刺繍の模様が付いた手作りのかわいい雑貨や小物!

刺繍の模様が付いた手作りのかわいい雑貨や小物!

色とりどりの刺繍糸が織り成す模様が付いた布は、手作り雑貨に十分に生かせる。そして作った作品はどれも日常で使えて、商品として販売しても全然悪くない出来栄えなので、多くの人を惹きつけている。

2017.9.1 UPDATE

2

刺繍を生かした、ハンドメイドの雑貨・小物を大紹介!

がま口

刺繍で作った1つのワンポイント縫い合わせて、専用の金具を付けると、小銭を入れるのにピッタリながま口財布ができあがった。これはたくさん作っておくと、バザーやフリーマーケットで売れるに違いない。

出典:www.etsy.com

タペストリー

端を大きなV字にした布に、カラフルな花の刺繍を縫い付けていくと、小さいけれど十分に壁を飾れるタペストリーになった。なお、布地に刻み込む絵柄は他にも色々とある。

リボンバレッタ

中に綿を詰めてぷっくりとさせた、小さなリボンバレッタには小さな刺繍の模様が付けられている。これは女の子の髪の毛をまとめた時のワンポイントとして使えそうだ。

不思議の国のアリスをイメージした壁飾り

最初の方で出てくるウサギ、そしてアリスの衣装を代表する水色のスカートを刺繍で円形の枠に表現して、それぞれをチェーンで繋げて周りをポンポンで飾りつけると、いかにも手芸らしい作品になった。

出典:www.kireei.com

頭文字が花でできている名前

今度は自分の名前を刺繍で表現したが、一番最初の大文字の部分はカラフルで小さい花が集まってできている。これもまさしく刺繍でしか出せない表現となっている。

ペンダントにもなるがま口

今度は小さな天然石を入れるのにぴったりな、小さながま口になっている。その表面には刺繍で模様が付けられていて、しかも今回はチェーンを付けてペンダントにすることだってできるのだ。

子どもが喜びそうなデザイン

柔らかい色合いの刺繍糸で、こんなにかわいい子ども向けのデザインを縫い付けた。そして今回は、刺繍枠もパステルカラーで塗装していてより統一感が出ている。

出典:weheartit.com

ペンケース

筆記用具を入れておく布製のペンケースには、刺繍でのメッセージを刻み込んでおくとよい。なおメッセージは、受験やテストの時に励みになるような言葉だとなお嬉しい。

ブックカバー

今読んでいる小説の本や日記帳にかけるブックカバーにも、刺繍の飾りを付けておくとよい。写真は季節の花となっていて、より中に収めた本を上品に仕立て上げてくれるのが伝わってくる。

出典:www.etsy.com

花に水を与えている様子

白い背景には、女の子が花に水を与えている様子が現れている。使っている糸は白によく映えるような鮮やかな色になっていて、全体的にかわいい表現が取り入れられているのが特徴。

ピンクッション

綿を詰めて縫い合わせる前の布切れに、刺繍できれいな模様を付けてそこから綿を詰めてぬい合わせると、マチ針や縫い針を刺しておけるピンクッションができあがった。

出典:www.minkikim.com

正六角形のコースター

白いフェルトを正六角形に切って、そこに刺繍で作ったかわいい絵柄をあしらう。すると、喫茶店で出しても悪くないような、おしゃれなコースターができあがった。

手帳カバーとコンパクトミラー

3つ折りになっている手帳カバーと、化粧直しに使うコンパクトミラーには、それぞれ同じ柄の刺繍模様が縫い付けられている。これだけできがよければ、お店に販売しても全然悪くない。

男性でも使えそうな手帳カバー

黒い布で作った手帳カバーには、白い糸で作った直線で構成されている模様が縫い付けられている。黒と白の対照的な色遣いと、シンプルなデザインによって、男性でも使われそうな出来栄えになっている。

カメラのピンクッション

アイコンのようにかわいいカメラの絵柄を刺繍して、マチ針などを刺しておくピンクッションを作った。そしてこれは端っこにキーホルダー金具を通す部分を付けておくと、キーホルダーにもなる。

出典:www.craftsy.com

カップケーキの刺繍付きコースター

小さな正方形に切った布には、カラフルな刺繍糸でクリームを盛りつけたカップケーキが縫い付けられている。そしてそれを一回り大きい柄のある布に縫い合わせると、立派なコースターになった。

クロスステッチのゾウのピンクッション

刺繍糸を交差させたものを集めて模様を作る、クロスステッチを取り入れても構わない。今回は麻布にゾウの絵柄を描いていき、立派なピンクッションを作り上げている。

くるみボタン

好きな絵柄の半端な布で作れる「くるみボタン」に使う布にも、刺繍でのワンポイントを付け加えておきたい。これはまさにくるみボタンにひと手間をかけているようにも感じる。

ゼムクリップをリメイク

書類を束ねるのに使う、大きなゼムクリップに刺繍で柄を付けたフェルトを付けておくと、雑貨屋さんで置かれていそうなゼムクリップに仕上がった。これで書類を心置きなく束ねることができる。

クロスステッチのキーホルダー

今度はクロスステッチで、サトウカエデの葉っぱを構成している。そしてそれは綿を詰めてキーホルダーにしている。これだけできがよければ、お店で販売しても全然構わない。

出典:weheartit.com

ランチョンマット

食事を乗せる時に使うランチョンマットをおしゃれにしたい時は、是非とも刺繍でワンポイントを付けるとよい。さらに応用させると、テーブルクロスにも最適である。

クロスステッチの気球

今度はカラフルな糸とクロスステッチで、空に浮かび上がる気球を作り上げた。そして今回は、金具にはめて、キーホルダーに仕立てあげているというのが特徴である。

額縁付きのピンクッション

今度は綿を入れて膨らませて、アンティーク調の金具に収めてピンクッションに仕上げている。ちなみにこれは後ろにブローチピンを付けると、立派なブローチになりそうである。

出典:www.etsy.com

大きく刺繍して、クッションに

正方形に切った無地の布に、茶色と緑の刺繍で木を思いっきり描き、ミシンで縫い合わせて袋状にして綿を詰めると、ソファーやベッドの上に置いておきたいシンプルなクッションになった。

出典:www.etsy.com

トナカイのシルエットを飾る

枠の中には黒い布で作ったトナカイのシルエットがあるが、刺繍による花の飾りがついていて、よりおしゃれになっているのがわかる。これは山小屋に飾っておきたい。

出典:weheartit.com

ハンカチのワンポイント

毎日持ち歩いていたいシンプルなハンカチも、刺繍のワンポイントを加えると、なかなか素晴らしいものへと生まれ変わる。そしてワンポイントをアピールするようにたたんでおくのも忘れずに。

バレッタにアレンジ

刺繍で小さな模様をあしらったボタンは、4つまとめてバレッタ金具に付けるとよい。これは髪を束ねるのに使うと、なおさらよい。

クリスマスにふさわしい作品

灰色がかった麻布に、赤と緑色の刺繍糸によるクリスマス風の絵柄を縫い付けた。できあがったら額縁に入れて、壁に飾ったり立てておくとよい。

出典:www.ebay.co.uk

すっぽり収まるスマホケース

布を縫い合わせて1から手作りしたスマホケースに、かわいい刺繍の模様を付けた。仕上げに中身が飛び出ないように押さえておくと、もっとよくなる。


よかったら「いいね!」もよろしく♪