カッティングシートを使って簡単お家をリフォーム!

カッティングシートを使って簡単お家をリフォーム!

家の内装がだいぶくたびれてきた・・・しかしリフォームするお金があまりない・・・そんな時は「カッティングシート」にお任せである。豊富な柄と色があって、使いたい場所に合わせて切って貼りつけるだけという手軽な方法で、家の中を簡単にリメイクできる。

見慣れた部屋の中や家具は「カッティングシート」でおしゃれにリメイク!

赤いチェック柄カッティングシートで、キッチンをプチリフォーム

女の子に人気がある、赤いチェック柄カッティングシートをキッチンの一部分に貼りつけた。すると同じ色の柄を纏っているキッチン用品を統一させているような感じがしてくる。切って貼るだけという簡単な作業なので、一人暮らしの女性にピッタリ。

引き出しの底に、カッティングシートを貼る

たくさんのバラが描かれたカッティングシートを、タンスの引き出しの底に貼りつけると、引き出しがまるでお花畑のように見える。古いタンスで悩んでいる方にもおすすめなリメイク方法。

色が異なる、木目調を引き出しの表面に貼る

茶色、アイボリー、黄土色、焦げ茶色などの木目調があるカッティングシートを、引き出しに貼りつけた。安く買った引き出しの家具も、アイデアを加えるだけで自分オリジナルにDIYできる。

カラフルな植物の柄と、白いレンガのカッティングシートを生かす

色鮮やかな植物の柄と白いレンガのカッティングシートを組み合わせて、見慣れたキッチンをリフォームした。こういう明るくてカラフルなキッチンなら、美味しい料理を作れそうである。

カラフルなストライプ柄のシートは、楽しい気分になりそう

縦縞模様のカラフルストライプだって、人気の柄に入る。この柄で部屋をリメイクすると、子供も大喜びしそうである。ストライプ模様のカッティングシートがない場合は、幅があるマスキングテープを使うとよい。

暖炉が、カッティングシートによってよりおしゃれに

火を灯して部屋を暖める暖炉も、レンガ模様のカッティングシートを加えることでよりよいインテリアに生まれ変わった。レンガが描かれたカッティングシートは、どんな場所でも非常に重宝する。

出典:www.x4duros.com

質素な灰色の引き出しも、カッティングシートで簡単に作れる

派手なものを望まない、けど家具を全くの別物にリメイクしたいという人は、質素なグレーのシートを使うとよい。引き出しの表面に貼ると、まるでコンクリートで覆ったような感じだ。

キッチンの吊り戸棚の扉をシートでリメイク

食料などをしまう、キッチンの吊り戸棚の扉がだいぶ汚れてきたら、単色や柄の付いたカッティングシートを貼るとよい。間近で見ない限り、カッティングシートが貼られているなんて気づかない。

出典:decor8blog.com

下から上に行くにつれて、色が薄くなっていく

引き出しタンスの表面を、単色のカッティングシートでリメイクした。一番下は濃いピンク色を貼って、上に行くにつれてだんだん薄くなっていく様子を表現した。カッティングシートは、ペンキよりもお手軽に使えるということがわかる。

黒のストライプとドット柄

黒のカッティングシートを線状や水玉模様に切って、洗濯機や乾燥機に貼りつけた。見慣れた洗濯機にちょっとした工夫を加えると、お店には売ってない自分だけのオリジナルができあがる。

複雑な模様で、キッチンの空気が変わった

素人で描くのは難しい、複雑な模様が描かれたカッティングシートは、是非ともプチリフォームに取り入れたい。飽きたら剥がして別のものに変えられるという特徴もありがたい。

かわいらしい、パステルカラーのピンクで統一

流し台や吊戸棚の扉、引き出しに、柔らかい印象のパステルカラーピンクシートを貼りつけた。すると、かわいらしい雰囲気のキッチンに生まれ変わった。キッチンが古くなってきて、見るのも嫌だという人は是非お試しあれ。

出典:thewhoot.com.au

外側は水玉模様、内側は黄緑の不思議な模様が付いた箱

大きな空き箱の外側と内側に、それぞれ異なる好みの柄のカッティングシートを貼りつけた。これだけリメイクしたら子供のおもちゃ箱にも最適。

本棚の背面だけにカッティングシートをあしらう

柄が描かれたカッティングシートを、本棚の背面だけに貼りつけた。この本棚には、おもちゃをディスプレイするのに使ってもよい。

食事を運ぶお盆にカッティングシートを貼る

食事を運んだりするお盆の底が汚くなって来たら、かわいい柄のカッティングシートでリフォームするとよい。これでわざわざ新しいものを買う必要はなくなった。

複数の柄のカッティングシートを正方形に切り、組み合わせて壁に貼りつけた

素敵なウォールデコレーションも、カッティングシートにお任せ。いくつかの異なる柄を正方形に切って、隙間なく長方形になるように貼り合わせるのがコツ。

単色と柄のシートを交互に組み合わせる

こちらは、1つの色と柄をそれぞれ交互に組み合わせている引き出し。このような素晴らしいデザインの引き出しタンスは、絶対に家具屋で見かけない。

黒のキャンバスに、白い線で絵を描く

黒板のように真黒なシートを貼りつけて、そこに白いポスカで好きな絵を描いていく。すると、手作り感があふれるような壁のリメイクができた。

出典:www.amazon.com

カッティングシートは黒板になっていて、1週間ごとの予定を書き込める

カッティングシートの中には、黒板になるような塗料が塗られているものもある。このシートは、チョークで文字を書き込めるので、予定ボードとして使える。

机の上の小さな引き出しにもひと工夫

机の上の引き出しの表面も、ひと工夫を加えることでこんなにおしゃれになる。全部を同じ柄で統一しても、それぞれ違う柄でまとめてもよい。

出典:rhumors.com

金色のストライプを纏った冷蔵庫

金色の横縞模様なんて、意外なデザインである。
これで冷蔵庫が、少し高級な印象になった。光が当たると美しく輝くのが最大の特徴。

出典:www.decoist.com

テーブルをよりおしゃれに

テーブルクロスとはまた違った味わいがある。カッティングシートのキッチン・ダイニングリフォーム方法は実に豊富である。

出典:www.bidinbd.com

簡易テーブルを、カッティングシートでよりおしゃれに

面積があまり広くない簡易テーブルに、好きな色や柄を貼りつける。すると、より素敵なテーブルにリメイクできた。

出典:www.popsugar.com

暖炉を覆うカバーも、カッティングシートでデコレーション

暖炉の口をふさぐカバーに、直角二等辺三角形を敷き詰めた柄を貼った。なおカバーを使う時は、火が完全に消えたことを確認して使うこと、

簡易な作りの台も、カッティングシートでリメイク

踏み台にもなる簡易な作りの台が平凡なら、カッティングシートでリメイクするとよい。こんなおしゃれな踏み台は、雑貨屋でも売られていない。

ものを入れておくトレイの底に敷く

よく使う重要なものを紛失しないために使うトレイにも、かわいさをプラスしたい。細かいピアスやネックレス、指輪などを置くアクセサリートレイとしても応用できる。

キッチンの仕切りを、黒板シートで覆った

キッチンとダイニングを仕切っている壁全体に、黒板シートを貼りつけた。もちろん黒い部分には、チョークで好きな模様や絵を描いてもよい。カッティングシートを貼って絵を描くだけで楽しい雰囲気のキッチンへ生まれ変わった。

椅子の背もたれの一部分にも、カッティングシートは使える

カッティングシートは、古くなった椅子のリメイクにも使える。背もたれの部分だけに貼るだけでも、十分におしゃれな作品に仕上がる。


よかったら「いいね!」もよろしく♪