100均グルーガンでかわいい雑貨作りまとめ

100均グルーガンでかわいい雑貨作りまとめ

100円ショップの材料で、ユニークな雑貨を作りたいとお考えの方必見!最近「100均グルーガン」という斬新な商品が出てきていて、多くのDIY好きを虜にしていることをご存じだろうか。それは物を組み立てるのに大いに役立ち、単品でも十分に使えるのだ。

21

そのまま使えたり強い接着力を持つ、今注目の100均商品・グルーガンとは何か

出典:www.icoro.com

グルーガン

グルーガンとは、右にあるスティック状の樹脂の糊(のり)を左の本体に入れて、電気で温めて溶かし、引き金の部分を引いて糊を好きなだけ出すという画期的な接着剤である。そして最近色々な使い方が考えられてきている。
通常の接着剤と比べて接着力が強く、固まるのが早いのが特徴。
※グルーガンと樹脂スティックは、それぞれ別売りなので注意。

使い方

※写真は、セリアのグルーガン
中にいれたスティックが溶けるためには、まずついている電気コードをプラグに差し込んで、熱を送ることが不可欠だ。
5分ほどしたら、スティックが溶けているので、引き金を引いて溶けた接着剤を出す。
なお、グルーガンは、ダイソーでも手に入る。

注意事項

溶かしたスティックは、とても熱くなっているので、火傷に注意すること。
パッケージに書かれてある、決められた使用時間の限度を越えて使用しないこと。
これは、ダイソーやセリア、あるいはその他の100円ショップ販売されている、グルーガンに対する注意事項である。

グルースティックの色は、透明だけにとどまらない

左から、ピンク、白、茶色の3種類が並んでいる。
これはより楽しい用途が期待できそうである。
もちろん、ダイソーに行けば、赤、青、緑、黄色、黒、銀色、金色もある。

グルーガンはDIYに役立ち、店にはない自分だけのオリジナル雑貨ができる!

出典:prowebpix.com

まずは、丸く小さく垂らして

オーブンシートを敷いて、その上に写真のように温めたグルースティックを絞る。
冷めて固くなったら、表面または裏側にアクリル絵の具を塗る。こうすると、自分て作ったとは思えない可愛い作品ができあがる。
裏にポストタイプのピアス金具、画鋲を接着剤でつけるとよい。
こういう使い方もあるなんて、目から鱗である。
グルーガンはただ接着力が強いだけではないということが伝わってくる。

出典:instagram.com

花のリース

いよいよ、本格的なDIYに入る。
最初でおすすめしたいのが、このリースである。
中核となる、何も飾られてないリース本体、接着に必要なグルーガン、色とりどりの華やかな造花は、みんな100円ショップで揃う。
特にダイソーでは、まるでお花屋さんのように造花が充実している。
花は、本体が見えなくなるくらいたくさんつけたい。
なお、肝心の接着力はとても強靭である。

出典:instagram.com

こちらは、貝殻で作ったシェルリース

浜辺で拾った白い貝殻も、このようにリースにアレンジするとよい。
グルーガンで隙間なくくっつけるだけなので簡単である。そして所々に、パールのビーズをあしらっているのがよい。
なお、貝殻は普通の接着剤だとすぐ取れそうだが、グルーガンだと強度が強いのでしっかり接着できる。

出典:instagram.com

フォトフレーム

平凡なフォトフレーム(写真立て)も、周りに色々なものを、強い強度の100均グルーガンで貼ると、こんなにおしゃれなものになる。
写真は貝殻や人工植物などを使っているが、造花やタイルなど自分の好きなものを貼りつけてもよい。
ダイソーやセリアに行けば、素敵なおすすめデコレーションパーツが豊富にある。

出典:instagram.com

スマートフォンケース

100円ショップ(特にダイソー)では、透明または単色のスマートフォンケースがたくさん販売されている。
これをさらに、自分好みにカスタマイズできることを忘れてはならない。
自分の好きなパーツを、グルーガンで存分に接着しよう。

出典:ameblo.jp

ヘアゴム

写真は、蝶ネクタイのようなリボンをヘアゴムにグルーガンで取り付けたもの。
他にも、くるみボタンを摂りつけてもよい。
グルーガンだと、縫いつける必要がないので便利。
手芸にも大いに役立つこと間違いなし。
もちろんヘアゴムもリボンも100均で手に入る。
組み合わせは無限に広がる。

出典:www.dclog.jp

魔法の杖

食事を食べる時に使うお箸にグルーガンで、盛り上げるような模様をつけ、絵の具で塗装する。場合によってはストーンをつけてもよい。
強度の強いグルーガンによって、威圧感がある魔法が使えそうな杖ができあがる。
使い方次第で、芸術的な作品もできあがること間違いなし。
箸を片方なくしてしまった時に、このDIYがおすすめ。

ランプシェード

浜辺で見つけたサンゴを、グルーガンで組み合わせて作った。
サンゴは所々穴が開いているので、グルーガンのような高い粘度のある接着剤が適している。そして強度も強くなる。
材料費があまりかからない、おすすめの自家製インテリアである。

出典:www.ihanna.nu

キャンドルホルダー

普通のグラスの側面に、ただボタンをグルーガンでぺたぺた貼りつけて作る。
そこにろうそくを入れて、炎を灯すと、幻想的な雰囲気に包まれる。
100均グルーガンによるDIYは、実に無尽蔵である。

手紙を出す時に使いたい、おしゃれなシーリングだって作れる!

出典:kitte.hamazo.tv

シーリングとは

正式名称は、シーリング・スタンプと言い、日本語に訳すと「封蝋(ふうろう)」という名前になる。
これは主にヨーロッパにおいて、手紙の封筒の閉じる部分に用いる蝋である。
これによって「手つかず、未開封」という証明もできる。
これからこのシーリングを、100均グルーガンでDIYする。

シーリングスタンプ

グルーガンもそうだが、シーリングで欠かせないものと言えばコレ。
溶かしたグルーガンの糊がまだ柔らかいうちに押して、模様をつける。
剥がしやすいように、表面に薄く油を塗っておくとよい。
※これは、セリアで手に入る

色んな模様のボタンでシーリング

模様は、先ほど紹介したシーリングスタンプだけではなく、凸凹になっている洋服のボタンでつけるという手もあり、珍しい自分独自のものも作れる。
色が濃い茶色なので、まるでコインチョコレートのように見える。

出典:yukariyoshida.jp

アルファベット文字

AからZまでのアルファベット文字を1つ1つ、シーリングスタンプにした。
真っ黒なグルースティックを使うと、落ち着いた感じが出る。

出典:ameblo.jp

かわいいピンク色

女の子が好きそうな色合いのピンク色のスティックを材料にした。
押すスタンプも、かわいいのを使いたい。

出典:blog.goo.ne.jp

空色と白のマーブル模様

それぞれのスティックを、縦半分に切り、グルーガンにセットして温めて溶かすと、こんなマーブル模様だってできる。
色の組み合わせを変えれば、色んなマーブル模様が作れる。

元気が出てきそうなオレンジ色

太陽の日差しをいっぱい浴びたようなオレンジ色のスティックで作ったシーリング。
使われている柄も、高貴な感じのものではなく、楽しい気分になれるものなのがよい。

出典:blog.goo.ne.jp

色んな色の手作りシーリング

色んな色や模様を組み合わせて、たくさん作って置いておくという手もある。
なお、手紙に貼る時は、新たに接着剤で貼りつける。

リボンをつけて、ラッピングに

シーリングは、手紙だけに使うものとは限らない。
写真のようにリボンをつけて、ラッピングしたプレゼントに貼りつけるというアイデアもある。
格安な100均素材から、こんな素敵なものが生まれるなんて驚きである。

ハロウィンで、凝った装飾をしたい時にも大いに役立つ!

出典:100yen-happy.net

呪いの十字架

いかにも迫力がありそうな十字架。
長い棒と短い棒をしっかりと組み合わせ、全体にグルーガンを絡ませていく。
乾いたら、銀色のアクリル絵の具で塗る。
ここまでホラー感が出せるのも、グルーガンのおかげである。

ハロウィンリース

リース本体が少しでも見えるように飾りつけをするのがコツ。
お化けカボチャ、紅葉、リボンはすべてグルーガンで接着する。
材料はすべて、100均で揃う。
こんな立派なものをお店で買うとなると、5000円はしそうである。

チョーカー風ネックレス

上から血、フランケンシュタインの縫い目、クモの巣をデザインしている。
これもグルーガンで作れるのだ。
ハロウィンパーティーの時にしていくと、注目されること間違いなし。

スイーツデコにグルーガンを使うと、クオリティ高いものができあがる!

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪