブントースター。例え小さくてもしっかりと働いてくれて、キッチンに置いておきたいデザインとなっている。

出典:www.pinterest.jp

バラのリース

100円ショップで手に入るバラの造花をたくさん集めて、輪のようにまとめると、壁に掛けたい華麗なるリースができあがった。なお、バラは赤だけにとどまらず、他の色を組み合わせても構わない。

レッドカーペットみたいなラグマット

結婚式場のバージンロードや高級感あふれるホテルに使われていそうな、ふかふかの赤いラグマット。これは毎日丁寧に掃除機をかけて、きれいにしておきたい。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪