靴のリメイクで自分だけのおしゃれなシューズを作ったアイデア集

靴のリメイクで自分だけのおしゃれなシューズを作ったアイデア集

無地の上履きやスニーカーを始め、少し汚れてくたびれてきた靴に、ちょっとしたアイデアを加えてリメイクするという方法が考え出されている。色を塗ったり布を貼ったり、ワンポイントになるようなDIYを重ねることで、お店にありそうな作品に仕上がる。

2016.2.10 UPDATE

5

平凡な靴に手を加えて、自分好みにリメイクDIY!!!

無地のスニーカーに、スタンプを押す

一見何の変哲もない無地のスニーカーに、パイナップルのスタンプをポンポン押してアレンジを加えた。すると無地の時では得られなかった印象が出てきて、よりかわいくリメイクできた。

出典:momspark.net

白いスニーカーに、黄土色の絵の具を塗る

次はひもがあるスニーカーに、黄土色の絵の具を塗装してリメイクした。絵の具を塗る部分を決めておいて、鉛筆で線を描いておけば失敗しない。ちなみに塗る色は、自分の好きな色で構わない。

かかとがあるハイヒールに、布をしわなく貼る

一色だけのハイヒールに、好きな柄の布を貼ってリメイクした。ハイヒールのつま先、側面、かかと部分に刷毛で糊を塗って、しわがないように布を貼るのがコツ。

出典:kittenhood.ro

かわいい猫の顔

マスキングテープを使って靴の塗りたくない部分を覆い、つま先の部分だけ黒く、猫の顔になるように塗る。乾いたら白い絵の具で目と鼻と髭を描いてできあがり。

模様を付けるのに、マスキングテープを使っている

元々は緑色のハイヒールだったが、マスキングテープで塗りたくない部分を保護して、黒い絵の具で塗装して乾かしてテープを剥がすと、こんなにおしゃれな模様ができあがり、お店で売られていそうな靴に仕上がった。

リボン、レース、かわいい柄でデコレーション

女の子らしいデコレーションをした、かかとが高くない無地のパンプス。つま先部分にかわいい布やレース生地、小さなリボンを飾りつけすると、お店で売っていそうなこんなにかわいい靴にリメイクできた。

黒い靴にレースリボンを貼っていく

黒地のパンプスに接着剤を塗って、青いレースのリボンをくるくる巻き付けていくと、全く違う印象のパンプスに生まれ変わった。レースリボンは安く手に入るので、費用もあまりかからないというところがありがたい。

安く買ったサンダルの鼻緒をアレンジ

比較的安い値段で販売されているサンダルの鼻緒に、パーツを貼りつけるなどの方法でちょっと手を加えるとこんなにおしゃれになる。写真は四角いパーツを使っているが、他の形でも全然OK。

側面とその間に使う布は異なっている

両側の側面と、中央の部分に好きな柄の布を貼りつけた、リメイクスニーカー。スニーカー自体が無地なら、絵の具で塗装しても全然かまわない。さらにはラメパウダーでデコレーションしてもよい。

出典:weheartit.com

グラデーションのパステルカラーに染める

無地のひもつきスニーカーを、グラデーションがかった複数のパステルカラーで染めた。染める時は、染料を水に溶いたものを使うと簡単にできる。このアイデアを生かした靴は、小学生の女の子にぴったりな靴だ。

底をサンダルなどで厚くして、ロープを巻き付ける

平凡なスニーカーを、なかなか思いつかない発想でリメイクした。底の部分を安いサンダルで分厚くして、つなぎ目をロープで隠すだけでこんなに素晴らしく生まれ変わる。なお使う接着剤は、グルーガンが最適。

サンダルの鼻緒を、カラフルなボタンでデコレーション

またまた、安く買った簡易なサンダルのリメイク方法。今度は様々な大きさがある色とりどりのボタンを鼻緒部分にくっつけた。付けるボタンは取れてしまったものや、余ってしまった半端なものでも大丈夫。

出典:laurenconrad.com

ハイヒールのかかとに、レースを付ける

普通のハイヒールにちょっとワンポイントを加えたいという方は、ぜひこの方法を試してみるとよい。かかと部分にグルーガンで一直線状の接着剤を塗り、ひらひらしたレースリボンを貼りつけるという簡単な方法でリメイクできる。

出典:miss-kris.com

使わなくなったスカーフを、ミュールに結びつける

使わなくなったスカーフを直線状に切って、ごく普通のミュールの先端部分に巻き付けると、不思議なことにもっとおしゃれになった。今使っているミュールに飽きてしまったら、このアイデアを試すとよい。

一部分だけ模様を付ける

レザー生地に模様を描いて、ローファー靴に合うように切り取り、貼りつけた。ちなみに模様は内側に貼りつけてもよい。

ハイヒールのかかとを、ラインストーンでデコレーション

携帯電話やスマートフォンケースのデコレーションにも使うラインストーンは、実は写真のように、ハイヒールへの応用もできるのだ。ちなみに使うラインストーンは、スワロフスキーがおすすめ。

マジックで模様を描いて塗りつぶす

無地の靴やスリッポンを、布を使わず自分の好きなようにリメイクした。使うマジックは、ポスターカラー(ポスカ)がおすすめ。

スリッパでも、しっかりリメイクできる

室内で履くスリッパに、ちょっと猫の顔をつけると、自分らしい仕上がりになる。猫の表情は、かわいいのがよい。

出典:weheartit.com

靴ひもを通す部分にアレンジを加える

100円ショップでも手に入る小さい造花を、靴ひもを通す穴に接着剤でつけた。使う接着剤は、グルーガンがピッタリ。

出典:weheartit.com

冬用ブーツの後ろをデコレーション

冬に履いていく、内側がもこもこした短いブーツの後ろ側に、蝶ネクタイのようなリボンを付けると、より冬らしくなった。

出典:honestlywtf.com

夏のミュールに、ちょっとひと工夫

夏らしい市販のミュールに、束ねた糸を結び付けて、自分なりのアレンジをした。

出典:miss-kris.com

先端を、スパンコールでデコレーション

パンプスの、尖っている先端部分に接着剤を塗り、金色のスパンコールを貼りつけた。先端だけでも飾りを施すと、とても素晴らしく見える。

出典:lovelyindeed.com

毛糸のポンポンを付けてもOK

毛糸で簡単に作れるポンポンを、靴のつま先に付けた。まるでディズニーのティンカーベルが履いている靴みたいである。

出典:howtwostyle.com

ゴールドのラメパウダーでゴージャスに

スリッポン、またはスニーカーのつま先、かかと部分に接着剤を塗って、ラメパウダーをまぶした。するとまばゆい輝きを放つ靴にリメイクできた。

レースリボンで繋ぐ

足首とつま先部分についているストラップに、ふわふわしたレースリボンを付けて繋ぎ合わせた。こんな簡単な方法でおしゃれなミュールに生まれ変わった。

出典:www.examiner.com

裏側を、ラメパウダーでデコレーション

かかとが高いハイヒールだけにしかできない技。外側じゃなく、あまり目立たない裏側にラメパウダーを施してるのが最大の特徴。


よかったら「いいね!」もよろしく♪