氷に果物や花を入れたアイスキューブが綺麗すぎる

氷に果物や花を入れたアイスキューブが綺麗すぎる

出されたドリンクに入っている氷に、花や果実が閉じ込められていたら、より素敵な気分になることは確かだ。そして自分で育てたり、摘んだ花は水と一緒に製氷皿で凍らせると、とても美しい氷点下の芸術作品ができあがり、見た人の心を癒してくれそうである。

2

まさに花と氷が織り成す芸術

ガラスの器に入れた花の氷は、夏の食卓に置いておくとよい。
芸術性があって、花瓶に生けた花よりも涼しさが伝わってくる。
花の氷は、製氷皿だけではなく茶筒やゼリーカップに入れて作ってもよい。
取り出す時は、型を蒸しタオルで少し温めると取り出しやすい。

花や果実を閉じ込めた「アイスキューブ」は、パーティーなどで使うと大絶賛!

出典:ecosalon.com

半球型のアイスキューブ

球を半分にした形のアイスキューブ。
皮のついたリンゴが入っていたり、ブドウジュースを凍らせている。
アイスティーやハイビスカスティーに使うとよい。

エディブルフラワー(食べられる花)を入れて

サラダやオードブルにトッピングして使う、エディブルフラワー(食べられる花)だって、このように使っても悪くない。これは是非夏のドリンクに使うとよい。

出典:www.brit.co

刻んだハーブ、果実を入れて凍らせる

料理で使うハーブや、食べて美味しい果実だってアイスキューブに使える。
写真で見てわかる通り、色んな種類がある。

食べられなくても、凍らせるだけでとてもおしゃれ

例え食べられない花でも、こうするだけで十分に美しさが出てくる。
これから、この氷を使ったより美しいアレンジ方法を随時紹介していくのでお楽しみに。

積んだ花は、このようにしても美しい

先ほど紹介したように、摘み取った小さな花、1つ1つを水が入った製氷皿に入れて凍らせると、素敵なものに生まれ変わる。
そしてそれらをガラス製の器にたくさん入れると、涼しさと美しさあふれる逸品に発展する。

出典:ohjoy.blogs.com

そのまま食べても美味しい、2層の果汁アイス

フルーツをミキサーに入れて作った果汁と、ココナッツミルクを組み合わせて作る2層のアイス。これは飾るより、夏のデザートとして美味しく頂きたい。

イチゴ、オレンジ、レモン、ライムなど

どれもアイスキューブにふさわしい果物ばかり。
柑橘系は、アイスティーに使うとよいかもしれない。

出典:lifepopper.com

ラズベリーとブルーベリー

小さくて甘酸っぱいラズベリー、ブルーベリーは、どちらも女性に人気がある果実だ。
それを1つにまとめて、氷にした。
ジュース系の色んな飲み物に合いそう。

とてもキュートな、イチゴの丸い氷

これはもう女性を虜にする。
丸くてコロンとした形と、中に入っている半分に切ったイチゴが魅力的。

ザクロの実

熟すと一気に弾けるザクロの実だって、十分に使える。
1粒1粒の真っ赤な実と、氷の冷たさが、しっかり調和している。

出典:lifepopper.com

水に浮かべると、より涼しさが伝わってくる

これまで作った氷は、器に盛り付けてもよいが、水を張った器に浮かべてもよい。
ぷかぷか浮かんでいるのが愛らしくて、より風情が出てくる。

メイソンジャーに詰めて、ジュースを注ぐ

多くの人が求めている、メイソンジャーという広口ビンにももちろん合う。
写真は、ラズベリーとブルーベリーの氷なので、果物や野菜を使ったジュースを注ぐとよい。

見るだけで絵になる、メイソンジャーとの組み合わせ

まず、メイソンジャーに果物やハーブなどを入れた氷を入れ、次に自分で作った透明なレモン水を注ぐ。水に浸かった氷の情景が美しい。

大人のお酒のお供にもぴったり

果実酒やカクテルなどをグラスに注ぐ時、使う氷もおしゃれだとより雰囲気が出る。
もちろん、大人のパーティーのお酒にも十分に使える。

簡単だけどおしゃれな、花の氷の盛り付け方

色んな種類の花の氷は、取りあえず透明なガラスのコップに盛り付けてみるとよい。
こぼれ落ちるくらいに山盛りにするとよい。

お皿に並べて、どうぞ召し上がれ

先ほど紹介した、レモンや砂糖などで味を付けたレモン水を製氷皿に注ぎ、小さく切った果実をそこに収めて凍らせる。すると夏にピッタリなかち割りアイス風の美味しい氷ができる。

小さな花びらを収めて

かわいらしい小さな花びらの花も十分に使える。
冷たさと可憐さが1つになった夏の風物詩である。

出典:divascancook.com

ミニバラを丸ごと入れる

冷たいはずなのに、何だか情熱が伝わってきそうな氷。
上にした時、真っ赤なバラの花が見えるようにするのがコツ。

ワインを冷やすなら、花の氷で決まり!

ステンレス製のワインクーラーの中に、水と花の氷をたくさん入れて、ワインを冷やす。
これには先ほど紹介した、バラの氷を是非とも使いたい。

飲み物に入れたい、レモンミントアイス

レモン汁で味付けした水と、胸がスッキリするようなミントの葉っぱを入れて凍らせる。
水そのものに入れて飲むと、十分に美味しい。

出典:pixhder.com

1個1個がとてもかわいいミニサイズ

製氷皿を、ちょっと小さめのものに変えて作ると、1個1個がとてもかわいい氷になる。
果物が入っているのは、子供のジュースに最適。

果汁だけで作った、一口アイスキャンディ

オレンジやピンクグレープフルーツ、グレープやベリーなどの果汁を、何層にも重ねて凍らせた。
果汁は、もちろん市販のジュースでも構わない。

出典:kaifii.com

少し丸みを帯びている

これまで、氷は角ばったものが多かったが、これは角がなく、丸みを帯びている。
ミントのような食べられる葉っぱと、紫色の濃いグレープジュースを少し入れているのがよい。

氷点下の美しさ

これまで紹介してきた、花を閉じ込めた氷を一言で表すならば、「氷点下の美しさ」が適している。
咲き誇る花1つ1つに、思いを込めて凍らせているようにも感じる。

1つの氷に、いくつもの種類が入っている

1つの氷には、花、ハーブ、果実などをまとめて入れている。
これらが写真のようにたくさんあると、素敵な絵になる。

氷だけで積み重ねても面白い

キューブ型の花の氷は、このように積み重ねると面白い。
そして、新たな芸術作品が生まれる。
氷を繋ぎ合わせる時は、塩を使うとよい。


よかったら「いいね!」もよろしく♪