ポスターを立派に飾るフレーム・額縁を自作でDIY!

ポスターを立派に飾るフレーム・額縁を自作でDIY!

色んなデザインがあるポスターはそのまま壁に飾っても構わないが、自分でフレーム/額縁を作って取り付けるという手もある。そして額縁によってポスターはより見栄えがよくなって、いつまでも飾っておきたくなるに違いない。

ポスターをより立派に見せる、アイデアいっぱいのDIYフレーム・額縁!

細い木のフレーム

ポスターを収める枠を作りたいなら、細い木のフレームを使うとよい。これによってたった1枚のポスターの見栄えがよくなって、部屋のインテリアにもなる。

出典:society6.com

掛け軸のようなアレンジ

今度は上下に細い木の板を張り付けて、上にひもを付けて壁に飾る。すると和室に飾っておく、習字の掛け軸のようなポスターへと生まれ変わった。

スキー板のような木材を繋ぎ合わせる

今度は幅があって、厚さが1cmくらいの板を長方形になるように繋ぎ合わせて、縦長のポスターを収めた。3種類異なる柄を貼りつけると、見栄えが非常によくなる。

厚さを出している

今度は角材を立てるように組み合わせて、厚さを出した。たまには向きを変えて違う印象にするというのも悪くない。

2つで1つ

合同な大きさ、形状の枠を作って、繋げると1つの絵になるポスターを収めた。これなら大きなポスターだって、部屋のインテリアとして生まれ変わる。

範囲がとても大きい

心を込めて描いた、渾身の作品のポスターを貼りつけるなら、やっぱり手作りの額縁を使いたい。しかも今回は、大がかりな面積になっているのも特徴。

白くて幅がある額縁

今度は十分に幅がある、白い額縁を作ってポスターを貼りつけた。ちなみに額縁は、ポスターと白い紙を貼りつけて、ラミネートで加工するという手もある。

水色で染める

今度は木の枠を、水色一色で塗装した。中には板に描いたポスターを取り付けていて、より見栄えをよくしている。もちろん範囲を大きくして、それに見合う大きさのポスターを飾っても構わない。

風景のポスターにもピッタリ

自分で作り上げた、風景を表明したポスターにも額縁は適している。やっぱり作品を立派に見せるには、それにぴったりな額縁が欠かせない。もちろん肖像画や大きくした写真にも適している。

ガラスに貼りつける

無色透明のガラスに通して、飾り付けた。ガラスは光を通したり反射するので、木の時とは違った印象がある。もちろんそこにポスターを飾っても、美しさが際立ってくる。

壁紙が額縁になっている

てっきり、写真の周りの白くて細い長方形が額縁に見えるが、周りのバラの壁紙が額縁に見える。しかしどちらも中に収めたポスターや写真を十分に引き立てているのがわかる。

出典:build-basic.com

小さいサイズでもOK

こちらは、小さいサイズのポスターなら立てておくこともできる額縁。初心者でも簡単に作れて、お好みで好きな飾りをぺたぺた飾り付けても構わない。そしてここには思い出の写真や手紙を飾ることもできる。

ドライフラワーを飾る

今度は、先ほどと同じような小さいサイズの額縁に、ドライフラワーや紙で作った花を飾り付けた。額縁の色を白にすると、十分に花の美しさが引き立ってくる。

4隅を金色に塗装

またまた、市販の額縁に手を加えた。今度は塗りたくない部分をマスキングテープで覆って、金色の絵の具を四隅に塗った。少しの金色で、中に収めた絵が十分に引き立ってくる。

大自然のポスターにふさわしい

マホガニー材を使って大きな範囲の額縁を作り、大自然や街並みの雄大な様子を表したポスターを貼りつけた。これでますます部屋の空間がよくなってきた。

部屋のインテリアとよく馴染んでいる

各ぶちに入れて飾り付けたポスターは、部屋のインテリアともよく馴染んでいることが伝わってくる。もちろんポスターの面積は、うんと広いものがよい。

1列になっている

同じ大きさ、同じ色の額縁を作って、上にひもを通す。あとはそれぞれ異なるお気に入りの写真やポスターを飾って、廊下の壁に飾ると、廊下の見栄えが何もない時よりよくなった。

古ぼけた地図もこんなに立派に

だいぶ古ぼけた地図は、新品の地図より味わいがあるので、手作りした専用の額縁やホルダーを使って飾りたいものである。ちなみに今回は、上下だけに板を取り付けている。

板を繋ぎ合わせて

程よい長さに切った板をつなぎ合わせて、色を塗ってクリップを付けた。これだけでも立派なクリップボードになって、写真を飾ることができる。もちろん上にひもを付けておくと、壁に飾ることだってできる。

上から中身を入れられるようになっている

上に空洞を空けて、上から中身の写真を入れられるようになっている額縁。たまにはこのようなちょっとした工夫を取り入れてみても、全然悪くない。そして変えたい時もすぐに変えられる特徴もある。

出典:www.kenarry.com

アメリカ合衆国の地図が、おしゃれなインテリアに

州が50個もある、アメリカ合衆国の大きな地図の上下に、少し細めの木の角材を取り付けて、壁にかけた。これだけでも十分に見栄えがよくなって、空間をおしゃれにしてくれる。

分厚い木の板に張り付ける

少し分厚い木の板に合わせてポスターや写真を切って、ペタッと張り合わせる。あとはいつも通り壁に飾ってみると、まるで油絵のキャンバスのような感じになった。

絵を飾る市販の額縁でもOK

油絵などで作った絵画を貼りつけるなら、市販の額縁でも全然OK。それにあれこれ色を塗ったり、ガーランドや花などで飾りつけをすると、ますます収めたポスターは引き立ってくる。

出典:ashadeofteal.com

まるで木の箱みたい

一見木の箱のようにも見えるが、これだって立派な額縁なのだ。木材を立てて組み合わせて高さを出すことで、机の上などに立てておくこともできる。

キャンバスのように貼りつける

パソコンなどを使って、自分で作った文字だけのポスターは、そのまま貼ってもよいがやっぱり厚みのあるキャンバスを使ってアピールしたい。そして白い背景にカラフルな文字が目立っている。

やっぱり額縁があると、絵は引き立つ

水彩絵の具、色鉛筆、油絵の具、パソコンで描いた絵やポスターは、額縁に収めることで引き立ってくる。そしてこれらは金具を付けて壁に飾ってもOK。

大きい枠と小さい枠を交互に

正方形に整えた、大きい額縁と小さい額を交互に並べて飾り付けるだけでも印象は出てくる。

キャンバス自体がポスター

正方形に切った板にマスキングテープを張り付けて、絵の具を塗っていくだけでも、キャンバスを兼ねたポスターができあがった。


よかったら「いいね!」もよろしく♪