子供から大人まで喜ばれる!素敵なクリスマススイーツ特集!

子供から大人まで喜ばれる!素敵なクリスマススイーツ特集!

クリスマスの日に食べたくなるようなスイーツは、手作りでオリジナルのデコレーションを練り込んでいるという特色がある。そして写真に収めておきたくなったり、子供に受け入れられるものもどんどんと出てきているのだ。

2017.11.24 UPDATE

0

作って楽しい!食べると幸せ!カラフルでかわいいクリスマススイーツを大紹介!

定番のクリスマスケーキ

やっぱりクリスマススイーツと言えば、このクリスマスケーキが欠かせない。ホールケーキに生クリームをたっぷりと塗って、上にイチゴなどをデコレーションすると、多くの人に愛されるケーキができあがった。

クリスマスクッキー

普通の生地で作ったクッキーに、色んな色のアイシングで色を塗りつけると、かわいくて美味しいクリスマスクッキーができあがる。ちなみにアイシングの用意が難しい場合は、チョコレートペンを使っても全然構わない。

出典:keeprecipes.com

カラーシュガーを混ぜたクッキー

先ほどのアイシングクッキーにも使われたクッキー生地に、赤と白と緑のカラーシュガーを練り込み、後は好きな形に切ってオーブンで焼くだけで、クリスマスらしさ満点のクッキーができあがった。もちろん生地はシンプルな色合いに限る。

出典:www.babble.com

ケーキポップ

カステラやスポンジケーキを細かくちぎって、クリームチーズと混ぜ合わせて丸めて棒に付けて、チョコレートでコーティングした「ケーキポップ」というお菓子は、チョコペンやカラーシュガーなどでデコレーションしても悪くない。これは子供によろこばれそう。

ブラウニーツリー

チョコブラウニーを二等辺三角形に切って、下に棒を刺して、上に緑のチョコレートペンと赤いマーブルチョコレートでデコレーションすることによって、手で持って食べられるお菓子になった。そしてこれは子供にもピッタリである。

溶けた雪だるまのクッキー

白いアイシングとマシュマロで作った雪だるまを、市販のクッキーの上に飾りつけた。しかも雪だるまは溶けてしまっていて、クッキー上に広がっているが、あえてこの方が面白いと感じる人も多い。なので、市販クッキーがある人はぜひやってみるとよい。

星のタルト

タルト生地を丸や星形に切って、丸い方にジャムを塗り、星の方に砂糖を振りかけてオーブンで焼き上げると、クリスマスにふさわしい星のタルトができあがった。ちなみに塗るジャムはラズベリーやブルーベリーなどの種類が適している。

シュークリームタワー

一口サイズのプチシュークリームを山のように積み重ねていくと、クリスマスツリーのようなシュークリームタワーができあがった。ちなみにただ積み重ねるだけではなく、飴を絡めたり、溶かしたチョコレートやホイップクリームで飾りつけをしても悪くない。

出典:thehappening.com

トライフルパフェ

ちぎったカステラやスポンジケーキをグラスに詰めて、あとは好きなフルーツソースや生クリーム、アイスクリームやフルーツを飾っていくと、クリスマスに食べたい立派なデザート・トライフルパフェができあがった。

チョコフォンデュのマシュマロ

棒を付けたマシュマロを、溶かしたチョコレートに付けて、カラフルなカラーシュガーをまぶしていくことで、パクッと食べられるクリスマスマシュマロが完成した。ちなみにカラーシュガーは他にもたくさんあるので、色々やってみるとよい。

クリスマスツリーマカロン

緑色に着色したマカロン生地も、ツリーの形に絞っていくことでクリスマスらしいマカロンになるのだ。後は焼き上げて冷まして、チョコレートペンで自由にデコレーションしてできあがりとなる。なお、普通のマカロンでもクリスマスデコレーションで盛り上がる。

ブッシュドノエル

これも、一番最初に紹介したクリスマスケーキと同じように価値がある、クリスマススイーツと言える。ココアスポンジのロールケーキを切って、チョコレートクリームを塗りつけて、あとは自由にデコレーションすると、薪のようなブッシュドノエルが完成した。

出典:www.1zoom.me

お菓子の家

クッキー生地で作った屋根や壁、床を繋ぎ合わせて、好きなお菓子で自由にデコレーションすると完成する、お菓子の家だってクリスマスで重宝される。ちなみにお菓子の家は、ヘキセンハウスとも呼ばれ、欧米ではクリスマスによく使われている。

アイスクリームケーキ

丁度よく溶かした好きな味のアイスクリームを、ラップを敷いたボウルの上に敷き詰めて、ひっくり返すと、お店で売られていそうなドーム状のアイスクリームケーキができあがった。あとはこれを自分の好きなようにデコレーションして完成である。

ツリーのカップケーキ

ココア風味のカップケーキを焼き上げたら、丁度よく泡立てたホイップクリームを絞ると、デコレーションカップケーキとなる。ちなみにクリームは食用色素で着色して、カラーシュガーやクッキーなどで飾りつけすると、楽しさ満点のカップケーキになった。

出典:loveswah.com

サンタの帽子のカップケーキ

先ほどのと同じカップケーキの土台を使って、今度はイチゴと生クリームでサンタの帽子風にデコレーションしている。なおイチゴの方は包丁でヘタ部分を切り落として、平にしておくのがコツである。

クグロフ

ドライフルーツなどを練り込んだ、オーストリア、スイス、ドイツ、フランスに伝わる焼き菓子・クグロフはクリスマスになるとたくさん販売される。一度食べると、そのしっとりとした食感に虜になってしまうこと間違いなし。中には外側に砂糖を煮詰めて作った白いフォンダンをかける場合もある。

シュトーレン

クリスマスシーズンになるとパン屋さんで売られる「シュトーレン」は、外側に雪のような粉砂糖が降りかかっていて、生地にはたくさんのドライフルーツが練り込まれていて、薄く切って食べる甘いパンとなっている。もちろんこれは紅茶やコーヒーと一緒に食べても構わない。

出典:foodgawker.com

バームクーヘン

何層にもなっている、木の年輪のようなバームクーヘンにちょっと手を加えると、クリスマスにふさわしいお菓子となる。写真はチョコレートでコーティングしているが、他にも生クリームやフルーツを使うなど、色々なアレンジ方法がある。

マンディアンチョコレート

溶かしたチョコレートをクッキングシートの上に垂らして、同じ形の円形を作っていき、その上にドライフルーツや砕いたナッツ、ココナッツを散らしていくと、香ばしさと甘さがマッチしたマンディアンチョコレートが完成した。

雪だるまのスノーボール

薄力粉、アーモンドの粉、砂糖、バターを混ぜ合わせて丸めて、外側に白い粉砂糖をまぶして作るお菓子、スノーボールを2つ組み合わせて雪だるまを作った。ちなみにこれはケーキのデコレーションに用いても全然構わない。

シャルロット

周りをフィンガービスケットで囲んだ、女の子に人気があるムースケーキ・シャルロットだってクリスマスにふさわしい逸品である。ふんわりと口どけのよいイチゴムースとたくさんのイチゴ、そして側面のビスケットは一体となって、素晴らしい味を作り出す。


よかったら「いいね!」もよろしく♪