金沢で買いたいお土産まとめ♪石川でおすすめの銘菓が勢ぞろい!

金沢で買いたいお土産まとめ♪石川でおすすめの銘菓が勢ぞろい!

四季折々の風情が楽しめる、石川県・金沢市は、近年人気が出ている旅行先だ。訪れる観光客は北陸新幹線の開通によってさらに増えている。古き良き街並みの風情があるような銘菓や地元のグルメ、伝統工芸品など、お土産にすると喜ばれそうなものも充実している。

2018.2.12 UPDATE

4

昔ながらのものや若い人向けまで揃う、金沢自慢の名菓は、お土産に最高!

出典:krs.shop-pro.jp

ル・ミュゼ・ドウ・アッシュ 「YUKIZURI (雪吊り)」

有名な辻口博啓パテシィエが考案した、パイ生地のお菓子。金沢の名物でもある、冬の「兼六園の雪吊り」をイメージしており、表面にかかった砂糖とフォンダンが、まるで雪のようだ。取りあえず買っておきたいお土産に最適。

出典:sv50.wadax.ne.jp

プレミナンス 「天使のプリンちゃん」

地元の栄養満点の卵を材料にした、4つの味があるプリン。卵と一緒に使う素材や製造方法も、こだわり抜いている。写真は、卵の味が生きている「天使のプリンちゃん」キャラメルと黒ゴマペースト、竹炭を使った「小悪魔のプリンちゃん」、緑茶を使った「お茶摘みのプリンちゃん」、石川の銘茶・加賀棒茶を使った「加賀棒茶プリン」がある。

ぶどうの木 「金沢濃茶大納言クリームサンド」

香り高い抹茶と大納言あずきを練り込んだバタークリームを、同じく香り高いサクサクの抹茶サブレで挟んだ。一口かじると、抹茶のふくよかな味わいがしてくる。

加賀百万石物語 金沢の月

金沢だけではなく、北陸地方を訪れた観光客が買って行く人気商品。満月のように真ん丸な生地の中には、まろやかな味わいのカスタードクリームが入っている。なお、これよりさらに上質な「金沢の月プレミアム」も発売されている。

洋菓子のお店 Famille〈ファミーユ〉「ふくふく和みセット」

かわいいケーキと焼き菓子を販売する金沢の洋菓子店が開発した焼き菓子で、中にはクリームを挟んでいる。メレンゲを泡立てて作るので、ふんわりサクサクした味わいが楽しめる。

出典:nakagosi.co.jp

中越 「丸ごとみかん大福」

秘密の県民ショーという番組でも紹介された、ミカンを丸ごと1個使った大福。かわいい見た目と、中に入っている白餡とミカンの味が見事に調和しているのが特徴。

出典:nakagosi.co.jp

中越 「まろやか和三盆の寒天ぷりん」

これは卵を使わず、生クリームと日本の砂糖・和三盆を混ぜて寒天で固めた。仕上げに黒豆をトッピングして完成。生クリームと和三盆が織り成す、優しい味わいがたまらない。

烏鶏庵 烏骨鶏プリン

高級な鶏・烏骨鶏(うこっけい)の卵を材料にしたプリン。カラメルなしでも、プリンそのものの濃厚でまったりとした味がする。これは、冷やして食べるとより美味しい。

かりんとう あんや 黒糖カステラ[金箔]

金沢では有名なかりんとう屋が開発した、黒糖の味が生きているカステラ。これに、棒茶の味を加えたカステラもある。上に金粉を飾っていて、より上流階級の雰囲気を出している。

箔座 「チョコレートケーキ 黄金の焼菓子」

これは王侯貴族が召し上がるような、ゴージャスなチョコレートケーキ。上の部分に、輝く金箔を大胆に乗せた。肝心の味は乗せた金箔に負けないくらいの、チョコレートと洋酒のハーモニーが広がる。

金沢菓子倶楽部 「加賀の紅茶ミルフィーユロールケーキ」

石川県で採れる、加賀紅茶を練り込んだ生地で、サクサクのミルフィーユパイとなめらかなクリームを包んだ。パッケージは、なんと列車の時刻表の表紙のようにしているのが特徴。

出典:hk.oisix.com

プレミナンス 「金澤ブリュレ大野醤油入り」

行列ができるほど多くの客が買い求める、ご当地洋菓子。能登半島の大地で育った鶏の卵を使ったケーキの上に、奄美諸島のサトウキビの砂糖を振りかけ、隠し味に醤油を使ってバーナーで炙った。砂糖のパリパリ感とスポンジのふわふわ感が見事に調和している。

ぶどうの木 ぶどう畑のリーフパイ

ブドウの葉っぱを模ったパイ菓子。バターを贅沢に使ってサクサク感を出し、上品な甘さの砂糖を使っている。これはお茶菓子にも最適な、おしゃれなお菓子である。

出典:tabelog.com

甘納豆かわむら 「甘納豆各種」

年配の方へのお土産に最適。とら豆、ウグイス豆、黒豆などを素朴な味わいで甘納豆にした。お土産はもちろん、緑茶のお茶請けにもぴったり。

まめや金澤萬久 「有機大豆の炒り豆・柚子胡椒」

有機大豆を香ばしく炒って、ピリッとした辛さと酸味が特徴の柚子胡椒で味付けした。豆の形をした箱に描かれている絵は、機械による印刷ではなく、職人が心をこめて描いている。

出典:tabelog.com

吉はし菓子店 「寒氷(かんごおり)」

パステルカラーと立方体がかわいい、寒天を使った和菓子。そのかわいさに、思わず食べるのをためらってしまいそう。

高木屋 「紙ふうせん」

真ん丸な最中(もなか)には、ブドウ、レモン、白ワインの味がするゼリーが入っている。皮のパリッとした食感と、中のゼリーのねっとりとした食感がたまらない。そして見た目もとてもかわいい。

髙木屋 「あんず餅」

これも金沢で人気のあるお菓子。甘酸っぱいアンズを密に漬け、白餡と柔らかいお餅で包んだ。3つの材料の調和が、実にたまらない。

出典:sv50.wadax.ne.jp

プレミナンス 「金澤五郎島スイートポテト」

地元野菜でもある、五郎島金時というサツマイモを使った、金沢ならではのスイートポテト。食物繊維がたっぷりなのはもちろんだが、普通のスイートポテトより栄養があることは確かだ。

金沢のピクルス 「いつものピクルス」

カラフルな野菜を無添加の調味液に漬けこんで作ったピクルス。実は使っている野菜は、スーパーで販売されない規格外野菜を使っている。なおこれは、ちょっとした箸休めにもよい。

烏鶏庵 「烏骨鶏かすていら・バームクーヘン」

先ほど紹介した烏骨鶏の卵は、もちろんケーキにも応用できる。甘さを抑えていて、卵の風味が行き渡るようにしているのがコツ。カステラ、バームクーヘンともにしっとりとした食感である。

烏鶏庵 「烏骨鶏かすていららすく」

先ほどのカステラに、さらなるアレンジを加えたお菓子。サイコロのようにコロコロしていて、サクサクした味わいを楽しめる。味は写真にあるプレーンの他にも、抹茶、黒蜜、きな粉がある。

夢手鞠(ゆめてまり)

リンゴ丸ごと1個を甘く煮て、バームクーヘンのように仕上げた。まさに夢がたくさん詰まっているような手毬みたいである。

金沢わらじ屋 北陸新幹線W7系 ハローキティ チョコインクッキー

金沢への観光客が増えるようになったきっかけは、北陸新幹線が開通したことによる。その新幹線を模ったパッケージに、人気キャラクターハローキティをプリントしたクッキーを詰め込んだ。

金澤BOSTON 「金沢生サブレ」

通常のサブレは、乾いていてサクサクしているが、これはしっとりした食感を楽しめる。中には、チョコレートクリームが挟んである。もちろん、お茶やコーヒーにも相性抜群。

出典:www.amazon.co.jp

金澤BOSTON 「かがやきマドレーヌ」

平成27年に開業した北陸新幹線「かがやき」の箱に収めた、1口サイズのマドレーヌ。蜂蜜を使って、優しい甘さにしているのが特徴。これは子どものおやつにも最適。

出典:ante-jp.com

Ante 「唐辛子チョコレート ちょこっとなんば」

これは、大人の男性向けチョコレート。石川県で採れた「剣先なんば」という真っ赤な唐辛子を使っているので、甘いチョコレートとピリッとした刺激的な味が楽しめる。

出典:www.amazon.co.jp

金澤BOSTON 「金沢望郷歌」

金沢のご当地野菜と米粉を使ったフィナンシェ(焼き菓子)。野菜は五郎島金時・加賀れんこん・打木赤皮甘栗かぼちゃを使っている。野菜の味わいと、しっとりした食感がたまらない。

プレミナンス 「金沢セルクル(加賀棒茶)」

能登半島の大自然が育んだ卵と加賀棒茶を使った、しっとりとしているカステラ風ホールケーキ。しみじみと懐かしさを感じるような味わいである。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪