50歳以上のイギリス男性俳優10選!

50歳以上のイギリス男性俳優10選!

ここ数年アツいのがイギリスの男性俳優。若手俳優もいいですが、50歳以上のオジサマ・オジイサマ俳優も、独特な雰囲気や英国紳士然としたところが素敵なのです!

2016.4.19 UPDATE

13

英国俳優好きは多い!

イギリス男性俳優の魅力は、年を経た渋さ!

ベネディクト・カンバーバッチやエディ・レッドメインなどの比較的若い俳優もいいですが、50歳以上のオジサマも英国紳士然として素敵なのです!
ということで、今回は50歳以上のイギリス男性俳優に限って紹介していきたいと思います。

まだチョット若い①

ドラマ『SHERLOCK / シャーロック』で爆発的な人気を得たベネディクト・カンバーバッチ。
その後も『スタートレック イントゥ・ダークネス』や『イミテーション・ゲーム / エニグマと天才数学者の秘密』などの話題作に出演。今後はマーベル映画への出演も決まっている。

出典:www.vogue.com

まだチョット若い②

俳優の他にもモデルを務めたこともあるエディ・レッドメイン。
今後、ハリー・ポッターシリーズの番外編『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の公開も控えている期待の俳優。

ヒュー・グラント(55)

『モーリス』のヒットによって世界的に知られるようになった俳優。その後出演した『フォー・ウェディング』の大ヒット後、『ノッティングヒルの恋人』、『ラブ・アクチュアリー』などのヒット作に恵まれ、愛すべきダメ男俳優として親しまれています。

元祖貴公子と呼ばれるヒュー。その笑顔でメロメロになった人も多いのでは?

『モーリス』

若かりし頃のヒュー・グラント。
当時27歳!黒髪に白い肌、そして垂れた目がキュート!貴公子という言葉が似合います。
この美しさと映画自体に漂う耽美的な雰囲気がぴったりで、悲哀に胸が詰まります。

『フォー・ウェディング』

横顔も綺麗!大きめな眼鏡もまたキュートです。
この作品で、彼も世界的に大ブレイクしました。

『ノッティング・ヒルの恋人』

本屋の冴えない店主を演じてました。
しかしこの方が店主なら、もっとお店は繁盛してそうですよね?

『ラブ・アクチュアリー』

英国首相役です。この作品には英国俳優総出演!といっても過言ではないです。今回紹介する方も多数出演しています。
この人が首相だなんて、イギリス大丈夫かしら……なんてシツレイなことを考えたのは私だけではないはず!

コリン・ファース

人生の意味を見失ってしまった大学教授を演じた『シングルマン』、吃音に悩むジョージ6世を演じた『英国王のスピーチ』、最近では世界最強のスパイ機関に所属するスパイを演じた『キングスマン』が有名ですよね。

出典:www.people.com

今年で56歳(!)というコリン。そうは見えません……。

『シングルマン』

恋人を亡くし、死を決意した大学教授を演じています。
コリンが、ジュリアン・ムーア演じる親友のシャーロットとベッドに横になりながらタバコをのむシーンがあるのですが、そのときの色っぽさと言ったら!

『英国王のスピーチ』

吃音に悩む国王役。
スーツや式典用制服など、きっちりした服を着こなしています。制服好きにも堪らないかも!

『キングスマン』

大ヒットしたスパイアクション!
かっちりしたスーツで涼しい顔のままアクションをこなすコリン・ファースがかっこよすぎです!
「礼儀が人を作る」というセリフにしびれちゃいます♡
後述のマイケル・ケインも出ています。

ビル・ナイ(66)

名脇役として活躍しています。『ラブ・アクチュアリー』では英国アカデミー賞 助演男優賞を受賞。『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのデイヴィ・ジョーンズを演じていることでも有名ですよね。ほぼ元の顔がわかりませんが。
近年では『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』に出演、昨年はその続編となる『マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章』が公開されました。

意外とお茶目さん!
これが決めポーズ(?)のようです。

出典:cinema.gnius.it

パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズ

同一人物とは思えないほどのCG処理。しかし動きや演技、声は本人のものです。海賊らしく、残酷なことを楽しむようなキャラクターではありますが、それとは裏腹に恋に対しては一途な一面も。そんなギャップにやられること間違いなし!

出典:www.buzzfeed.com

『ラブ・アクチュアリー』

老いた勘違いロック歌手を熱演。時代遅れな衣装や過激な発言を繰り返す姿が痛々しいですが、そんなところもまた愛おしい!
前述のコリン・ファース、後述のアラン・リックマンも出演しています。

『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』

舞台がインドということで色彩が鮮やかです。老人たちの恋愛映画というのもまた新鮮で、ビル・ナイ演じるダグラスの恋の行方にもドキドキしながら観てしまいます!

『マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章』

日本でも上映中のこの作品。
前作の幸せな余韻も残しつつ、新たなマリーゴールド・ホテルについての問題、ダグラスの恋、謎の人物、これらが絡み合う作品です。
紫色のスーツなんて、そうそう着こなせないはずなのにさらりと着こなすビルがかっこいいです!

長い指の手をいつも 握っていたり ポケットに突っ込んでいたり 絶対に 手を広げて
いる瞬間がない事に気がついてますか?
(中略)
ところがビルのケースは 遺伝で Dypuytren's contracture  と言う症状で 指が内側に曲がってしまうのだそうです。

出典:yokonarita.blogspot.jp

どの映画を観ても薬指・小指を伸ばしていないのは、遺伝的な症状によるもののようです。
日本語ではデュプイトラン拘縮(こうしゅく)と言うようです。

ジェレミー・アイアンズ(67)

現在公開中の『バッドマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』では、バッドマンの味方であるアルフレッドを演じています。
『運命の逆転』でアカデミー賞他様々な賞を総なめにしており、その後も『仮面の男』や『ヴェニスの商人』に出演しています。

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』

今作で初めてアルフレッドを務めるジェレミー。
前作でアルフレッドを演じていたのは後述のマイケル・ケイン。
二人の演じ方の違いを比べるのも良いかもしれません!

出典:cloudpix.co

『運命の逆転』

この、片眼鏡をかけてタバコは軽く咥えて、それから見下ろすように視線を投げかけるこの顔がいいですよね。無関心というか、眼中にないというか。
この作品はサスペンスもので、ジェレミー演じる主人公は果たして善人か悪人か……というストーリーです。知的と言うべきか狡猾と言うべきかわかりかねますが、とにかくかっこいいんです!

『仮面の男』

現代ものもいいですが、歴史ものもまた良いですよね。
本作のジェレミーは三銃士の一人であるアラミスを演じており、色男として扱われています。それが似合う見た目でもありますしね!ちなみに、みんな大好きレオ様も出演しています。

『ヴェニスの商人』

正義感が強く情に厚い貿易商人アントニオを演じる。
原作の喜劇的要素は薄く、悲劇的になっています。ジェレミーが途中から終盤まで疲れた顔をしてるのが、いい味をだしてます。

イアン・マッケラン(76)

映画俳優として活躍していますが、舞台俳優としても名高いです。
X-MENシリーズ、ロード・オブ・ザ・リングシリーズなどの人気の高いシリーズに主要キャラクターとして出演しており、現在公開中の『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件』では主役を務めています。

洒落者としても有名な彼ですが、ゲイとカミングアウトしていることでも有名ですよね。結婚はしていませんが、パートナーがいるようです。

ロード・オブ・ザ・リングシリーズ / ホビットシリーズ

ガンダルフ役を演じたことでも有名ですよね。
ロード~の途中から見た目が変わりましたが、その白い髪と髭をなびかせながら名剣グラムドリングと杖を振るう姿に「かっこいい!」となった人もいたのでは?

X-MENシリーズ

原作のムキムキなおじいちゃんもまた一興、ですが、イアンのマグニートーもまた違った魅力がありますよね。
ミュータント能力に加えてカリスマ性や知略を使って攻撃を仕掛けてくるような、原作とはちょっと違うスマートさがいいですよね。

『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件』

先月公開され、現在も上映している『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件』。引退したシャーロック・ホームズが、10歳の少年を助手に未解決事件に再び挑むというストーリーです。
引退したホームズの年相応の部分、若々しい部分、それらを見比べてみるのもおもしろいかもしれません。

アンソニー・ホプキンス(78)

ハンニバルシリーズのレクター博士が強烈ですが、それ以前に出演した『日の名残り』や、そのあと出演した『世界最速のインディアン』では穏やかな人物を演じています。
最近では、話題の『REDリターンズ』やミステリーサスペンスの『ハイネケン誘拐の代償』で主役を務めたりと、78歳という年齢を感じさせない活躍をされている俳優です。

顔に刻まれた皺と、青い瞳が理知的な印象を与えます。モノクロなので青かどうかわかりませんが。

ハンニバルシリーズ

やはり、ハンニバル・レクターを演じた俳優として有名ですよね。
猟奇的な内容なので観る人を選ぶと思いますが、理性的な狂人の怖さを感じられる良い作品ではあります。

出典:cinapse.co

『日の名残り』

アンソニー・ホプキンス演じるジェームズとエマ・トンプソン演じるミス・ケントンの淡いロマンスを、ジェームズの回想によって描いた映画です。
ロマンスをほんのり匂わせるだけの演技をする英国俳優2人が堪りません!

『世界最速のインディアン』

変わり者だけど、少年の心を持って夢を見続けるおじいちゃんを演じています。
飄々としつつもちょっととぼけてるところがいいんです!

『REDリターンズ』

天才科学者だけど、ちょっとボケ始めているゲイリーを演じています。
そのボケてる演技がまたキュート!

『ハイネケン誘拐の代償』

昨年公開、DVD・Blue-Ray化された作品。有名なビールメーカー・ハイネケンの経営者が誘拐された実話に基づく話です。
ただしこのアンソニー演じるハイネケン、ただの人質として終わらないところがポイントです。

マイケル・ケイン(83)

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪