メイソンジャーをペイントするとかわいいインテリアに!

メイソンジャーをペイントするとかわいいインテリアに!

海外を中心に人気を集めている「メイソンジャー」という広口ビンは、色を塗るだけで透明だった時とは違う感じにリメイクできる。塗り終わって乾燥させたら、花ビンやペン立てを始めとする色々な雑貨に応用して楽しめる。

内側、外側に好きな色を塗って楽しめる「メイソンジャーペイント」!

まずは、ビンの内側を好きな色で塗りつぶす

初歩的なメイソンジャーペイントは、取りあえず内側を好きな色で塗るという方法が挙げられる。
塗って乾かしたら、カラフルな花を生ける花びんにするとよい。

外側にペイントしても悪くない

内側の塗装とは、また違った雰囲気を持つ。
外側に塗装する場合は、ムラがないようにスプレー塗料を使うとよい。
メイソンジャーがない場合は、普通の広口ビンにグルーガンで文字や目盛りを付けたものを使っても構わない。

下に金のテープ、真ん中にイニシャルの文字を付ける

ただ色を塗って終わりではなく、真ん中に文字を描いたり下に金のテープを巻いてよりおしゃれにしている。繋ぎ合わせて、1つの単語を作っているのがまたよい。

パステルカラー調の塗料を塗って、白い花が映える花びんに

外側への塗装は、やはり柔らかい印象のパステルカラーが適している。
塗装して乾燥させた後は、白い花を生けるともっと素晴らしくなる。

横縞模様を塗って、ペン立てに

好きな色と白色を、交互に組み合わせて塗装した。そして、今回は花びんではなくペン立てに応用させた。ストライプ柄は、メイソンジャーペイントの重要な塗装方法と言える。

出典:putitinajar.com

虹のような、7つの色の花ビン

1つ1つに、色鮮やかな塗装を施している。
赤、オレンジ、黄色、緑色、青、紫の色が集まると、まるで虹を成しているように見える。

すりガラス風に塗装して、キャンドルホルダーにアレンジ

塗りたくない部分をマスキングテープで保護して、すりガラススプレーを吹き付けていく。
中に土台を敷いて、周りにリボンやコウモリ、クモのシールで飾ると、おしゃれなキャンドルホルダーになった。
すりガラスも、立派なメイソンジャーアレンジ方法と言える。

出典:www.etsy.com

水色に塗装して、ソープディスペンサーや綿棒入れなどに

洗面台周りをスッキリと整理したいなら、メイソンジャーを使ったリメイク用品にお任せ。
内側をすっきりとした水色で塗装して、フタにシャンプー用ノズルを取り付けたりあるいは外したりすることで、オリジナルの洗面台グッズができた。

アイボリー色に塗って、周りを帯で巻いた

まずはビン全体をアイボリー色で塗装して、乾いたら麻布の帯を巻いていく。
すると黄色い花を生けたくなるような花びんができあがった。
たくさん作って置いておくと、元気をもらえそう。

出典:www.lilyshop.com

金色に輝く、ゴージャスな花びん

まずは全体を金色で塗装して、次に底から2,3㎝の高さに接着剤を塗ってラメパウダーをまぶしていく。するとお店にはないオリジナルの高貴な感じになった。
光に当たると、黄金に輝く。

出典:stagetecture.com

麻ひもと革のタグを付けて

フタをつけて小物入れにする場合は、ただ色を塗るだけではなく、手作りのひも付きタグを結んでもよい。タグに、何が入っているか書いておくという手もある。

真っ白なかわいいウサギ

まずは内側を白一色で塗装して、次は外側に表情を描く。最後はフタも白く塗装してフエルトで耳を付けて完成。
色んな表情のウサギを作って揃えたい。

みずみずしい果物のような色を塗装

オレンジ、リンゴ、レモンなどの新鮮な果物のような明るい色を纏った。
フタにも色んな飾りを施して、より果実らしくしている。

真ん中に、大切な写真を貼りつける

大切な写真を貼りつけて、より自分らしい作品へとアレンジした。
思い出の写真は、1枚だけではなくデコパージュ風にするとよい。

3つ並べて、箱に入れて麦を飾る

これもなかなかおしゃれなディスプレイ。
白く塗ったビン3つを少し見えるように木箱に入れて、麦を飾った。
ちょっとヨーロッパ風の雰囲気が出ている。

アメリカンな感じのストライプ塗装

赤と白、青と白の縦縞模様だって、メイソンジャーペイントにぴったり。
星の形に切ったタグを飾ると、よりアメリカンらしくなる。

アンティーク感あふれる、フランス国旗を塗装

青、白、赤の3色を持つ、フランス国旗をあしらった。アンティーク調にするためには、塗り方にもひと工夫を加えるのがコツ。

3つ並べて、アメリカの星条旗になった

一番左は青色の背景に映える星、残り2つは赤と白のストライプが描かれている。
これはまさに、アメリカのシンボル・星条旗風にアレンジしていることが伝わる。
入れているものは、パーティーで使うストロー、フォーク、スプーンなどだ。

高さが異なるビンを3つ揃えて

高さ、塗装がそれぞれ異なるビンだって、花を生けてひとまとめにすれば全然違和感がない。

ハロウィンカボチャのようなペイント

ビン全体はオレンジ色、フタは緑色に塗装すると、ハロウィンカボチャのようなメイソンジャーにリメイクできた。
お化けカボチャの表情を描くと、よりハロウィンらしくなってくる。

動物のシルエットと、リボンを付ける

まず、好きな動物のシルエットに切ったマスキングテープを貼り、その上に好きな塗料を塗っていく。
乾いてマスキングテープを剥がすと、少しだけだが中身が見えるメイソンジャーにアレンジできた。

壁に飾るプランター

ペイントしたメイソンジャーは、植物を育てるプランターにも応用できる。
写真のように壁にフックを付けて、吊るしても大丈夫。

ラメパウダーを使って、若い人好みにリメイク

まばゆい輝きを放つラメパウダーを、接着剤を塗ったビンの内側にまぶした。
星のマスキングテープを貼ると、ラメだけよりもっとよくなる。

出典:addicted2diy.com

真ん中は州の星、両側は独立当時の州の数を示す

真ん中は大きくて、両側は一回り小さい。
そして、アメリカの国旗風の塗装をしている。
星の方は一旦全体を白く塗って、星型に切ったマスキングテープを張り、そこから青く塗装するという手がある。

ティッシュケースにも応用できる

細めのメイソンジャーを使ったアレンジ方法。
フタにティッシュが通るくらいの穴を空けて、中に箱から出したティッシュペーパーを詰めた。
すると、箱の状態では味わえなかったおしゃれなティッシュケースになった。

メイソンジャーに限らず、他の形状のビンにアレンジしても面白い

メイソンジャーだけではなく、おしゃれな形状のビンにも、絵の具ペイントは使える。
内側にムラなく塗って好きな草花を生けて、自分好みのアレンジにしたい。


よかったら「いいね!」もよろしく♪