落ち着いた茶色・ダークブラウンのインテリアは心が静寂になる!

落ち着いた茶色・ダークブラウンのインテリアは心が静寂になる!

黒や灰色に近い茶色・ダークブラウンを取り入れたインテリアは、少し暗いけど立派な大人のインテリアを成し遂げている。さらにこれは、あまり派手なものを好まない人や、男性にも打ってつけだ。

2018.7.20 UPDATE

0

深みがあるダークブラウンインテリアは、素敵な空間を作り出す!

ゆったりくつろげるリビング

家族が集まって、のんびりゆったりできるリビングに、背もたれがあって大きいソファーと、背もたれはないけれど座り心地がとてもよい椅子、さらには植木鉢を置く台を設置している。ちなみにソファー、椅子、台には共に茶色が使われているのが特徴。

扉も付いた、物をしまえる棚

だいぶ使い込まれた感じが出ていて、中の容積も大きい物をしまえる棚。ちなみにこれは4本の脚で支えられていて、上にも植木鉢や額縁などを置けるようになっている。

凝った作りのソファー

背もたれと同じ高さになっている肘掛けが印象的な、凝った作りのソファー。さらに表面の革は等間隔に打っている鋲(びょう)で留められていて、下の部分は脚でしっかりと支えられているのも特徴で、すぐ近くには同じ色のタンスも置かれている。

出典:www.homedsgn.com

システムキッチンにもピッタリ

少し暗いダークブラウンは、美味しい料理を作るシステムキッチンにも最適な色だ。ガス台と流し台の周りにある収納スペース及び、その手前にある調理台にダークブラウンをあしらうと、キッチンが素晴らしいインテリアになった。

出典:weheartit.com

2回への階段

2階へ続いている階段は、厚くて渋い茶色の板で構成されている。板は等間隔に隙間が空いていて、その周りにある壁や床、窓際の枠も全て同じ色なので、全体に統一感やまとまりがある。

出典:weheartit.com

レンガの壁が全体をまとめている

ダークブラウンだけではなく、ほのかな赤色も混じったものもあるレンガがびっしりと貼られていて、十分な存在感のある壁を作り出している。さらにその手前には食料をしまうスライド扉の倉庫があって、家族で食事をいただくテーブルもある。

出典:weheartit.com

楽しい書斎

向かい合ったソファーには、お茶を置くのにぴったりなテーブルが置かれていて、さらにその背面には、黒に近い茶色で塗装した本棚が設置されていて、全てが本やCDで埋め尽くされている。

全体がダークブラウン

今度のキッチンは、全体にダークブラウンをあしらっている。少し薄暗い感じがするが、木の温もりが伝わって来て、なかなかよい雰囲気を出している。なおこれは、博物館に併設されているカフェのキッチンにふさわしい。

出典:leibal.com

光が差し込むダイニングキッチン

今度は木の温もりが伝わってきそうなテーブルをダイニングにどーんと置き、さらにそのすぐそばには、灰色の壁が付いた台所も完備されている。そして面積が大きい窓からは、太陽の光がたっぷりと差し込む。

食料をしまえる棚が付いたキッチン

濃い灰色と茶色を融合させた色が付いた壁には、常温でも保存できる食料を収納できる倉庫が付いている。なお、この倉庫には中に何が入っているかわかるようにするための、ガラス製の扉も付いているのが特徴。

出典:hid360.com

理想の調理台

土台や上の部分、さらに一部の側面は白色で覆われているが、残りは全て深みのある茶色でまとまっている。ここは水道が通っている調理台となっているので、数人くらい人を集めて料理教室を開きたい。

一家団欒の食卓

壁は天井は灰色で、テーブルや椅子、床、食器棚は茶色となっている。この2つの色は見事に調和していて、さらに窓から差し込んでくる光によって和やかな雰囲気を作り上げているのがわかる。

たくさんある引き出し

細々としたものをしまうのにぴったりな、たくさんある引き出し。さらにこの引き出しの上下には、本棚や覆いがない収納スペースも完備されているのが嬉しい。だからここは子供のおもちゃや絵本をしまう場所にも最適。

1つの椅子

背もたれだけではなく、肘当てもしっかりと付いているこの椅子は、ゆっくりとくつろいだり、読書をするのにふさわしい。そしてこのようなおしゃれなデザインの椅子は、アンティークショップで販売しても全然悪くない。

薄い茶色と調和

殆ど黒と言ってもいいくらいのダークブラウンと、肌色のように薄い茶色が融合している。ちなみにダークブラウンの部分は、チョークで自由に文字や絵を描けるように黒板塗料を塗ったり、黒板シートを貼っても構わない。

磨かれた床

同じ幅、同じ色の板材を隙間なく床に敷き詰めて、後はワックスをかけておくと、丁寧に磨かれたような感じがして、光を反射する床が完成した。なお、この床は板材本来が持つ質感も出ている。

電気スタンドがそばにあるソファー

こちらもリビングに持って来いの、理想的なソファー。すぐそばには物を置ける台の上に置いた、自由に曲げられる電気スタンドもあるので、ここでゆったりとくつろいで読書をするのにもおすすめ。

出典:www.westelm.com

今度は直角に曲がっている

今度のソファーは、従来のようにまっすぐではなく、直角に曲がっているのが特徴。これでも立派なインテリア家具となっていて、周りの情景と馴染んでいる。そしてこの近くには、枯れ枝を花瓶に生けたものがおすすめ。

他の色のソファーと一緒に配置

まるで直方体を積み上げたようなソファーを、直角になるように置いた。1つは味わい深い茶色で、もう1つは無垢な印象のグレートなっているが、どちらもしっくりと調和していて、リビングの素敵な空間を生み出している。

違う色のクッションを置いても構わない

すごく使い込まれていて、年季が入っているような茶色いソファーの上には、白や黒などの種類があるクッションや、寒い時に使う白いひざ掛けがポンと置かれている。たまには違う色を組み合わせても悪くない。

変わった形のテーブルと椅子

上にものを乗せるテーブルの形は、従来のような長方形ではなくサーフィンで使うサーフボードのような形になっている。さらに腰かける椅子の部分には棒状の骨組みと曲げた板を使っていて、テーブルと調和しているように見える。

ホールケーキのようなクッション

低いテーブルの下には、チョコレートホールケーキのような大きいクッションが置かれている。このクッションは小さな子供に喜ばれそうで、寝っ転がると思いっきりくつろげるに違いない。

斜めに板を繋ぎ合わせて作った床

同じ幅をした茶色の板を、斜めになるように繋ぎ合わせていくと、まっすぐの時とは異なる印象の床になった。しかもこの床が敷かれている空間は広くて、周りのインテリアもなかなか芸術性が出ている。

ソファーと机が一緒になっている

これは、なかなか思いつかないような斬新なアイデアが詰まっている、茶色のインテリア家具。作業ができる机の前にはゆっくりとくつろげるソファーがあって、さらにその床には机とソファーの土台と同じ質感が広がっている。

従来よりも低いソファー

従来の物よりも低くて、カジュアルな印象が出ているこのソファーは、若い人におすすめな家具と言える。その上には濃い茶色のクッションがあって、その隣には植木鉢で育てている、観葉植物の木もあるのが嬉しい。

絨毯も忘れず

床に敷いて寒さを防ぐ絨毯・カーペットは立派なインテリア用品となっている。そして今回は濃い茶色の床と調和していて、だいぶ古ぼけているレンガの壁ともよく馴染んでいるのがわかる。

白で囲まれたキャビネット

日常で着る衣類や下着などをきちんと整理しておける、脚で支えられて白い色で囲まれている引き出し状のキャビネット。さらにその上には物を置けるようになっていて、高さもちょうどよい。

上は白く、下はダークブラウン

上の天井は混じり気がない白色で、下の床は味わい深いダークブラウンとなっている。そして床は、窓から入り込む光によって照らされ、ますます家の中の空間をよくしている。

両開きの扉

外と家の中を結ぶ両開きの扉には、かなり深い色合いのダークブラウンがふさわしい。さらに取っ手部分は金色で、周りは白い色で囲まれていて、より高貴でゴージャスな印象を醸し出している。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪