緑/グリーンインテリアは日頃の疲れを癒し心にリラックスを運ぶ!

緑/グリーンインテリアは日頃の疲れを癒し心にリラックスを運ぶ!

植物の色の定番となっている緑色・グリーンは、疲れた時、落ち込んだ時に癒しを運んでくれて心のバランスを保ってくれる印象が強い。だからインテリアにも選ばれて、日々のイライラ、ストレスを軽減してくれる。

2018.3.23 UPDATE

1

ストレスが多い社会に持って来い!心を癒すグリーンインテリア!

壁、床、座る部分

壁、床、そして床から盛り上がっている座る部分が全て緑色でまとまっている。さらに座る部分のクッションにも、わずかだが緑色が取り入れられていて、全体としっくり調和していることが伝わってくる。

出典:weheartit.com

観葉植物は強い味方

緑のインテリアと言えば、やはり何種類もある観葉植物も当てはまる。それは背が高いものやサボテン、さらには空気をきれいにする働きがあるものがあって、やはり少しでも置いておくと見栄えがよくなる。

エメラルドのようなタイル

緑色のタイルを隙間なく、壁に貼り付けていくと素敵な壁ができあがる。しかもこのタイルは少しムラがあって、表面に艶もあるのが特徴。だから見た目が緑色の宝石・エメラルドのように見える。

出典:weheartit.com

天井から植物を吊るす

今度は天井から観葉植物を吊るしている。なお、ぶら下げる時はしっかりと天井に括り付けて、落ちないようすることが必須となる。そして水を与える時は霧吹きを使うとやりやすくなる。

リビングに置くソファー

リビングにどーんと構えておくソファーは、高級感あふれる緑色となっている。しかも形状は直方体のようにまっすぐになっていて、角は全て直角となっているのがとても素晴らしい。

押し葉を額縁に収めて

色んな種類の葉っぱを新聞紙やティッシュに挟んで、電話帳や辞書などの重しを置いてしばらく置いた後、パリッとするまで乾燥させて作る「押し葉」をプラバンで使う透明な板ではさんで、額縁に入れると素晴らしいものになる。

背の高い観葉植物と、葉っぱの柄の布製品

パキラからフェニックス・ロべレニー、ドラセナなどが当てはまる、背が高い観葉植物を部屋の隅に置き、窓には大きな葉っぱが描かれたカーテンが付けられて、ソファーの上にはカーテンのものと同じような葉っぱがあしらわれたクッションが置かれている。

出典:weheartit.com

水色みたいな緑もおススメ

緑と言ってもただの緑だけではなく、黄緑や青緑、深緑、ビリジアンと言った種類がある。今回は水色を融合させた緑・ミントブルーを天井や壁にあしらって、清楚感とすっきりした感じを出している。

灰色のような緑

これは、緑なんて皆無なんじゃないかと思われがちだが、物をしまうロッカーや机にもなる土台に、灰色と融合した緑が使われている。ちなみにこのような緑色は灰緑色(かいりょく しょく)と呼ばれ、男性にも人気がある。

黒いワゴンに、色々盛る

下にキャスターが付いていて、自由に移動できる黒いワゴンの上に、色々な形で生けた観葉植物を置いた。植物は少しでもあると黒い土台にはっきりと映えて、私たちに元気を与えてくれそう。

出典:weheartit.com

パソコンデスクの上や下に置く

長い時間使っていると、目が疲れてくるパソコン作業をする時は、パソコンを置いている机その場に、緑の観葉植物を置くとよい。さらに植物に香りがあると、ますますリフレッシュ効果をもたらす。

出典:weheartit.com

癒しを呼ぶキッチン

エメラルドのように濃い緑色をあしらった、長方形のタイルを半分だけ貼りつけて、壁に取り付けた棚の上には観葉植物を所々に置いた。これによって癒しを呼ぶ緑のキッチンができあがり、思わず美味しい野菜料理が作れそう。

出典:weheartit.com

ソファーと観葉植物が調和

どこまでも深い緑色をした、ベルベット生地のソファーの両側にはクッションが置かれていて、その隣には丈夫で長い茎が付いた観葉植物の鉢植えが置かれている。この2つの要素は融合して、白い空間ではっきりと目立っている。

出典:weheartit.com

黄緑色も忘れず

緑色に黄色を加えた、黄緑色はより若々しくて生き生きとした印象を与えてくれる。だからインテリアに使っても全然違和感がなく、濃い緑の時とは全然違う味わいを醸し出している。

出典:weheartit.com

油粘土みたいな緑色

キッチン台、調理台、そして食器をしまう棚全てに油粘土で使われているような、独特の雰囲気を持つ緑色をあしらった。全てが同じ色なので、全体がまとまっているように見える。

壁と台に、絵画にあしらう

ちょっと物を置けて、中にしまうこともできる台には濃い緑色、そして壁にはほのかで淡い緑色、さらにその壁には押し葉を収めた額縁を飾っていて、ますます全体がまとまってきている。

コーヒーを置くのにふさわしい台

ソファーのすぐ近くに置いて、電気スタンドやコーヒーを置いておくのにふさわしい台。物を乗せる部分はくすんだ緑色が使われていて、場所もあまり取らないというのが嬉しい。

緑の雑貨をたくさん並べる

たくさんの部分に仕切った白い棚には、色んな種類の雑貨を並べている。さらにその下には同じ色の椅子が置かれていて、まるでかわいい雑貨やさんのような雰囲気を作り上げているのがわかる。

浴室にも緑を取り入れる

浴槽の周り、及び壁には明るい緑色のタイルが使われている。しかもこのタイルは光を反射して、緑色と白色を混ぜ合わせたような色合いになっていて、いかにも浴室を生き生きとさせている。

カーテンの半分を染める

麻でできている、少し透けたカーテンの裾を染めて、ツートンカラーのカーテンに仕上げた。ちなみにこのカーテンは窓に付けることはもちろん、ちょっとした仕切りに使うとよい。もちろん薄いので光だって通す。

白と半分ずつになっている寝室

緑色と白色を、はっきりとした境目となるように塗装している。それぞれの色はくっきりと目立っているが、決してケンカすることなくしっくりと調和しているのが特徴で、ここならすっきりと目が覚めて起きられそう。

たくさんある引き出し

工具やアクセサリー、さらには手芸道具や便箋、切手などを分類してしまうのにふさわしい、たくさんある引き出し。全体は新品ではなく、だいぶ使い込まれたような印象があるのがよく分かってくる。

深緑の壁

部屋の隅の部分には、深緑という言葉が似合う色が塗られている。例え色合いが濃くても十分な味わいがあって、周りを囲んでいる白色や掛けてある額縁ともよく調和している。

出典:weheartit.com

人工芝を床に敷く

色や質感が本物と変わらない、人工芝を取り入れたカーペットを床に敷くだけでも、立派なグリーンインテリアはできあがる。この上は毎日丹念に掃除をしておくと、子供も思わず寝っ転がるに違いない。

階段に人工芝

今度は2階へ続く階段に人工芝を敷いた。もちろんそれは薄くて長いカーペットになっていて、しっかりと留められるように金具を付けている。さらに階段自体が白いので、しっくりと調和している。

モスグリーンも捨てがたい

自衛隊の迷彩服に使われている、黒が混じったような少し暗い緑色・モスグリーンもインテリアにふさわしい。そして今回はベッドに敷く布団や枕カバーに使われていて、男性にもぴったりな逸品となっている。

明るい緑のソファー

今まで紹介してきた緑のソファーは、色が濃かったり深かったりするものが多かったが、今度は明るくした緑を使っている。これも私たちに生き生きとした活力をもたらしてくれて、さらにその床には大きな四葉のクローバーのカーペットが敷かれている。

クローバーのウォールステッカー

幸せを運ぶと言われている四葉のクローバーは、緑を代表する物として挙げられる。それを手軽に貼れてはがせるウォールステッカーに取り入れたものは、殺風景な壁を盛り上げるのに役立つ。もちろんこれは子供部屋にも最適。

一面が植物で覆われた壁

1つの壁を、造花のツタで覆い尽くすという手もある。これなら緑の壁紙だけでは得られなかったよい雰囲気を味わえて、イライラしやすい日常生活を和らげてくれること間違いなし。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪