西安の兵馬俑は観光目的にも最適な中国の世界遺産

西安の兵馬俑は観光目的にも最適な中国の世界遺産

中国・西安で見逃してはならない名所と言えば、世界遺産にもなった「兵馬俑(へいばよう)」である。 これは、始皇帝の陵墓の周りに埋葬された、兵士や馬の形の石像を差す。 石像は1つ1つ表情が異なり、たくさんの数に圧倒されるに違いない。

世界八大奇跡の一つでもある、中国・西安の「兵馬俑」

兵馬俑とは

古代中国では死者を埋葬する際に、兵士や馬を模った瀬戸物の人形・俑(よう)を一緒に埋葬していた。これは、民間人でも貴族でも皇帝でも同じだったが、今回の「兵馬俑」は、中国初代秦の始皇帝に対する、陵墓の副葬品を示している。
1987年に、ユネスコの世界文化遺産に登録され、観光ツアーの場所にも選ばれている。

出典:baike.baidu.com

秦の始皇帝

中国の最初の皇帝である始皇帝は、あらゆる政治改革を行い、万里の長城を築いたことで有名である。そしてその強大な力で大きな陵墓を建て、たくさんの兵馬俑とともに埋葬された。

兵馬俑の発見者・楊志発(ヤン・シファ)さん

1974年、干ばつがひどくて、井戸を掘ることにした楊志発(ヤン・シファ)さんは、彫り進めていくうちに実物大の兵士の像を発掘した。
それが、当時の歴史を物語る「兵馬俑」だった。

兵馬俑の迫力

2万平方km以上の土地に、3つの俑坑(溝)があり、その中に武士俑が8000、戦車俑が100、陶馬俑が600も納められていた。
これだけ密集していると、重々しい迫力を感じる。

それぞれ表情が違う

俑の表情はみんな同じだと思っている方、それは大きな間違いである。
見てわかる通り、俑の表情は1つ1つ異なっているのだ。
これだけ異なっていれば、より威圧感が増す。

兵馬俑は、元々極彩色だった

ちょっとよく見てみると、うっすらと色が付いているのがおわかりだろうか。
元々兵馬俑は、1個1個すべて色が塗られていたのだ。
しかし、埋葬と長い年月によって、色は消えてしまった。

当時の様子がそのまま残っている、広大な「一号坑」

1号坑の残り半分は発掘途中

1号坑が一番大きくて、まだ発掘が完了していない。東西約210m、南北約60mという広大な面積の中の堀には6000体もの兵馬俑がずらりと並んでいる。

出典:www.china.com.cn

1号坑は兵馬俑の数が一番多い

すべての兵馬俑は、東を向いている。
そして、埋葬された当時の場所や発掘したままの様子を温存している。

兵俑と戦馬の勇ましい姿

三頭の戦馬と戦車を引いて、戦いへ向かう兵士の姿が残っている。戦車は木製なので腐敗してしまってもうない。

出典:www.cnepaper.com

武器の弩(ゆみ)

1号坑の三回目の発掘  ブロンズ製 曲げ長さ145cm、長さ130cm

「二号坑」「三号坑」も、歴史を伝える重要な役割を果たしている

出典:bbs.tiexue.net

緑面俑

珍しい緑色の顔をした、貴重な像。
保存は良好な方なので、慎重に運ばれて、他の博物館で展示されることもある。

持ち膝撃ちの兵士

敵を狙撃する、弩(ゆみ)を持った兵士は、跪いて構えていることが多かった。
なお、弩は木造なので、腐敗してしまってもうない。

指揮を出して、作戦部隊を動かしていた

3号坑は小規模だが、指揮を出して作戦を与えたという、重要な歴史の遺跡を残している。

秦軍の縮小図

三号坑は、兵俑が58体、戦車が1体、戦馬が4体という秦軍の縮小図が温存されている。

色彩の残りがわずか

2200年以上も地面の中で眠っていたので、発掘されてから空気で酸化して色あせてしまった。
例え色がなくなっても、兵馬俑の勇姿は変わらない。

出典:www.myheimat.de

銅製の馬、銅製の馬車

発掘してから8年間もの間、修復した。
馬に引かせながら道を渡った馬車の様子がうかがえる。

兵馬俑には、色んな種類・役職がある

将軍俑

高さ:196cm 、重さ:240kgを持ち、鳥の尾状の帽子を被る。
まるで三国志や水滸伝に登場しそうな威厳を持っている。

出典:blog.goway.com

御手俑

戦いに使う戦車を、リヤカーのように運ぶ兵士。
肝心の洗車は、木製なので腐ってなくなってしまった。

出典:blog.hmns.org

跪き射り俑

膝を地面につけて弓を撃つ兵士。
以前の写真を見てわかる通り、当時の弓は引くのではなく、ボーガンのような感じだった。

出典:user.3g518.com

武士俑

埋葬されている兵馬俑の中で、最も多いのがこれ。
一人一人が、国を守るために勇ましく戦い抜いた。

出典:www.moolf.com

騎兵俑と歩兵俑

左は馬に乗る騎兵俑で、右は歩兵俑である。
どちらも戦いで大いに役立ってくれたと感じる。

出典:www.moolf.com

戦馬

馬だって、戦いで大切な仲間だ。
その馬を模った像ももちろん収められている。

歴史と威厳を伝える・兵馬俑への観光案内地図

中国・西安(シーアン)

兵馬俑があるのは、中国・西安の地方だ。
日本から西安への直行便はないため、まず北京へ渡り、そこから中国陝西省(せんせいしょう)の西安に飛行機でいき、北東30kmへ行くと、兵馬俑へたどり着ける。

出典:www.bjlyw.com

咸陽(かんよう)空港からバスで2時間

ルートは他にもある。北京から咸陽空港まで渡り、そこから運航しているツアーバスで2時間かけて行くと、秦俑(しんよう)博物館=兵馬俑に到着する。


よかったら「いいね!」もよろしく♪