微笑みの国「タイ」を満喫したいならぜひ行きたい観光エリア11選! 体験/グルメ

微笑みの国「タイ」を満喫したいならぜひ行きたい観光エリア11選! 体験/グルメ

東南アジアにある「タイ」という国。ここは笑顔の人が溢れているだけではなく、そびえ立つ王宮、寺院、遺跡や、美しい自然、さらには美味しいものが揃っている国だ。だから旅行で行きたいという声が上がっている。

旅行する前に知っておきたい タイの基本情報と言えばコレ!

正式名所は「タイ王国」となっていて基本的に一年中気温が高いのが特徴

東南アジアにある、立憲君主制の国であり、首都はバンコク。
面積は513120㎢で、世界50位。
人口は67176820人と、世界20位。
通貨単位は、「バーツ」という。
基本的に熱帯の気候で、1年の平均気温は約29℃で、最高気温は35℃、最低気温は17℃になる。
季節は日本と違って3つに分けられ、乾期、暑期、雨季がある。

伝統的な寺院と近代的な大都会が融合しているタイの首都・バンコク

写真はバンコク市街地だがこんなに高いビルが並んでいるのが最大の特徴だ

バンコクは、ラーマ1世によって遷都されてから、政治、教育、文化の中核となり続けている、にぎわう都市と、古くからある仏教が根付いている、過去と未来をつなぐ都市。
現在高層ビルが立ち並ぶ中で、歴史を物語る王宮や寺院が建ち並ぶ。

ちなみに、バンコクの正式名所は
クルンテープマハナコーン アモーンラッタナコーシン・マヒンタラアユッタヤー・マハーディロッカポップ・ノッパラッタラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーンアワターンサティット・サッカタットティヤウィサヌカムプラシット

出典:ja.wikipedia.org

バンコクをここまで発展させたとも考えられる王宮とその周辺の寺院

王宮周辺は、現在のバンコクが生まれた場所。
荘厳な王宮や、寺院がたくさん並んでいて、歴史的建造物だけではなく、商店や民家、屋台など活気あふれる通りもある。この風情が、バンコク発祥の礎となったのではないだろうか。

出典:gothaibefree.com

初代国王・ラマ1世が築いたタイの国内で一番の権威を誇っている王宮

1782年に、ラマ1世が築いた王宮。20万平方kmの敷地を持ち、白い壁に囲まれており、エメラルド寺院と隣り合っていて、タイの宮殿の中で一番権威があり、重要な祭典にも使われる。

まばゆい金色を放つ仏像が横たわっているワット・ポー(涅槃寺・ねはんでら)

バンコクで一番古い寺院で、17年の年月をかけて全長46mの横たわる涅槃像や、回廊、礼拝堂、71もの仏塔が建っている。日本の釈迦仏教、インドの古典に倣った壁画も寺院内にある。

出典:www.watarun.net

夜になると素敵にライトアップされるありがたい寺院 ワット・アルン

タークシン将軍が、ビルマ軍の襲撃から逃げてきて、この寺にたどり着いた。そして、ここを拠点にトンブリ王朝を開き、初代の王となったので、「暁の寺」として称されている。

3つの尖塔が勇ましくそびえ立っているワット・プラ・シーサンペット

1448年にトライローカナート王によって建立されたアユタヤを象徴する、「エメラルド寺院」のような重要な寺院。そこでは伝統儀式や式典が行われてきた。東西には3つの仏塔が並び、それぞれには王族の遺骨が納められている。ビルマ軍の侵略によって、純金でできた高さ16メートルの仏像が何度も破壊されたが、戦後で復元され、今の姿となっている。

市の柱という意味があって美しい仏像が祀られているラック・ムアン

バンコク遷都から最初に建てられた、「柱」と言う意味の建物。守護神が祀ってあり、王朝の繁栄の祈りが込められていて、祈願のためにここを訪問する人も多い。タイ国内のあちこちにあり、王宮前の「サーンラックムアン」というラック・ムアンは黄金に輝く2本の柱を祀っている。

世界遺産に登録された遺跡の地「アユタヤ」もタイ旅行では必見だ

バンコクから少し北に行くと、「アユタヤ」という地がある。
アユタヤは417年もの間、アユタヤ王朝が栄え、国際貿易都市としても発展したという深い歴史を刻み、栄華を極めた遺跡の地である。1991年に世界遺産登録された。

出典:www.gogobot.com

湖の中央に建てられていて水面にも美しい姿を映すバンパイン離宮

アユタヤ王朝のプラサート・トーン王が建てた水辺にたたずむ宮殿。王族の別荘や、貴賓をもてなす場所として用いられる。タイ風、中国風、ルネサンス風の離宮や、緑豊かな庭園も見所。

専用によって滅んでしまったが立派な観光名所となっているワット・マハタート

かつてはきらびやかなアユタヤの重要な寺院だったが、ビルマ軍の襲撃によって、菩提樹の根の間に埋まった仏像の頭や崩れ落ちた瓦礫や土台が残った廃墟になった。

出典:www.mir.com.my

ワット・スタットはバンコクの中で最大と言われている歴史建造物

バンコクで最大の寺院。本堂には、ラーマ1世の命令によって高さ8mもあるプラ・シーサカヤムニーという仏像が祀られていて、その本堂の門に彫られた壮麗な彫刻と美しい壁画が見所。

スリランカから来た修行僧のためにあったワット・ヤイ・チャイ・モンコン

アユタヤを築いたウートン王が建立した、修行僧の精進に建てられた寺院。唯一、ビルマ軍の戦火を逃れた寺院で、ナレスアン王が戦いに勝利した高さ72mの記念の塔もそびえ立つ。

出典:www.beach.jp

太陽が照り付ける外で堂々と横たわるワット・ローカヤースッター

1956年に復元された、全長28m、高さ5mの横たわる釈迦仏像。周りには建物はなく、優しくて穏やかな表情、悠長に横たわる姿は、煩わしい日々を和らげてくれる。

あらゆる角度から見てもその素晴らしさが伝わるワット・プラ・ラーム

ラメスワン王によって建てられた、アユタヤ王朝最古の寺院。ラメスワン王の父親で、初代のアユタヤ王である、ウートーン王の葬儀も行われた。境内には、ブン・プラ・ラームという、アユタヤ市民の安らぎの場として整っている池や、大きな塔である本堂を中心に、7つの礼拝堂の跡がある。

ビルマとの戦争に巻き込まれずに何とか残ったワット・パナン・チューン

アユタヤ王朝ができる前に造られた、ビルマ軍の戦火から奇跡的に残った寺院。高さ19mの荘厳な黄金仏像が祀られていて、縁起が良い寺として多くの人々が信仰している。

タイの名物でもあり、新鮮な食材を販売している 水上マーケット

出典:gothaibefree.com

ダムヌンサドゥアック水上マーケットは地上の市場とは全然異なる

チャオプラヤ川で必ず催されるのが、「ダムヌンサドゥアック水上マーケット」である。これはずっと昔から、川の近くに住むタイの人々の生活に不可欠なものだった。小舟の上で、食材はもちろん、お土産品、布製品など、何でも売るのだ。今はこれは観光名物ともなっている。

水上マーケットでの注意点
・おつりが出ないことも有りうるので、小銭を用意しておく。
・動きやすい服装と、小さめの荷物で行く。
・ひったくり防止のために、貴重品は手前に持ち、決して後ろに置かない。

線路脇で開かれる市場のある街「サムット・ソンクラーム」

タイの中で最も狭いと言われているサムット・ソンクラーム県にも面白さがある

バンコクから南西約74kmにある、タイ国内で最小の県。ここは、水上マーケットもあるが、メークローン駅線路脇にある市場も有名だということを忘れてはならない。ちなみに、電車が通る時は、商品が吹き飛ばされないように店の前を覆うのだ。電車が通過したら、再び商売を開始する。

チェンマイという都市だって、バンコクに負けていない

チェンマイは、新しい都という意味を持つ、タイの第2都市。
乾期は過ごしやすくて、避暑地としても人気のあるこの地は、色んな民族が交流して暮らしていて、タイの文化・芸術・伝統を発展させた。

ワット・プラ・シンはチェンマイに来たら必ず見ておきたい寺院だ

ランナー王朝のパユ王によって建てられた、チェンマイ最大の寺院。仏像は水掛け祭りが行われる4月13日に多くの市民に参拝してもらえるように、台車に乗せられて市内を巡回する。

どーんと構えているワット・チェディ・ルアンは古代の雰囲気を放つ

チェンマイ最大の仏塔のある、メンラーイ王朝セーンムアンマー王が、亡き父を偲んで建てた寺院。本堂には、王朝の繁栄が続くようにランナー様式の仏像がたくさん祀られており、境内にはその他色々な建物がある。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪