北京・頤和園のまとめ!中国の世界遺産の観光名所

北京・頤和園のまとめ!中国の世界遺産の観光名所

中国の首都・北京で観光旅行をするなら、「頤和園」は外せない。穏やかな風景、歴史ある建物、風に揺れる水面など、感動を誘う光景があふれていて、旅の思い出になる。中国の古い時代の歴史と文化を噛みしめながら観光したい。

多くの観光客を魅了する、「頤和園(いわえん)」の歴史

北京の広い観光名所・頤和園(いわえん)

頤和園とは、清の繁栄期である朝乾隆帝が15年間かけて建立された庭園公園である。
中華民国が成立すると、有料で一般の方へ開放していたが、中国最後の皇帝・溥儀が紫禁城から追い出されると、無料の公園となった。
そして1988年に、ユネスコの世界文化遺産として登録された。

出典:www.timetw.com

修復とともに、名前が変わった

最初は、清漪園(せいいえん)という名前だった。
アヘン戦争の勃発で上陸したイギリスとフランスの軍隊によって、清漪園は荒廃し、焼失してしまった。
1888年に慈禧太后が、海軍の軍費を使って清漪園を修復。それに伴い名前を「清漪園」から「頤和園」に変えた。

出典:www.ce.cn

建国後再び修復

頤和園になってからも戦争は続き、その度に園は破壊された。1949年から中国政府は、再び費用を捻出して修復していた。そして中国の典型的な庭園芸術として現在に至っている。

園内には、歴史を物語る建築物がたくさんある

出典:www.huitu.com

仏香阁(ぶっこうかく)

この庭園の目玉でもある、高さ41mの塔。これは観光では見逃せない。
20mもの石の土台の上には、3階建ての8角形の塔がそびえる。
麓から見上げると、圧倒される。

出典:www.yododo.com

昆明湖 (こんめいこ)

220ヘクタールの面積を持つ、頤和園で最も大きい湖。
水は北京郊外から泉水を引いてきている。
東堤、西堤、南湖島、十七孔橋などの素晴らしい景観が水面(みなも)にある。

出典:blog.sina.com.cn

昆明湖全景

先ほど紹介した仏香阁の上から、昆明湖全体を見渡すことができる。高い所から見る景色は、実に素晴らしい。

出典:news.ifeng.com

排雲殿 (はいうんでん)

中国唯一の、最大最大の古代庭園でもある。
主に西太后の誕生日の祝賀などの儀式に使われ、避暑地としても有名な場所だった。

出典:news.blcu.edu.cn

徳和園の大戯楼

西太后が演劇を見るために建てた劇場。中には色々な装置があって背景を変えられたり、俳優の移動が簡単にできるようになっている。
現在でもここで、歴史的文化の劇が披露されている。

出典:www.photofans.cn

どこまでも続く長廊

全長728mの距離と548本もの柱で構成した長い廊下。
梁にはテンペラ(卵液を混ぜた絵画技法)が14000作品もあり、ギネス世界記録に認定された。

智慧海(寺)

海ではなく、万寿山の山頂にある寺院のことである。
一見木造に見えるが、しっかりとした石造なのだ。
そしてここから北側を、后山后湖景区と呼ぶ。

清晏舫 (せいあんぼう)

またの名を「石舫」とも言う、水に突き出ている舟の形をした建造物。
全長36mもあるこの建造物は、大理石で作られている。
一見中国風に見えるが、中に入ると西洋の舞踏会のように鏡が貼られていて、ステンドグラスの窓がある。

出典:bbs.zol.com.cn

玉瀾堂 (ユーランタン)

西太后から政権を取り上げられた光緒帝が監禁された場所。
中にある家具は、再現のために新たに置かれたものではなく、全て当時使われていたものがそのまま残っている。

出典:www.baike.com

獅子林

元の時代に造られ、蘇州四大庭園の1つとして存在している。
約0.9ヘクタールの面積を持つ。

出典:www.fengniao.com

夕佳楼で、沈む夕日を堪能

昆明湖に直面した、夕佳楼という建物からは、美しい夕焼けが見られる。
乾隆帝 という皇帝は、66回もここに来たが、夕日を一回も見れなくて、その残念な気持ちで詩を作った。

万寿山(まんじゅさん)全景

高さ60mの山の麓には、昆明湖、排雲殿、仏香閣、智慧海などこれまで紹介してきた園内の名所がある。
そして昔はこの一帯で、馬の放牧をしていた。

出典:www.quanjing.com

牌楼

漢族が残した伝統的できらびやかな建築物。
横浜中華街にも、このように豪華な鳥居のような門がある。

出典:chuacuclac.com

宝雲閣 (ほううんかく)

ちょっと京都の銀閣寺に似ていて、7.55mの高さを持ち、木と207トンの銅でできている。
さらに屋根の上には怪獣の彫刻が施されて、壁には4人の英雄の名前が彫られている。

出典:m.fengniao.com

蘇州街 (そしゅうがい)

江南地方の水郷を参考にした、60以上の店舗が集う街並み。
かつては色んなものを売る宮廷市場だったが、現在は土産物を売るなど、観光客相手の店が集まっている。

出典:m.fengniao.com

きれいな紅葉や木々が映る後湖

頤和園には、後湖という広くて透き通った水の湖がある。
水面には、きれいな紅葉の木々や柳の木が、鏡に映したように映る。

出典:www.hnzggl.com

水面に浮かぶ園内の蓮(はす)

頤和園を広範囲で占めている、湖などの水面には、蓮の花と葉っぱが浮かんでいることも多い。華麗に咲く花が水に浮かぶ光景は、とても美しい。

十七孔橋 (じゅうしちこうきょう )

なだらかな曲線と、17個のアーチで構築した、多くの人が行き来する橋。
中国古代漢橋の傑作でもあり、清朝乾隆帝が建造した、園内最大の石橋なのだ。

出典:www.quanjing.com

十七孔橋の小さな石像

橋の上には、獅子のような石像が544個もある。
150mもある長い橋を守ってくれそうだ。

仁寿殿 (じんじゅでん)

正門をくぐった後にある、仁寿門の奥に位置する建物。
主に皇帝が、大臣の謁見を行うのに使用していた。
中には、当時使われていた数々の遺品が納められている。

出典:www.baike.com

仁寿殿前にある、奇妙な生き物の銅像

頭は龍、尾は獅子、角は鹿、足は牛、全身を鱗で覆っている想像上の伝説の生き物が、銅像になって仁寿殿の前にある。
なおこの生き物は、中国では善悪を見分けられると称えられている。

出典:www.chubj.com

听鹂館 (ちょうりかん)

遥か昔は、慈禧太后が古代の劇を見るのに使っていた。
現在は宮廷料理専門のレストランとなっていて、一般開放している。
観光を楽しんだ後は、ここで食事しても悪くない。

日本から頤和園への観光案内

出典:www.tripdv.com

北京国際空港から頤和園まで36.7km

日本から出ている直行便で北京に渡り、空港から36.7㎞の距離で頤和園にたどり着ける。
また、北京中心部から西北に10km移動しても行ける。


よかったら「いいね!」もよろしく♪