見ているだけで心が癒される花の標本・ハーバリウムには魅力がいっぱい!

見ているだけで心が癒される花の標本・ハーバリウムには魅力がいっぱい!

植物標本という意味を持つ「ハーバリウム」は、花をこよなく愛する人にとってたまらない作品となっていて、いくつかの種類を作って飾っておくだけで、水に花が揺らめくという素晴らしい光景がいつでも楽しめる逸品にもなっている。

ビンに好きな花を閉じ込めて、理想のハーバリウムを作っちゃおう!

電球ボトルに詰めて、簡易な棚に置く

100円ショップでも手に入る電球の形をしたビンは、ハーバリウムに持って来いと言える材料となっている。そしてビンの内側にはエタノールで消毒して、花と一緒に入れる液体は、専用の液や流動パラフィン、ベビーオイルが適している。

定番となっている、細いビン

やっぱりハーバリウムで忘れてはならないビンと言えば、高さがあって少し細くなっている空きビンである。これに専用の液と色で分類した好きな花を詰めて、飾っておくと、花の美しさが目立ってくる。

花じゃなくても、葉っぱでも穂でもOK

ハーバリウムに閉じ込めるものは花だけにとどまらず、葉っぱでも穂でも全然構わない。そして液体を入れて栓を固くして、お好みで側面に文字をレタリングするとなおさらよい。

出典:www.flickr.com

不要になった空きビンも適している

なかなかかわいい形状になっている空きビンは、捨てるのが惜しいと感じる人も多い。そんな時に役立ててほしいのが、お湯に漬け込んでたわしでこすってラベルを剥がして、ハーバリウムに生かしてほしいというアイデアである。

ずらりとたくさん並べると、お店屋さんみたい

日曜大工で作った簡易な棚に、これまで作ってきたハーバリウムをずらりと並べてみると、お店屋さんのようなディスプレイになった。これはネイルサロンや美容室にもおすすめなレイアウトである。

ピンクを基調とした花だけを詰める

スイートピー、ゼラニウム、アザミなどの種類がある、ピンクを基調とした花は、十分に可憐な雰囲気があるので、是非ともハーバリウムに取り入れておきたい。

火を付けて、ランプにしてもよい

花と一緒に詰める液体は燃料となる油の性質があるので、ここに太いひもを垂らして金具で留めて、火を付けて灯りをともすランプにしても全然構わない。ちなみにひもを通した金具をぴったりと収めるために、口が細いビンを使うこと。

パステルカラーの花がぎっしり

淡く色が付いた花びらを惜しげもなくぎっしりと詰めると、パステルカラーの色が生きている素晴らしいハーバリウムになった。色はきちんと調和していて、柔らかい印象を出している。

広口ビンもOK

手作りのジャムや煮豆を保存しておく、容積がかなりある広口ビンも、立派な材料となるのだ。この中にありとあらゆる花を詰め込んで、液体を注いで密封すると、見慣れた空きビンが逸品となる。

これは是非とも、お店で販売するとよい

色とりどりの花を詰めたビン・ハーバリウムをこんなに並べると、まるでお店に売られているような印象をもたらす。そして光に当たると、全体が輝いて見える。

やっぱり電球ボトルはかわいい

中に好きなものを詰められて、フィラメントがない電球ボトルは、それだけでも十分にかわいいので、積極的にオリジナルのハーバリウムに使うべきである。

広口ビンは、たくさん集まると圧巻

前回紹介した、広口ビンのテラリウムはこんなに集めてみるととても素敵なインテリアになるのだ。そして広口ビンは容積が大きいので、よりいっぱい花を詰めておきたい。

ぴったりとくっつけて

細いビンのハーバリウムは、隙間を開けずにぴったりと一直線に並べると、全体がよくまとまってくる。花や葉っぱはどれも彩がよくて、ずっと見ていても飽きない。

茎が長くて細い花はおすすめ

茎が長くて細い花は、何本か束ねてビンの中に収めておきたい。そしてそこに無色透明の液体が加わると、かなり素晴らしい出来栄えの作品に仕上がる。

フタにLEDライトを付けて、光らせる

フタの内側にボタン電池で点くLEDライトを設置して、スイッチを入れてビンと繋げると、光によってより花の見栄えがよくなってきた。そしてこれは夜のインテリアになりそう。

細かい花も、ハーバリウムに適している

ラベンダー、スズラン、ネモフィラなどの細かい花も、たくさん集めてハーバリウムにすると、十分に目立っている作品になった。

まるで水の中で開花しているようだ

つぼみのような花を詰めたハーバリウムは、液体によって美しく開花するように見えている。そして今回使っているビンは、調味料やオリーブオイルが入っていた、塔のようなビンとなっている。

5色の色違い

同じ形状の花びら(造花でも構わない)を、同じ形状のビンに入れているが、1つ1つの中の色は異なっていて、写真のように並べるとカラフルな印象が伝わってくる。

日当たりのよい場所に置いてもOK

たった1つのハーバリウムでも、太陽の光が降り注ぐ場所に置いておくと立派なインテリアになることを忘れてはならない。もちろん殺風景な場所に置いても悪くない。

洋ナシのようなビンにも詰めておきたい

入浴剤などが入っていた、洋梨の形をしているおしゃれなビンだって是非テラリウムに役立てたい。それぞれのビンにはテーマカラーがあって、仕上げにタグを付けているのが特徴。

出典:twitter.com

バランスよく花を入れている

オイルは、水と違って粘りがあるので、花を浮かせたままにすることが可能なのだ。その特徴を生かして、ピンセットでバランスよく花を詰めていくのがコツであり。

出典:twitter.com

ラッピングで使うリボンが加わってもOK

ラッピングで使う、少し薄いリボンが加わっても全然構わない。むしろ入れておくと、一緒に収めた花をより引き立ててくれるという印象がある。

出典:www.flickr.com

地味な色の花も、ハーバリウムにするとおしゃれ

薄い茶色をした、地味な印象の花だってハーバリウムに加えると、より見栄えがよくなってくることを忘れてはならない。もちろん秋の七草でも大丈夫。

元気を与えてくれそうな、黄色と黄緑

疲れた時に元気を与えてくれそうな、黄色と黄緑をテーマカラーにしたボトルを作った。黄色は花びらで、緑は葉っぱを詰めていて、仕上げにリボンを結び付けている。

プレゼントにしてもOK

今回のテーマとなっているハーバリウムは、親しい友人へのプレゼントにしても全然構わない。きちんとラッピングをして、丹念にリボンなどを掛けておくと、ますます喜ばれる。

たくさん作ったら、並べて写真に撮りたい

色んな形のビンに色とりどりの花を収めたハーバリウムは、写真のように並べてカメラで撮影しておくと、パソコンや携帯電話の待ち受け画面となりそうな風景となる。

庭の小さなテーブルに置いてもOK

角柱のビン、電球ボトル、調味料が入っていた円錐型のビンでハーバリウムを作ったら、ガーデニングが行き届いている庭のテーブルに置いておくとよい。こうすると、庭がより見栄えよくなってくる。


よかったら「いいね!」もよろしく♪