十字架を使ったDIYオーナメント!クロスデザインのアクセサリー

十字架を使ったDIYオーナメント!クロスデザインのアクセサリー

「十字架」は、アクセサリーのモチーフにも取り入れられて、聖なる印として知られている。これは木材や粘土で簡単に作れて、神聖なるオーナメントに生かすこともできる。

神聖な雰囲気が伝わる、十字架を使った数々のオーナメント!

中に人工芝を詰め込んで、立てる

同じ幅で、1cmくらいの厚さがある板を組み立てて十字架の枠を作り、その中に人工芝を埋め込む。あとは同じ板で作った土台を付けると、緑の神聖な十字架の置物になった。

伸ばした粘土に、十字架の窪みを付ける

次は板を使わずに、麺棒で伸ばした粘土を使って作っている。右下には十字架のレリーフが彫られていて、上にはひもを通す穴が開いているので、プレゼントに添えるチャームになっている。

スタンプを押して、アクセサリーに

オーブンで焼くとプラスチックのような質感になる、オーブンクレイと呼ばれる粘土を十字架のように切って、スタンプを押して模様を付けていくと、ひもを通してアクセサリーにできるモチーフになった。

家具で使われていた棒を交差させる

洋服かけに使われていた、凝ったデザインが込められている棒を交差させても、立派な十字架が作れる。土台は多肉植物を植えた鉢植えになっていて、神聖な白い布もかかっているのも特徴。

出典:www.etsy.com

もう使わない端材で作る

もう使い道なんてない、中途半端な木材を交差させて十字架モチーフを作っても構わない。こんなに小さくても、きちんとした神聖なお守りになってくれそうな感じがする。

出典:www.etsy.com

シルバークレイアクセサリー

形状が違う2つの十字架を、シルバークレイアクセサリーで使う銀粘土で作った。焼いた後、ブラシと研磨剤で丁寧に磨き上げると、プラチナのように輝く逸品になった。

壁にかけるだけでもおしゃれ

手作りの十字架は、壁に掛けておくだけでもなかなかオシャレで、家の中が清らかな雰囲気に包まれる。これはカトリック系のミッションスクールに通うお子さんがいる家庭にもピッタリである。

出典:weheartit.com

表面や側面をやすりで削る

石粉粘土で作った十字架は、表面や角の部分をやすりで丁寧に磨くことを忘れずに。こうすることで、よりお店で作ったような出来栄えになってくる。

出典:www.etsy.com

絵を刻み込む

粘土でできた十字架がまだ柔らかいうちにしておきたいのが、竹串を使って絵を描くことである。完全に乾いたら柄には竹串で色を塗っておいて、上にはリボンを飾るのがコツ。

板の上に飾り付ける

これらは全て、捨てるだけの廃材で作っている。同じ幅の板を繋ぎ合わせて土台を作り、茶色い板を交差させて十字架を作って飾り、横にメッセージを添えるだけでDIYらしい飾りになる。

枝のリースの上に飾る

廃材となった角材を繋ぎ合わせて十字架を作り、枝を絡ませて作ったリースの上に飾りつけ、仕上げに長い葉っぱを飾り付けると、いかにも神聖そうな十字架の立派な飾りができあがった。

メッセージを書いた板に飾る

3色の板を組み合わせて作った土台には、廃材で作った十字架が飾られている。そして左の開いている部分には、黒い絵の具でメッセージを書き込んでも全然構わない。

出典:www.etsy.com

他のパーツと組み合わせて、チェーンを付ける

粘土で作った十字架のモチーフには、チェーンなどを通せる金具が埋め込まれている。そしてそのチェーンには、市販のアクセサリーパーツを通していて、ますますアクセサリーらしくなっている。

彫った部分はそのまま

粘土がまだ柔らかい状態でスタンプを押したり、乾いて固くなってからルーターで削って模様を付けている。もちろん模様以外にはきちんと色を塗装して、立派な飾りにしている。

ブレスレットのチャームに

粘土で作った小さな十字架は、丹念に編んで作ったブレスレットのチャームとして使っても構わない。十字架によってブレスレットに、神聖な力が加わったと実感する。

出典:weheartit.com

かわいい雰囲気

今度は板を交差させず、糸のこぎりで切って十字架を作っている。その表面に色鉛筆で塗装をして、マークなどを書き込んみると、かわいいアクセサリーを売るお店に置かれていそうな作品になった。

針金を曲げる

一見、硬い金属でできている既製品の十字架のように見えるが、実はこれは銅色の針金を曲げて作っている。そして平べったくなっている部分は金槌でバンバンと打って作っているのだ。

五寸釘を組み合わせて

今度は通常の釘よりも長くて太い、五寸釘を交差させて作っている。釘の質感によって十字架はユニークな作品に仕上がっているのがわかる。

ひもをグルグルと巻き付ける

粘土あるいは木材で作った、直方体のような十字架に、グルグルとカラフルなひもを巻き付けてアレンジした。ちなみに巻き付けるものはひもだけではなく、刺繍糸でも全然構わない。

流木を寄せ集める

こちらは、海辺に転がっていた流木をたくさん集めて、グルーガンで繋ぎ合わせて作った大きい十字架。中心部分には既製品の飾りを取り付けると、廃材から作ったとは思えない出来栄えになっている。

神聖な飾りを付ける

こちらは、クリスマスの時に飾りたい十字架の置物。使う板はかなり年季が入っていて、いかにも十字架らしい雰囲気が出ているのは、しっかり支えている土台と中心についている飾りのおかげである。

出典:picmia.com

細い枝を束ねる

公園で拾ったたくさんの細い枝を束ねて、十字架を作り、中心にキリスト教で親しまれているユリの花を飾っている。これもクリスマスの時に十分に使えること間違いなし。

英字新聞で作る

英語の文章がびっしりと書かれた英字新聞を使って、作っている。繋ぎ合わせている部分は交差させたアサヒモによって成り立っているのが特徴。

出典:www.etsy.com

大きさ、デザインが異なる十字架を重ねる

板またはダンボールを十字架の形に切って、一番大きな十字架、デザイン性がある2つの十字架を作って、重ねて組み合わせている。中心部分にはひもが付いた花飾りが付けられているのが特徴。

出典:www.etsy.com

麻布で縛り付ける

表面が独特の質感になっている、長方形の板を麻布で縛り付けて作っている。これも廃材から作られていて、壁に飾るといかにも神聖な感じが伝わってくるのがわかる。

出典:www.etsy.com

かわいいチャーム

小さな正方形に切った粘土に、十字架のレリーフを刻み込む。そして完全に乾かしたら十字架部分に色を塗って、全体をやすりがけすると、ピアスやアクセサリーに使えそうな立派なチャームができあがった。

出典:www.etsy.com

流木を組み合わせて、ヒトデを飾る

こちらも拾った流木を組み合わせて作っているが、今度は中心部分にヒトデを飾っているのが特徴である。これはまさに海の十字架と言っていいくらいだ。

鋲で打ち付ける

鋲を打ち込んで、立派な十字架を組み立てた。鋲の部分は飾りとしても使えるということをアピールしているのがわかる。


よかったら「いいね!」もよろしく♪