中国の神秘なる世界遺産・黄山(こうざん)まさに仙人の住む秘境!

中国の神秘なる世界遺産・黄山(こうざん)まさに仙人の住む秘境!

中国には、険しい自然の山々が連なっていて、それはもうこの世のものとは思えない素晴らしい情景を作りだしている。長い年月を重ねてきた自然の風景は、感動を誘い、見る者を圧倒させるようだ。

雄大な自然が、長い年月をかけて作り上げた、素晴らしい景観!

仙人が住む世界「仙境」とも呼べる

そびえ立つ険しい山々には、緑と白い雲がかかっていて、まさに中国の民話に出てきそうな仙人が住んでいそうである。
これこそが、この大地の魅力であり、1990年に世界遺産に登録された。

黄山には、言葉で表現できないほどの魅力がいっぱい!!!

奇松

黄山の四大景観の1つに該当する。
この山地には、奇松と呼ばれる10種類もの松が生えている。
硬い岩の割れ目に根を張り、強い生命力があふれている。そして松は、日本の盆栽に応用できそうである。

怪石

これも4台景観の1つに入る。
最高で海抜1864mもある、切り立つ岩山が美しさを出している。
1億年ほど前からの地殻や気候の変動によって、現在の姿に至っている。
いかにも中国の長い歴史を感じることができる。

出典:www.ahlydc.com

まるで幻想的な雲海

毎年11月から翌年の3月の間に見られる光景。
冷たい空気が南に移動して、雨や雪が多くなり、谷底に空気が溜まって雲になるのだ。
天気が晴れだと、3日間とどまっていることもある。

雲海は、朝日や夕日とも調和する

どこまでも広がる真っ白な雲の海を、真っ赤に輝く朝日や夕日が照らしている。
これもなかなか感動的な情景だ。

足を踏み入れたくなるような、迫力満点の観光スポットはまだまだある!

出典:www.flickr.com

天都峰

海抜1830もある、黄山の三大主峰の中で最も高い山。登るのは一苦労だが、一生懸命取り組むと、写真のような素晴らしい眺望が眺められる。
中国の水墨画で描きたいテーマとしてあげられそう。

迎客松

10mもの高さと800年もの樹齢を持つ松は、黄山を一層引き立てる。
形がまるで手を伸ばして、客を招き入れているような感じなので、この名前が付いた。
山と調和して、まるで西遊記のワンシーンにありそうな景色になっている。

玉屏楼

山の間に挟まれている、ペンションのような外観を持つ4つ星ホテル。
高さは標高1716mもあり、昇る朝日と沈む夕日を見ることができる。
ツアーで疲れた体を癒せること間違いなし。

蓮花峰

これもまた、高くて険しい山で、海抜1864メートルの高さを持つ。
黄山天都峰と光明頂の間に位置し、麓には、蓮花洞、蓮花源がある。

歩仙橋

狭い山と山の間を繋いでいる橋。
橋から地面までの高さは、1560mもあるので、渡る人は足がすくむか、恐る恐る慎重に渡るだろう。

魔幻景区

「桃源郷」という言葉が似合いそうで、スケッチの場所にも最適。
大きく分かれている山々の間に、白い雲が入って来て、山の緑と険しさと美しく調和する。

出典:m.ptotour.com

排雲亭

展望台付きの石の建物。
写真は、そこから見た山々の景色である。
観光に疲れたら、ここで休むのもよい。

出典:www.zgqxb.com.cn

光明頂

黄山で、2番目に高いと言われている山。日の出と雲海を眺望することもできるので、この場所に来なければ、真の黄山の景色は見られないと言われている。

出典:www.photofans.cn

清涼台

ここを渡ると、広がる大空、勇ましい大地を心の底から満喫できること間違いなし。

出典:www.cppclub.com

始信峰

「双璧」という言葉がふさわしい。
もし空を飛べたら、この峰の素晴らしさを存分に味わえることは確かだ。

出典:travelvista.net

白鵝嶺

少し白っぽい岩肌の山が、まるでガチョウのように見えるのでこのような名前が付いた。
山には階段が付いているが、さすがに制覇するのは困難である。

雲谷ロープウェイ

白鵝嶺から雲谷寺を繋ぐ、3000m以上のロープウェイ。
険しい黄山ツアーを楽にしたいという方におすすめ。
窓から見る景色はもう最高である。

周辺は、透き通った水の名所がたくさんあるので、観光後の息抜きに最適!

出典:www.51qilv.com

唐模古村

黄山周辺の麓にある古い村。  
特色的な文化が観光客を呼び寄せる。

出典:www.51qilv.com

翡翠谷

黄山の東部に位置し、またの名を「愛人谷」とも呼ばれる。
山々の緑と水が織り成す光景は、まるで磨かれたヒスイのようである。

黄山温泉

水温は約42.5℃で、炭酸が強く、硫黄は全くないので、飲むことも可能である。
これの他にも、色んな温泉が周囲にある。
温泉は日本だけのものではない、中国にもちゃんとあるということが伝わってくる。

九龍瀑

国立公園としても認められている滝。
大きな音と水しぶきを立てて落ちる山の滝は、非常に素晴らしく、まるで龍が住んでいそうな雰囲気も出ている。

感動を呼ぶ孤高の地・黄山へ渡るには

出典:www.cmqx.com

上海から飛行機で1時間20分

日本から黄山まで最短ルートで渡るには、まず直行便で中国・上海に向かう。
そこからまた飛行機で80分かけて渡ると、黄山へ到着する。

これが、黄山の地図

これまで紹介してきた、黄山の数々の名所はどこにあるかを示した地図。
写真は中国語だが、日本語の地図もある。


よかったら「いいね!」もよろしく♪