赤ちゃんにおすすめなハンドメイドのおもちゃのまとめ

赤ちゃんにおすすめなハンドメイドのおもちゃのまとめ

0歳から2歳くらいまでの赤ちゃんに使わせる「おもちゃ」は、なんど不要なものをリサイクルして手作りするという方法が挙げられている。やっぱり手作りおもちゃは、お店で買うより安上がりで、赤ちゃんも大喜びしてくれるという特徴がある。

2016.3.25 UPDATE

CATEGORY

1

赤ちゃん向けおもちゃは手作りでOK!色んな工夫を凝らしたものがいっぱい!

ゆらゆら揺れる、ウォーターグローブ

小さめのペットボトルに、色とりどりの小物や、キラキラしている細かい手芸ボールを入れて、透明な水を注いだ。最後に内側に接着剤を塗ったキャップを占めると、傾けたりひっくり返して遊ぶウォーターグローブができあがった。ちなみに水に液体のりを入れると、中に入れたものがゆっくりと降りてくる。

出典:liagriffith.com

フェルトで作った野菜のプランター

あまり大きくないダンボール箱に綿などを敷き詰め、フェルトを塗って作った野菜を植えていった。これはまさに赤ちゃんや子供専用のプランターでもある。

カラフルな光をもたらす太陽

表情が付いている、もこもこした中心部の周りに、色んな色のリボンを折りたたんで縫い付けた。すると何だか虹の光を与えてくれそうな、素敵な太陽ができあがった。

かわいいものが詰まったマラカス

透明な容器に砂や古いお米、さらにはかわいいものを詰めて空かないように密封すると、シャカシャカ音が鳴るマラカスができあがった。ちなみにマラカスは赤ちゃんのおもちゃにもふさわしい。

口に加えても大丈夫な、ぬいぐるみ

もこもこした布生地を縫い合わせて、中に綿を詰めてユニークなキャラクターを作った。最後に、かわいい顔を付けてできあがり。もこもこした手触りは赤ちゃんが好む感触だ。

釣りセット

端切れを縫い合わせて、中に磁石にくっつくものを入れておく。そして棒にリールと先端に磁石を付けた糸を付けて、釣りざおを作る。すると、みんなで遊べる釣りセットが完成した。どれだけ釣れるか競争して遊べる。

ドーナツのような輪を使う輪投げ

これも、みんなで遊べる手作りおもちゃ。輪がドーナツの形をしていて、とても柔らかいので、輪自体でも赤ちゃんのおもちゃになる。そして輪を刺す部分もクッションみたいになっている。

握ったり、掴んだりするのを練習させる場所

赤ちゃんに、握ったりつかんだりすることを覚えさせておきたい時に、この手作りアイテムはありがたい。木の部分はDIYで簡単に作れて、掴む部分は100円ショップで材料を揃えて作れる。

3個か4個ぶら下げると、赤ちゃんは大喜び

先ほど紹介した作品に、3個か4個ぐらい握るものをぶら下げておくと、赤ちゃんは大喜びして、積極的に握る、掴むをマスターしてくれる。

出典:www.733blog.com

端切れで作ったウサギ

中途半端な端切れで作った、ユニークなウサギのぬいぐるみ。体だけではなく耳や手、足などにも綿を詰めておくと、より赤ちゃんにふさわしいアイテムになる。

ゆらゆら揺れる水槽

最初に紹介したウォーターグローブを、ちょっと応用させた。プラスチック製の透明な広口ビンに小石を敷き詰め、作りものの水草を設置し、重さがある魚の小物を沈めるとできあがり。

ベビーカーに付けておきたい蝶

またまた不要な端切れで作った作品。カワイイ2匹の蝶に、ひもとフックを付けておくと、ベビーカーの飾りになる。

男の子にあげたい、柔らかい飛行機

男の子が誕生した時に作ってあげたい、飛行機のぬいぐるみ。プロペラ部分は固定されていて、フェルトでできているので、より赤ちゃんにふさわしい。そして固いプラスチックの模型飛行機よりもっと安全である。

かぎ針編みで作ったフクロウ

かぎ針編みで作った、手のひらサイズのフクロウ。もちろん中に綿を詰めているので、握っても大丈夫である。

持ち運びもできる、人形の家

布で作った人形を遊ばせるのに使いたい、布製の人形の家。閉じる部分はマジックテープを使い、上の部分には持ち運びのための取っ手が付いている。そして全体が柔らかく仕上がっているのが特徴。

怪獣のしっぽ

立って歩くようになったら、布製の尻尾を付けてみてはいかがだろうか。ずるずる引きずったり、しっぽ同士をぶつけたりして楽しく遊べそうだ。これは男の子に喜ばれそうだ。

音がするレインスティック

ラップやアルミホイルの芯を繋ぎ合わせて、中に細かいものを入れて完全に密封する。そして側面はアルミホイルを貼りつけて、カラフルなフェルトでデコレーションしている。これなら赤ちゃんが大喜びしてくれそうだ。

すべてフェルトでできた、小さな畑

土、苗、そして野菜はすべて、フェルトでできている。これなら手を汚す心配もないし、将来、野菜栽培への意欲が湧いてきそうだ。もちろん野菜だけにとどまらず、花を植えてもよい。

お風呂の壁に使える絵の具

お風呂に入る時は、おもちゃで遊ぶことはもちろん、壁に自由にお絵かきできたらいいなと思う子供は多い。そんな時にありがたいのがこのお風呂の壁専用絵の具なのだ。絵の具は石鹸と同じ成分でできているので、シャワーで簡単に洗い流せる。

玉転がしゲーム

浅い空き箱の底に、仕切りの細い筒を迷路のように敷いて道を作る。そこに球を転がして、ゴールまでうまく転がせるようにする。

置物にもなるゾウ

立てて飾ることもできる、2匹のゾウ。2つの柄を組み合わせることで、とてもかわいいゾウができあがった、これなら赤ちゃんも喜んでくれそうである。

出典:www.1dogwoof.com

カラフルな輪と金魚

かぎ針編みを編んで作ったボールを繋ぎ合わせて輪にして、同じ方法で作った金魚と繋げた。これはベビーカーやベビーメリーに付けておきたい。

元気があふれてきそうな、ランチョンマットと太陽

離乳食を食べさせるのに使うランチョンマットは、やはりこのようなデザインが適している。そして太陽のマスコットも、何だか元気を与えてくれそうで赤ちゃんにピッタリだ。

知能を育む絵本

フェルトで作ったオリジナルの絵本は、赤ちゃんの知能を育んでくれること間違いなし。本の内容は、文字、数、英語、色、物の名前、あいさつ、動物、乗り物など、色んな種類が挙げられる。

出典:www.purlsoho.com

転がして遊ぶボール

コロコロと転がして遊ぶ、手作りの真ん丸なボール。中に鈴を入れると、音も楽しめるようになる。そしてバスケットボールやバレーボールのように固くないので、赤ちゃんが楽しく遊べそうだ。

壁にたくさんの遊び要素を付けて

壁に面積の大きい板を張り付けて、色々遊べるものを取り付けた。壁に遊びの要素を加えるなんて、なかなか素晴らしいアイデアである。ちなみにこの大きな板には、日曜大工のような遊びの要素も取り入れたい。

持ち運びもできる、人形の寝床

大切な人形を寝かせる寝床を、不要なもので作った。両端の部分に色んな帯を付けて、人形が落ちないようにしている。

空き缶をリメイク

もう捨てるしかない空き缶も、ちょっと工夫を加えるだけでこんなに立派なものになる。側面に包装紙を貼って、フタを取り付けて、物を差し込んだりマラカスにしたり、ひもを引っ張って遊ぶおもちゃにしたりしている。


よかったら「いいね!」もよろしく♪