みんな片づけるところに困っているドライヤーの収納アイデア

みんな片づけるところに困っているドライヤーの収納アイデア

濡れた髪を乾かす「ドライヤー」は、常に洗面所に置いてあることが多いが、どうやって収納しているか考えたことはあるだろうか。ただボンと置くのではなく、すっきりと整理して、使いやすいように工夫していることが伺える。

アイデアを生かして、ドライヤーを使いやすいようにすっきりと収納!

出典:www.ebay.co.uk

クシやブラシを入れるのに使う台にらせんをつけて、そこに入れる

ステンレス製の、クシやブラシを入れられる台にしっかりとしたらせんを取り付け、そこにドライヤーを入れた。
これで使いたい時にすぐ使える。

他のものも入れられる引き出し付き台に収める

化粧水や乳液などを入れられる収納台の後ろは、ドライヤーとヘアアイロンを片づけられるようになっている。
これは、自分でDIYしてもよい。

隠し扉の中にしまう

このような隠し扉があるなら、ドライヤーをしまっても悪くない。
大切に保管するという役割もある。

出典:www.organize.com

洗面台の扉の内側に付ける

収納かごを、洗面台の扉の内側に付けるという手もある。
ドライヤーをすぐ片づける、使えるようにするのもコツ。

出典:hihul.com

手作りした木の吊り棚に置く

板を組み合わせて作った、手作りの吊り棚に、ドライヤー、ヘアアイロン、化粧水、洗い流さないトリートメントなどを置いた。
DIY作品も、アイロンを片づけるのに役立つ。

出典:www.pbteen.com

ヘアアイロン、化粧水といっしょにまとめて

6つに仕切られている木の箱に保管する。
ドライヤーとアイロンが、同じ柄というのが面白い。

出典:thatwifeblog.com

透明なガラスの容器に収める

透明なガラスの容器に、ドライヤーとアタッチメントを保管した。
ガラスだと、落とした時が心配という方は、アクリルの容器でも構わない。

縦向きの板に取り付ける

縦長の板に金具を付けて、壁に取り付ける。
たったこれだけのアイデアで、ドライヤー、アイロン整理に役立つ。

メッシュのカゴに入れる

至って簡単な、ドライヤー収納方法。
必ず容積にドライヤーが収まるようにすること。

洗面台の扉の外側に付ける

今度は、扉の外側に留め具を付けた。
利便性を追求するなら、この方法がおすすめ。

扉の内側にフックを取り付けて、引っかけてもよい

至って簡単なDIY方法。
ただビスフックをねじ込むだけなので、非常に簡単。

螺旋状の金具を取りつけて、そこに収納する

しっかりとした螺旋状の金具をつけて、そこにドライヤーを収めた。
一見簡素だが、デザインがおしゃれ。

単管パイプのジョイントをDIY

繋げて使う単管パイプのジョイント部分を、ドライヤーとヘアアイロン入れにした。
下の部分に重りを仕込んでおくとよい。

出典:www.ebay.com

ヘアアイロン、コテ、ドライヤーのワンセット

既製品を使って整理するという手もある。
デザイン、機能ともに優秀なものを使いたい。

書類ケースを使って

100円ショップにも売っている書類を整理するケースは、ドライヤー整理にも役立つ。
簡単に穴を空けられるので、扉の内側に付けたい。

下に電源スイッチが付いている収納ボックス

これは、アイデアを生かした立派なDIY作品。
下は、コンセントを繋げられるプラグスイッチが付いている。

小さな棚に穴を空けて、ヘアアイロンと一緒に

手作り、あるいは市販の棚に穴を空けて、ドライヤーとヘアアイロン専用の棚を作った。
突っ込んでおけるということが最大の特徴。

引き出しを加工

ドレッサーの引き出しに手を加えて、ドライヤー専用の引き出しにした。
2つ分を丸ごと加工したというアイデアがすごい。

タオル掛けとブラシ立てをセットにして

ドライヤー掛け、タオル掛け、ブラシ立てが1つになって壁にかかっている。
このような組み合わせも面白い。

立てて使う、書類ケースも使える

これはドライヤーというより、あまり使わないヘアアイロンを収納するのによい。

おしゃれなデザインの整理グッズ

ヨーロピアン風の芸術的な整理グッズは、女性の強い味方と言える。
まるで洗面所がおしゃれなヘアサロンのようになった。

フックにぶら下げたカップに収める

連なっているフックに黒いカップをぶら下げた。ただそれだけなのに洗面所の整理に大いに役立つ。
ヘアクリップやヘアゴムを入れても悪くない。

プラスチック容器を加工して、扉の内側に付ける

これは不要になった容器をリメイクしてもよい。
容器は、ドライヤーが収まる容積があるものを使うこと。

出典:www.amazon.com

洗面台の土台に、ドライヤー・ヘアアイロン専用の部屋を設ける

業者に頼んで、リフォームしてもらうという形になる。
アイロンとドライヤー専用の部屋を作るなんて、非常に贅沢である。

壁に付ける、扉付きの収納棚

扉を開くと、アイロンやドライヤーがあった。
デザインもなかなかオシャレで、機能も優秀である。


よかったら「いいね!」もよろしく♪