アイスの棒をたくさん集めて組み合わせるとこんなに素晴らしい雑貨に!

アイスの棒をたくさん集めて組み合わせるとこんなに素晴らしい雑貨に!

アイスクリームに付いてきた、手に持つための棒は大抵は捨てられることが多いが、たくさん集めて色を塗ったり組み合わせたりすると、立派な作品が作れるということをご存じだろうか。そしてアイスの棒は木でできているので、いかにもクラフトという感じが出てくる。

2017.9.1 UPDATE

1

とにかくカワイイ!アイスの棒で作った渾身の作品はこんなにある!

アメリカの国旗

まずは4本のアイスの棒を2本ずつに分けて、それぞれ赤一色と白一色に塗りつぶす。続いて、残りの4本の短い部分に青を塗って、残りを白または赤で塗りつぶす。最後に青い部分に白い星を描いて、並べてみると、アメリカのシンボルである星条旗が完成した。

出典:sites.google.com

フタつきの小物入れ

次は、アイスの棒だけを繋ぎ合わせて、土台、側面、フタを作って小物入れにした。釘を全く使わずに、接着剤だけで繋げていくので、小学生でも簡単にできる。もちろん棒は、絵の具で塗装しても全然大丈夫で、フタには取っ手を付けてもよい。

出典:flintobox.com

帆を持ついかだ

アイスの棒を並べて、交差するように貼りつけていって土台を作る。次に中心部分に穴を空けて赤く塗ったアイスの棒をしっかりと立てて、最後に紙で作った帆を付けると、海をすいすいと渡りそうなイカダができあがった。ちなみに帆の部分をラミネート加工すると、水に浮かべても大丈夫なおもちゃになる。

飾りが付いた星

こちらは、5本のアイスの棒を塗装して、柄を付けて星の形になるように組み合わせる。続いて先端部分に銀色の飾りを付けて、交差している部分にもちょっと飾りを付けると、クリスマスにぴったりな星の飾りができあがった。

正六角形のカゴ

下からどんどん、棒の長さが長くなってくるようにして、上から見ると正六角形になるように仕立て上げた、正六角形のカゴ。もちろんこれにも釘は全く使わず、接着剤で繋ぎ合わせるという感じに仕上げている。そしてここには、ミカンやお菓子などを入れておきたい。

動物の栞

1本の棒で作る、立派なしおり。しかも塗装して、動物の表情を作っているのだから、積極的に厚い本を読むのに使いたくなる。もちろん工夫を凝らしてみると、動物は写真以外にも色々作れて、読書に思いっきり役立つ。

冬の木と雪の結晶

これらは、冬の寒い時期に飾っておきたい立派な飾り。棒全体を水色に塗ってツリーや雪の結晶に繋ぎ合わせて、白いポスカで雪の結晶のマークを描いていく。完全に色や接着剤が乾いたら、上にひもを付けて飾りにするとよい。

ピアスを引っ掛ける場所

お出かけの時に着けたいフックピアスは、そこら辺に放っておくと紛失してしまうことが多い。それを解消するなら、アイスクリームの棒を繋ぎ合わせて、ピアス専用スタンドを作るとよい。色は塗らなくても、単色でも、カラフルにしても構わない。

便利なペン立て

机の上に置いておきたくなる、立派なペン立てだってアイスの棒にお任せ。土台の部分は棒を2段になるように隙間なく敷き詰めて、クリップを挟んだり消しゴムを置く場所も設ける。そして肝心のペン立ては、フタを取り外した細めの空き缶の周りに棒を貼りつけていく。

ネコが付いた栞

こちらは、ネコが大好きな方にぴったりな栞。棒には肉球を油性ペンで描いて、上はネコのシルエットに切ったフェルトにリボンを付けて、貼りつけている。たいして難しい方法も使われてないので、あまり手先が器用でない人にも簡単に作れる。

出典:www.flickr.com

羽を広げたクジャク

美しい羽を扇形に広げて相手を威嚇する鳥・クジャクも、アイスの棒に任せればこんなに簡単にできあがる。もちろん羽は最大の特徴の目玉模様が付いていて、扇形に広げられている。そしてこれは、幼稚園児の工作にも最適。

ユニークな写真立て

色んな色に塗ったアイスの棒を枠のように組み立てて、しっかりと立つように工夫すれば、思い出の写真を飾って置ける写真立てができあがった。そしてここには手芸用ポンポンで作ったマスコットなどのワンポイントを飾っておくと、もっとよくなる。

植物を育てるプランター

花を咲かせるものや、プチトマトやミニキャロット、枝豆などの野菜の苗、そして香りづけに使うバジルなどのハーブを育てるなら、土を詰めた缶の周りに棒を貼りつけるとよい。そして仕上げは幅があるリボンを巻き付けるとよい。

天使のオーナメント

イエス・キリストに従事して、聖なる象徴にもなっている天使のオーナメントが、アイスの棒で作れるなんて、なかなか素晴らしい。体と手と足の部分はアイスの棒、そして顔は大きめの木の玉、そして羽は白く塗ったレザー生地で作るのがコツ。

人形にピッタリなテーブル

シルバニアファミリーが有名な、小さな人形たちにピッタリなテーブルは、アイスの棒でしかできない作品と言える。しかも今回はテーブルだけではなく椅子も作っているので、より楽しくお人形遊びができるに違いない。

コースター

飲み物の下に敷くのに丁度よいコースターは、棒を正方形になるように上下合わせて繋ぐのがコツ。ちなみに繋ぐ時は正方形になるように組み立てて、上と下で向きを逆にするのがコツである。そしてさらにこれを発展させると、鍋敷きにもなる。

出典:noeyspapers.com

子どもにピッタリなパズル

アイスの棒を何本かまとめて。絵を描いていくと、子どもが遊ぶのに最適なパズルができあがった。もちろん使う絵柄は子どもに好まれそうなものを使っていて、棒の向きは縦にしても横にしてもOK。そして紛失しないように片付け用の箱も用意するとよい。

くるくる回る水車

6等分されている正六角形を2つ作って、大きな正三角形の土台とわりピンで繋ぎ合わせて、クルクル回るユニークな水車を作った。もちろん骨組みとなっているアイスの棒は色を塗っているので、組み合わせるとまるで虹が回転しているようにも見える。

ハートの枠

今度は、そのままの長さのアイスの棒と、少し短く切った棒を組み合わせて、ハート型の枠を作った。もちろん枠はそのままでも色を塗ってもOKで、同じ形状に切った写真や糸を絡ませても全然OKで、立派な飾りになってくれる。

理想的な家

全てをアイスの棒で作った、理想的な家。もちろん直方体になっている部分は空き箱を使ってしっかりと支えているが、アイスの棒でここまで素晴らしくできるなんて非常に驚きである。もちろん木の面をむき出しにしてもよいが、色を塗ってから組み合わせても構わない。

出典:www.babble.com

写真などを飾っておきたい画架(がか)

油絵を描いたりスケッチをする時に使う、角材を組み合わせた台・画架をアイスの棒だけで組み立てて、その上に写真や小さな絵を置くと、斬新な写真立てになった。もちろんこれだって、接着材だけで繋ぎ合わせていて、釘などは一切使わない。


よかったら「いいね!」もよろしく♪