北京で人気のグルメ・おすすめレストランのまとめ♪

北京で人気のグルメ・おすすめレストランのまとめ♪

中国の首都・北京は、数々の美味しいグルメがあることで有名だ。じっくり焼いた北京ダックを始め、多くの人の口に合いそうな料理、甘いデザート、点心など、たくさん種類があり、日本では見かけない、ここならではの珍しい一品も揃っている。

1

熱気を感じる!北京ダックを始め、世界中で有名な北京の感動料理

出典:www.jyrb.net.cn

北京ダック

北京を代表する料理と言えば、やはり世界的にも有名な「北京ダック」だろう。
※中国では、北京烤鴨(ベイジンカオヤー)と呼ばれている。
下処理したアヒルを丸ごと1匹、高温の炉でじっくり焼いて作り、皮を削ぎ切りにして、野菜と一緒に小麦粉で作った薄餅(バオビン)と包んで食べる。
そして、料理人が目の前でダックを切ってくれるレストランが多い。

店舗:全聚徳烤鴨店
住所:北京市前門西大街14号
ホームページ 
http://www.quanjude.com.cn/firstPage/loginFirst.do

出典:www.hao224.com

ワンタン

つるんとした食感と、スープとの調和がたまらない逸品グルメ。
そして、麺類とも相性抜群。
店に寄っては、中国全土に2000店舗構えるチェーン展開をしていたり、 24種類のワンタンを揃えている所もある。

店舗:北京吉祥餛飩
住所:北京市大興区紅門鎮六村宏康老3号
ホームページ http://www.jixiang-ht.com/

出典:www.yoka.com

門釘肉餅(メンディンロウビン)

ボリューム満点の、肉が詰まった点心。
かじるとジュワッと肉汁があふれてくるという、多くの人に人気があるB級グルメだ。
レストランで出されたり、屋台でも売られている。

店舗:老北京門釘肉餅爆肚
住所:北京市東城区鼓楼区大街58号

出典:www.dianping.com

バオ・ドゥ

牛や羊の胃を使った炒め物。
北京に伝わる昔からの食べ物で、子供からお年寄りまで幅広い人気があるグルメ。
レストランより、大衆食堂で出されていることが多い。

店舗:王府井小吃街
住所:北京市東城区王府井大街277号王府井小吃街内

おできスープ

小麦粉をこねたものを小さな団子状にして、野菜を具にしたスープに入れている。
「おできスープ」だなんて奇妙な名前だが、食べてみるととても美味しい。
なお、スープも野菜から取ったものが多い。

店舗:呂氏疙瘩湯
住所:北京市朝陽区八里荘西里97号
ホームページ http://www.lscy.net/

出典:www.jia.com

北京ジャージャン麺

昔からずっと変わらない味のジャージャン麺。こってりとした肉みそを始めとする、色んな具材をトッピングして、麺とよく絡めて頂くと美味しい。
これも多くの人に愛される、美味しいグルメである。

店舗:老北京炸醤面大王
住所:北京市崇文区崇文門外大街西臨29号

出典:www.nuomi.com

北京肉まん

蒸篭(せいろ)を開けると、ふわっとした香りが立ち込め、外はもちもち、中はジューシーという特徴をもつ、北京肉まん。
北京には、長い歴史を持つ肉まんのお店がたくさんあり、国家主席も訪れたと言われている。

店舗:北京市慶豊包子舗
住所:北京市西安門店西城西安門大街85号

ラムしゃぶしゃぶ

中国では、涮涮锅(ショアンショアングオ)という名前を持つ、ラムしゃぶしゃぶ。
臭みの少ない羊の肉・ラムの薄切りは、お湯にくぐらせることでよい味になる。  
レストランに入ったら、みんなでワイワイ食べるのにふさわしい料理。

店舗:陽坊勝利涮羊肉
住所:北京市昌平区陽坊商業街中段
ホームページ http://yfslsyr.cn.china.cn/

豆腐脳

名前はちょっと奇妙だが、中国が誇るB級グルメである。
ふるふるとした豆腐に、とろみのある醤油味の餡をかけていて、地元の人が朝食によく食べている。

店舗:護国寺小吃店
住所:北京市西城区護国寺街93号護国寺小吃店

出典:www.nipic.com

北京小龍包

皮、具、作り方・・・どれもこだわり抜いている小龍包。口に入れると、美味しさが詰まった肉汁があふれ出す。
上海や台湾でも有名だが、北京に来ても食べておきたいグルメ。

店舗:鼎泰豊
住所:北京市朝陽区新源西里中街24号
ホームページ
http://www.dintaifung.com.cn/

出典:zt.bjwmb.gov.cn

棒餃子

最初は焼くのではなく、蒸して調理をしていたが、あまりにも時間がかかるので焼くことにした。そうすると人気グルメに生まれ変わった。
やっぱり餃子は焼いたものが美味しい。

店舗:鮮魚口美食街(北京鍋贴王)
住所:北京市东城区前門大街鲜魚口胡同

出典:m.55bbs.com

北京風モツ煮込み

豚の内臓を使った、北京風モツ煮込み。
時間をかけてじっくり柔らかくなるまで煮込んでいるので、北京グルメの代表と呼ばれる。ビールやお酒とも相性抜群である。
レストランの高級料理にはない味がふくよかにある。

店舗:護国寺小吃店
住所:北京市西城区護国寺街93号護国寺小吃店

出典:tieba.baidu.com

焼餅 (シャオピン)

外はサクサクしていて、中はジューシーという理想のローカルフード。
特に牛肉が入っているものが人気である。

店舗:北京李小老焼餅
住所:北京朝陽区常営民族家園1号内10-11号

店舗や屋台でも売られている、人気の中国スイーツ・甜品(ティエンピン)

出典:www.mafengwo.cn

栗の羊羹

日本でもなじみがある栗の羊羹は、北京でも人気だ。
栗味以外にもいろんな味の羊羹があり、淹れ立ての中国茶とも相性が良い。

店舗:護国寺小吃店
住所:北京市西城区護国寺街93号護国寺小吃店

出典:www.qunachi.com

艾窝窝 (アイウォウォ)

蒸したもち米で作る、中国の大福。
中にはあんこやナツメ、ピーナツやアーモンドと言った具材が入っていて、北京伝統の宮廷おやつでもある。

店舗:倣膳飯荘
住所:北京市西城区景山西街北海公園東門内

出典:www.qunachi.com

北京風あべかわ餅

平べったく伸ばしたお餅にあんこを塗って、渦巻き状に巻いてきな粉をまぶした、日本のものとは少し異なる北京風あべかわ餅。
食べると、何だか懐かしさを感じるようだ。

店舗:倣膳飯荘
住所:北京市西城区景山西街北海公園東門内

出典:www.ipeen.com.tw

白インゲン豆の餡包み

味から作りの形までこだわり抜いているので、料理人たちは17回も各国に招待され、技術を教えていた。小豆餡とは違うインゲン豆餡は、色だけではなく味も異なる。

店舗:倣膳飯荘
住所:北京市西城区景山西街北海公園東門内

北京バターケーキ揚げ

北京で人気の名物。バタークリームで小麦粉を練って生地を作り、油で揚げる。 
最後に砂糖をかけることが多いが、地方によってあんこを入れたり 肉を入れたりもする。

店舗:王府井小吃街
住所:北京市東城区王府井大街277号王府井小吃街内

糖葫芦 (タンフールー)

長い串に刺さった、サンザシやイチゴを始めとする果物の飴がけ。
果物の酸味と、外の飴の甘さがピッタリ調和して、北京の街角で売られている。


店舗:護国寺小吃店
住所:北京市西城区護国寺街93号護国寺小吃店

出典:blog.sina.cn

油条(ヨウティアオ)

お粥やスープなどのトッピングにも使う、中国では有名な棒状の揚げパン。
もちろん、そのまま食べても、蜂蜜などをかけて食べても十分に美味しい。

店舗:永和大王
住所:北京市毛家胡同甲13号北京駅内1-2号ビル
http://www.yonghe.com.cn

出典:news.china.com

豆浆(ドウジァン)

豆浆とは、日本でも親しまれている豆乳のことである。
中国や台湾では、豆乳はとても人気があり、そのまま飲んだりスープに使ったりする。
豆の濃厚な香りがしてくる飲料で、体にもよい。

店舗:永和大王
住所:北京市毛家胡同甲13号北京駅内1-2号ビル
http://www.yonghe.com.cn/

出典:food.sdchina.com

杏仁豆腐 (シンレンドーフー)

中華デザートの定番・杏仁豆腐。
アンズの種から取った柔らかい部分で風味をつけ、つるんとしていたり柔らかい食感に仕上げている。
レストランでこってりした食事を食べた後には、この杏仁豆腐で口をさっぱりさせたい。

店舗:三元梅園
住所:北京市朝陽区朝陽北路101号朝陽大悦城6階
ホームページ
http://www.sanyuan.com.cn/plum_garden/

麻花 (マーホア)

北京の伝統的な、ゴマ風味のグルメ菓子。 
小麦粉を三本ねじって、ゴマをまぶして油で揚げて作る。パリパリとした食感があって、お土産やお茶に最適。

店舗:護国寺小吃店
住所:北京市西城区護国寺街93号護国寺小吃店

出典:www.dianping.com

ヤマイモの大学芋風

日本の大学芋は甘いさつまいもを使うが、中国では本来すりおろして使う山芋を使っている。山芋のねっとりとした食感と飴の甘さ、香ばしさが調和している。
一部のレストランで提供されていることもある。

店舗:鴻賓楼
住所:北京市西城区展覧館路11号
ホームページ http://www.hongbinlou.com.cn/

出典:www.ddmeishi.com

沙琪玛 (シャーチーマー)

昔は北京宮廷の伝統的なお菓子だったが、現在では全国に広がって子供からお年寄りに人気がある。棒状にまとめた小麦粉を油で揚げて、飴で固めたもので、北京のほとんどのデパートやスーパーで購入することが可能。

店舗:デパートで購入可

出典:life.brtn.cn

クルミクッキー

これも北京の宮廷だけで親しまれてきたが、現在では全国に知られて特に子供に人気があり、お土産にも選ばれている。牛乳をつけて食べても美味しい。
北京のほとんどのデパートやスーパーで購入することが可能。

店舗:デパートで購入可

出典:www.citscq.com

焦圏(ジャオチュエン)

先ほど紹介した油条(イオウティアオ)に似ている揚げパンだが、焦圏は少し形が違う。
北京の人の朝ごはんに欠かせないもので、朝食の時間帯になると町の至るところで売っている。パリパリの食感を持ち、同じく先ほど紹介した豆腐脳と一緒に食べると最高である。

店舗:護国寺小吃店
住所:北京市西城区護国寺街93号護国寺小吃店

出典:mt.sohu.com

タングァ

正月には必ず食べる伝統的な飴・タングァ。
飴の中は空洞になっていて、噛んで食べると、パリパリした食感を楽しめる。 

店舗:護国寺小吃店
住所:北京市西城区護国寺街93号護国寺小吃店


よかったら「いいね!」もよろしく♪