かわいすぎる!羊毛フェルトを絡ませて作ったハムスター/マウス!

かわいすぎる!羊毛フェルトを絡ませて作ったハムスター/マウス!

今度の羊毛フェルト作品は、手のひらに乗せて愛でたくなるような小動物・ハムスター/マウス(ネズミ)をテーマとしている。これらは心を込めて丁寧に作ってみると、今にも動き出しそうな雰囲気と、かわいらしさが詰まった作品に仕上がる。

2017.9.4 UPDATE

CATEGORY

1

工夫次第で今にも動き出しそうな、羊毛フェルトのハムスター!

出典:www.etsy.com

円錐の帽子とフリルの襟を付けて

まずは白と薄い茶色の羊毛フェルトを使ってハムスターを作り、続いて布を円錐に巻いて作った帽子や、布を輪のようにまとめた、フリルの襟を首に巻いてあげると、まるでサーカスにいそうなハムスターになった。

出典:www.feltify.com

寒い冬はこうやって過ごす

寒い冬が来ても、本体と同じように羊毛フェルトで作った帽子やマフラーを着せてあげると、よりかわいさが増して暖かそうな雰囲気が出てくる。ちなみにマフラーと帽子は同じ色で統一するとよい。

出典:www.feltify.com

とにかくかわいすぎる

モコモコした羊毛フェルトで作ったハムスターは、とにかくかわいいという第一印象が秘められている。そして表現している仕草が加わることによって、より愛おしい逸品にもなるのだ。

出典:www.etsy.com

好物のヒマワリの種を持って

こちらは、ハムスターの大好物であるヒマワリの種を持っている。そしてハムスター自体はヒマワリの種をたくさん食べて、頬袋が膨らんでいる様子が表現されているのもよくわかる。

出典:www.etsy.com

平凡な表情

糸で作った点になっている目と、鼻と繋がっている口が十分に馴染んでいて、よりかわいいハムスターを作り上げている。そして形状はだるまのような形になっているので、より女の子に親しまれそう。

手のひらに乗せたり、箱に入れたり

こちらは、本物のハムスターと間違えてしまいそうなくらいにかわいく仕上がっていて、紙で作った箱に入れたり、手のひらに乗せて愛でたくなる。ハムスター自体は色んな種類があるので、バリエーションも豊富にある。

まるで球みたい

こちらは、まるで直径の小さなボールみたいな形状になっている。やはり丸みを帯びていたり、小さくなっていると、よりかわいらしさが出てきて、マスコットなどに応用させたくなる。

出典:www.ebay.com

チーズを持っている

手に持っているものは、ネズミ及びハムスターが好む、チーズである。もちろんチーズだって羊毛フェルトで作られていて、ハムスター自体としっくり馴染んでいることに変わりはない。

お買い物をしている

市場へお買い物に出て、食料を買い込んでいる女の子ハムスターを表現した。首には羊毛フェルトで作ったスカーフが巻かれていて、エプロンには買ったニンジンが収められている。

ストラップに加工

今まで紹介してきた、羊毛フェルト製のかわいいハムスターは、そのまま飾っても構わないが、写真のようにキーホルダーやストラップに加工してもOKである。その時は頭に接着剤を塗った9ピンを差し込むとよい。

切り株の上に置いて

今度は普通の茶色いフェルトと、クリーム色の羊毛フェルトで作った切り株の上にちょこんと乗せた。これだけでもハムスターが持つかわいさが際立ってきて、1個だけではなく複数個作っておきたい。

出典:www.flickr.com

編んで作ったマットの上に置く

こちらは、丹念に編んで作ったマットの上に乗せている。中には円錐の側面状になっているものもあるので、よりハムスターがかわいく見えている。そしてこれだけかわいければ写真に収めておきたい。

出典:www.flickr.com

トウモロコシを持って

今度は、畑から収穫したトウモロコシを大切そうに持っている。ちなみにトウモロコシは黄色い実がむき出しになるように作られていて、持たせたハムスターの見栄えをかなりよくしているのがわかる。

羊毛フェルト製の、絵本の世界に登場しそうな、すっごくかわいいマウス!

おじいさんマウス

おとぎ話の世界に出てきそうな、老齢のおじいさんネズミを羊毛フェルトで作り上げた。体はもちろん、来ている服やかけているメガネを忠実に再現して、いかにも動き出しそうな感じに仕上げているのがわかる。

出典:www.etsy.com

帽子とポシェットを持って

こちらもお話の世界に登場しそうな、かわいいネズミ。頭には耳が出るような帽子が付けられていて、肩には普通のフェルトで作り上げたポシェットが付けられているのが特徴である。

大切な穀物が入った袋を持っている

こちらは毛糸で編んだ袋に詰めた穀物を、大切そうに持っている。しかもこのネズミは足に靴が履かされていて、いかにも畑で穀物を収穫したという実感が滲み出ている。

只今、編み物中

今度は、棒を使って丹念に編み物をしている様子を表現した。しかもこのネズミは頭に毛糸で作ったポンポンが置かれていて、編んでいるものは細い毛糸を絡ませて作っているというのが特徴である。

出典:www.etsy.com

地図を広げて冒険に出かける

縮小コピーした地図を広げて、これからどこへ探検に行こうか検討しているネズミを表現した。もちろん服装は探検にふさわしいものになっていて、必要なものが詰まったリュックも背負っているのも特徴である。

出典:www.flickr.com

カップに収まっている

4匹の小さなネズミが、同じく羊毛フェルトで作られたカップに収められている。ぎゅうぎゅうした感じがまたかわいさを出していて、下には同じく編んで作ったマットが敷かれているのも特徴。

出典:www.flickr.com

1匹1匹袋の中へ

たくさん作られたネズミたちは、1匹1匹袋の中に収められている。ちなみに袋は不要になった布をミシンで縫い合わせて、少し膨らんでいるように作られているので、中に入れたネズミがよりかわいく見えている。

出典:weheartit.com

ハートを持っている

こちらは、パステルカラーのハートを持っているネズミ。もちろんこのハートだって羊毛フェルトで作られていて、ネズミとしっくり馴染んでいるのが特徴である。そしてこれは、相手に愛情を伝えられそう。

暖かなコートを着て

こちらも、寒い冬にピッタリなデザインとなっている。今度は羊毛フェルトで作ったいかにも暖かそうなコートを着ていて、温もりに満ち溢れているのがわかる。

出典:weheartit.com

片手にはぬいぐるみ、もう片手にはティーカップ

まるで命が吹き込まれたかのような、素晴らしい出来栄えになっている。そしてこのネズミの片手にはティーカップ、もう片方にはクマのぬいぐるみが置かれている。ちなみにカップはミニチュアの既製品で、ぬいぐるみは羊毛フェルトで作った。

出典:www.etsy.com

全身がとにかく温かそう

細長い手足が出ている衣類は、1から丁寧に編んで作られた。しかも今回は帽子も同じように編んで作っているので、寒い冬をこうやって過ごして、乗り切っているということがうかがえる。

出典:weheartit.com

キノコを持っている

今度はおとぎ話の世界で出てきそうな、赤くてかわいいキノコを大切に持ち歩いている。もちろんきのこだってネズミと同様に羊毛フェルトでできていて、実に愛くるしいという感じが出ている。

針金を付けたハートを持っている

今までや羊毛フェルトで作った小物を持たせていたが、今度は針金を付けた粘土製の小さなハートを持たせている。ちなみに先端部分はハートだけにとどまらず、風船の形にしても全然構わない。


よかったら「いいね!」もよろしく♪