毛糸をグルグルと絡ませて作るポンポンを使ったアレンジ作品!

毛糸をグルグルと絡ませて作るポンポンを使ったアレンジ作品!

セーターやマフラーなどを編むのに使う毛糸は、実は至って簡単な方法で丸いポンポンにできて、色んなものにアレンジできるということをご存じだろうか。できあがった作品はマスコットを始め、飾りなど幅広く使われている。

2017.9.1 UPDATE

1

毛糸ポンポンを使った手作り雑貨は、子どもにも受け入れられて超かわいい!

出典:weddbook.com

複数の色を組み合わせて

毛糸をグルグルときつく厚紙に巻いていき、当てはめた厚紙を引っこ抜いて、後はハサミで形を整えて作るのが、この毛糸のポンポン。単色でも十分にかわいいが、複数の色を組み合わせて作っても十分にかわいい。そしてできあがったポンポンは、ヘアゴムに付けたりマフラーに付けても全然構わない。

出典:yarnfix.com

コーンに盛られたアイスクリーム

茶色の画用紙で円錐型のコーンを作り、その上にポンポンを乗せてみると、まるでディッシャーで盛られたようなアイスクリームができあがった。色を変えればバニラ、チョコレート、ストロベリーなどの種類もできて、お店屋さんごっこだってできる。

円錐の帽子のてっぺんに付ける

子どものパーティーとかでよく使う、円錐型の帽子にワンポイントを加えたいなら、てっぺんの部分に毛糸ポンポンを付けてみるとよい。こうすることで市販の円錐帽子もかわいさが増して、オリジナル性があふれてきて、並べてみると立派な絵になる。

ラッピングにも使える

大切な人へ送るプレゼントのラッピングにも、毛糸のポンポンは十分にワンポイントとして使える。箱にまとめたプレゼントの上にちょっと盛り付けるだけでも見栄えがよくなってきて、相手に喜ばれること間違いなし。

出典:holicoffee.com

大小合わせてウサギに

灰色または白、黒、薄い茶色などの毛糸を大きいのと小さいのがあるポンポンにして、雪だるまのように繋げる。続いてそれを横にして、フェルトで耳を作って頭に貼りつけて、丸いビーズの目を付けると、こんなにかわいいウサギになった。

ふわふわのヒヨコ

こちらは、黄色やクリーム色の毛糸を使って作ったポンポンに、オレンジのフェルトで作ったくちばしや脚と、キョロキョロ動く手芸用の目玉を貼りつけて作ったひよこ。1個のポンポンでできるので、子供でも簡単に作れる。もちろん土台を白にしてトサカを付ければ、ニワトリにもなる。

冬にピッタリな雪だるま

寒い冬の風物詩・雪だるまだって白い毛糸のポンポンを使えば、簡単に作れる。上と下で大きさが異なっていて、下の部分にはボタンを、上の部分にはフェルトで作った表情やシルクハットを接着剤で付けると、飾っておきたくなる作品になった。

ペンにしてもOK

鉛筆やボールペンの後ろに付けておくだけでも、全然見栄えがよくなってくる。ちなみに直接つけるのではなく、鉛筆キャップを付けておくと、繰り返し使うことができて、各部分を大切に保管することもできる。なおこの文房具は、雑貨屋さんで売っても悪くない。

出典:amber-oliver.com

麦わら帽子にもよく合う

毛糸でできたポンポンは、てっきり冬にしか使えないと思っている人も多い。写真は夏のお出かけに被っていく麦わら帽子にリボンを巻き付けて、重なっている部分にポンポンをくっつけている。たったこれだけでも立派なワンポイントになるのが素晴らしい。

おとぎ話で出てくるきのこ

白くて小さいポンポンで軸を作り、大きくてカラフルなポンポンで笠の部分を作って合わせると、おとぎ話で出てきそうなかわいいきのこになった。そして笠の部分は少し白のまだら模様を付けると、よりメルヘンチックになって、飾りに使いたくなる。

出典:wanelo.co

バッグチャームに

これまで作ってきたカラフルなポンポンをひとまとめにして、カバンに付けておきたくなるバッグチャームを作った。ちなみに一番下のタッセル部分も毛糸で作っていて、よりポンポンを引き立てている。これならカバンに付けておいても全然悪くない。

2羽のフクロウ

私たちに知恵を与えてくれるという鳥・フクロウだって毛糸ポンポンにお任せである。顔と体を2色の毛糸で作って、モールで脚を作ると、いかにも木の上に立っていそうな感じに仕上がった。そしてこれは敬老の日のプレゼントにも使えそうである。

カップケーキにアレンジ

これはなかなか工夫を凝らした、リメイクアイデアと言える。お弁当などで使う紙のカップに少しラフにハサミでカットしたポンポンを乗せて、上にサクランボやイチゴに見立てた赤いビーズを乗せると、クリームでデコレーションしたカップケーキのようになる。

出典:catchmyparty.com

繋げてガーランドに

2色のポンポンを1本の長い毛糸に、交互に繋げてていくとこんなにかわいいガーランド風の飾りができた。ちなみにこれは赤と緑を交互に繋げてみると、クリスマスの立派な飾りになってくる。もちろんポンポンの間に紙で作ったサンタクロースなどを飾っても構わない。

正方形につなげて、マットに

100円ショップでも手に入る、色々なアレンジを楽しめそうな滑り止めマットに、凝れま作ってきたたくさんのポンポンを接着剤で貼っていく。するとお店では手に入らない、個性的なラグマットが完成する。もちろん縫物用の針や糸も使わないので、手芸が苦手な人にも最適。

カラフルでユニークなクリスマスリース

こちらも、大きさや色が異なる色んなポンポンを1つの輪にまとめて作った、なかなか秀逸な作品。そしてこれには所々にクリスマスツリーの飾り用ボールを貼りつけているので、クリスマスの時期に飾っても悪くないような、ユニークなデザインのリースになった。

1本の大樹

緑色の毛糸で、たくさんのポンポンを作って1本の枝にまとめる。すると公園や広場にあっても悪くないような、理想的な1本の大樹ができあがった。もちろんしっかりと立つように土台も付けて、飾っておくと、まるで家に緑の木を呼び入れたような感じになる。

真っ白なアザラシ

海の中にいて、水族館でも人気者になっているかわいいアザラシを、白い毛糸で表現した。白いフェルトでヒレを作り、黒い大粒のビーズで目を作って、鼻を描いた2つの小さな手芸用ボールを付けると、いかにももこもこふわふわしていそうな感じのアザラシになった。

ぬいぐるみみたいなパンダ

特大サイズの白いポンポンと、普通の大きさの黒いポンポンを写真のように組み合わせてみると、お店で売っても悪くない出来栄えのパンダができあがった。目と鼻はフェルトで作っていて、布を縫い合わせて綿を詰める必要もないので、子供に喜ばれそう。

出典:iwearabow.com

ヒツジちゃん&うさちゃん

白い毛糸とピンクの毛糸でポンポンを作り、後はフェルトで耳や表情を作って貼りつけていくだけで、女の子に喜ばれそうなこんなにかわいいポンポンができあがった。もちろんこれらはヘアゴムを付けて髪飾りにしても全然悪くない。

枝を付けてアリウムという花に

毛糸で作ってきたポンポンは、同じ級の形をしている「アリウム」というネギ科の花にすごく似ている。なので公園で拾った木の枝の先端に付けて、空き瓶の花瓶に生けてみると、十分にかわいさが映えてくる。


よかったら「いいね!」もよろしく♪