東京でイタリアン(イタリア料理)が美味しいお店 パスタ・ピザetc

東京でイタリアン(イタリア料理)が美味しいお店 パスタ・ピザetc

パスタを始めとする「イタリアン(イタリア料理)」は、おしゃれな感じがして女性に人気がある料理である。それらはランチやディナーとしても最適で、デートにぴったりなお店が続々出てきている。一度でいいから、行ってみたい、味わってみたい東京のイタリアンレストランについて紹介する。

まずはこれ!イタリアンを代表する料理・パスタが美味しい東京の店!

出典:www.facebook.com

La coccola (ラコッコラ)

「筍(たけのこ)のパスタ」
シャキシャキした食感のタケノコをパスタに応用した。
アクセントに、ボラという魚の卵・カラスミを使っている。タケノコは食物繊維も豊富なので、女性に人気がありそうだ。

住所:東京都渋谷区神宮前3-42-3
   林ビル2F

出典:www14.ocn.ne.jp

アンクルトム

東京・恵比寿を訪れて、パスタが食べたいと思った方は是非寄るべき名店。
ここはスパゲティ(パスタ)の専門店で、アサリ、タラコ、醤油味、トマトソースといったジャンルのメニューがある。どれも日本人好みの味わいにしている。

住所:東京都渋谷区恵比寿1-14-7 山本ビル1F

あるでん亭

ランチタイムには、行列ができることは当たり前の、多くの人に喜ばれるパスタ専門店。
茹で方、ソースなどにこだわっていて、イタリア人からの絶賛も多い。

住所:東京都 新宿区 西新宿 1-25-1
   新宿センタービル MB1F

出典:tabelog.com

「スペシャルランチ ベーコンサワークリーム」
混雑は当たり前の、あるでん亭のランチメニューのスパゲディ。
粉チーズを使うカルボナーラとは少し変わった味わいの、サワークリーム風味のクリームソースの味がたまらない。

カルボ

「カルボ」
店名にもなっている、正真正銘のカルボナーラである。
そして、この店の看板メニューでもある。
チーズのコクとベーコンの香ばしさ、そしてパスタの食感がたまらない。

住所:東京都台東区浅草3-42-6

ノスタルジーテーブル

「ズワイガニと魚介の手打ちパスタフルーツトマトのソース」
ズワイガニの身をほぐしたもの、アサリ、色とりどりの野菜をパスタの具にした。
ボンゴレ、ペスカトーレが好きな方におすすめ。

住所:東京都渋谷区恵比寿3-28-7
   ミューリエ恵比寿1F

「カラスミと芽ネギのフェデリーニ」
フェデリーニとは、少し細いパスタである。
ボラという魚の卵・カラスミは、和風のイメージが強いが、パスタにも応用が利く。
そして、さらに味を引き立てるために、ガーリックオイルも使っている。
ノスタルジーテーブル自慢のパスタ。

イタリアンレストラン NOSTALGIE table(ノスタルジー …

開放的な自分になれる大人達の食卓 - イタリアンレストラン NOSTALGIE table(ノスタルジー テーブル)

出典:www.facebook.com

センプレ

「有機野菜とマグロのタリアータの冷製生スパゲッティ」
厳選されたデュラムセモリナ粉で作る生パスタと、それらに合うワインのイタリア料理専門店。
マグロの赤身を軽くあぶって、有機野菜と自慢のパスタを合わせると、素晴らしい逸品ができあがる。

住所:東京都 世田谷区 尾山台 3-10-9
   花繁ビル 2F

出典:www.facebook.com

LA ROSA DEL VIGNETO(ラ ローザ デル ヴィニェート)

「スパゲッティーニ 秋刀魚とフィノッキエットのソース パーネモリーカとボッタルガ」
「葡萄畑の薔薇の花」という意味の店名を持つ、体に優しいイタリアンを提供するレストラン。東京ではこんなお店はなかなかない。
写真のパスタは、和風のイメージが強い秋刀魚(さんま)を、色んな食材と組み合わせて他では滅多に見られない料理に仕立てている。

住所:東京都渋谷区広尾3丁目2−13
   岡野ビル1F

出典:www.facebook.com

Mansalva(マンサルヴァ)

「キタッラ」
イタリア語で「ギター」と言う意味のパスタ。
緑色なので、バジリコを使っているように見えるが、ルッコラを使っているのだ。
ルッコラのほろ苦さと、使っているカラスミと白イカ、少し平べったいパスタが見事に調和する。
住所:東京都 渋谷区 恵比寿 4-9-15
   HAGIWARA BLDG.5 B1F

出典:www.facebook.com

Pizzeria Baggio(ピッツエリア バッジオ)

「桃とトマトと生ハムの冷製パスタ~バジルの香り~」
これはとても珍しいパスタである。
甘くてみずみずしい桃と、トマト、生ハム、バジルを組み合わせてパスタに取り入れると、何とも言えない素敵な味わいになる。
夏で食欲がない方におすすめのパスタである。
住所:東京都 港区 六本木 7-15-24
   河原ビル 2階

レガーレ東中野

「リガトーニ アラビアータ」
マカロニに似ているパスタ・リガトーニに、唐辛子を使った辛いトマトソースをかけた料理。
パスタのもっちりとした食感と、ソースの辛さがたまらない。

住所:東京都中野区東中野3-7-23
   サトウビル 1階

「シェフのお薦めパスタ」
レガーレ東中野のシェフが、18年間の修行の中で培ったノウハウをつぎ込んだ生パスタ。
トマトソース、クリームソース、和風の味付けなど勢ぞろいである。
いかにも女性におすすめな感じが出ている。

出典:www.facebook.com

スパッツァ 東中野店

「名古屋コーチン入り鳥団子と彩り野菜の柚子胡椒風味パスタ」
高級な鶏肉・名古屋コーチンを使った団子と、色鮮やかな野菜をパスタに取り込み、ピリッとした味わいの柚子胡椒で味付けした。
東京に、こんな家庭的なパスタを提供するお店は滅多にないので、ぜひ行って食べてみるとよい。

住所:東京都中野区東中野4丁目3−5
   サンフラワーコーポ 1階

ランチなど、気軽に楽しめるイタリアンを東京で味わうならこのお店で決まり!

出典:www.facebook.com

エ・ピッツェリア・ダ・イーヴォ

「ピッツァ レジーナ」
イタリア料理の中核でもある、一見シンプルなピッツア・マルゲリータに、特別な水牛の乳から作ったモッツァレラチーズをあしらい、より一層豪華にした、「女王のピッツア」と言う意味の名前を持つにふさわしいピッツア。
この店は、もしかしたらイタリアンの真髄を伝えているのかもしれない。

住所:東京都渋谷区広尾1-6-10

出典:www.facebook.com

「リンゴのリゾット」
イタリアの雑炊・リゾットにリンゴを混ぜたもの。これが意外と美味しい。
てっぺんにもリンゴを花びらのように飾っているのがよい。
エ・ピッツェリア・ダ・イーヴォが考案した、掟破りの味である。
こんなイタリア料理はなかなかお目にかかれない。

出典:www.facebook.com

「真蛸(まだこ)のスライス」
タコは、イタリアでも当たり前に食べられている。
これは、タコを軽く茹で、強く絞って水分を取り出し、より不思議な食感にしたものである。
そしてさらにニンニク風味のオリーブオイルをかけて、カルパッチョ風にした。
エ・ピッツェリア・ダ・イーヴォでの食事の前菜に持って来いである。

出典:www.damichele.jp

ダ・ミケーレ

「生ハムと自家製リコッタチーズ」
イタリア・ナポリに本店を持つ、人気ピッツェリアが東京に上陸した。
ピッツアも美味しいが、サイドメニューも十分に美味しくて、これは質の高い生ハムにクセのないリコッタチーズを巻いたものである。
ワインのお供に最適。
住所:東京都渋谷区恵比寿4丁目47

出典:www.damichele.jp

「自家製セミドライトマトとセルバチコサラダ」
これもダ・ミケーレ自慢のサイドメニュー。
ピッツアのこってりした味わいを楽しんで、少しあっさりしたものを食べたい人におすすめ。
使っている野菜は、セルバチコとセミドライトマトのみであるが、香りも味もとてもよい。

出典:www.damichele.jp

「パターテフリット」
これもダ・ミケーレ自慢のサイドメニュー。
カリッとしたジャガイモの中には、ピッツアに不可欠なチーズがとろーりと入っている。
子どもから大人にまで美味しく食べてもらえそうな逸品。
ダ・ミケーレは、楽しさを伝えるユニークなイタリア料理を考えている。

出典:www.facebook.com

La Piccola Tavola (ラ・ピッコラ・ターヴォラ)

「ナポリ メリジェリーナ」
生地の上にトッピングしている、トマト、ケッパー、黒オリーブなどの具材は、どれも厳選したものを使っている。これは絶対焼きたてを頂きたい。
そして、このお店では、日替わりのピッツアを楽しめる。
住所:東京都杉並区永福4丁目2−4

出典:www.facebook.com

Pizzeria Baggio(ピッツエリア バッジオ)

「“もちもち”ガーリックフォカッチャ」
先ほど紹介したPizzeria Baggioは、軽く一杯飲みたいという方も大歓迎している。
この料理は、イタリアの平たいパン・フォカッチャにニンニクとチーズをトッピングして焼いたものである。ビールやワインのお供に最適。
住所:東京都 港区 六本木 7-15-24
   河原ビル 2階

出典:www.facebook.com

「牛スジと牛ホホのピリ辛ラグー 温泉玉子添え」
イタリアの雑炊・リゾットをPizzeria Baggioなりにアレンジした。
柔らかく煮込んだ牛筋肉と牛ホホ肉に辛い味付けを施し、リゾットに加え、さらにオーブンでこんがり焼いた。
食べる時は、上の半熟卵を崩して絡めて召し上がれ。

出典:www.esse-2.com

ESSE DUE (エッセ・ドゥエ)赤坂店

「自家製サラミ リコッタチーズと卵のサラダ添え」
40日かけて熟成させる、この店特製のサラミは、クセのないリコッタチーズとつぶしたゆで卵と一緒に食べると美味しい。
また、箸休めにもちょうどよいこと間違いなし。
住所:東京都港区赤坂6-11-13
   FABLICビル1F,B1

出典:www.esse-2.com

「小ヤリイカの詰め物 白ワインとチェリートマトのソース」
小さくて白い新鮮なヤリイカに、足やオリーブ、ケッパーをぎっしりと詰め込んだ。
さっぱりした味わいの白ワインとトマトのソースで頂く、ESSE DUE渾身の料理。

出典:www.esse-2.com

「ホットワイン」
ESSE DUEが新たに考案したメニュー。
寒い冬にありがたい、体も心も芯から温めてくれそうなワイン。
注文したお料理と一緒に飲むと、より美味しい。
こんな良心的なワインを出すなんて、まさに名店である。

出典:www.facebook.com

Pizzeria Ciro (ピッツェリア チーロ)

「丸ごとレタスのアツアツアンチョビソース」
レタスを大胆に切り、トマトと一緒にお皿に盛り付け、イワシの塩漬け・アンチョビを使ったドレッシングをかけた。
一見シンプルだが、十分に美味しいと評判のサラダである。
住所:東京都中野区東中野3-8-3
   フェニックスビル1階

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪