ミニチュアガーデンのアレンジ方法・癒しの緑を取り入れよう!

ミニチュアガーデンのアレンジ方法・癒しの緑を取り入れよう!

疲れてへとへとになった時に見ると癒される、緑の植物をもっと手軽な感じでまとめた「ミニチュアガーデン」は、ぜひ家に置いておきたい箱庭である。色んな植物と小物を組み合わせて、自分だけのステキなアレンジ方法を生かすと、素晴らしい逸品ができあがる。

2016.4.7 UPDATE

5

色んな植物を寄せ植えして、緑豊かな素晴らしいミニチュアガーデンを作ろう!

ワラを編んで作ったカゴにあしらって

まずは、ワラを編んで作ったカゴに土を詰めて、そこに色んな植物を寄せ植えにした。たったこれだけでも、心を癒す箱庭ができあがった。ちなみに使う植物は園芸センターで相談してみるとよい。

出典:www.homedit.com

さざれ石を敷いて、本物らしい箱庭に

今度は細々としたさざれ石を敷いて、苔のような植物を植えて、本当の庭のような箱庭を作った。全体がよくまとまるように物を設置して、植物を植えていくのがコツである。

出典:weheartit.com

ちょっとミニチュアを置くだけでもOK

いいアイデアが浮かばないという方は、小さなミニチュアを置くだけでもよい。写真はイスとテーブルなので、庭のカフェみたいな光景が作れる。

石を繋げて、箱庭の土台を作る

拾った小石を接着剤で繋げて、底になっている円形に切った板を接着すると、立派な箱庭の土台になる。そして中に土を詰めて、芝生やミニチュアの家や小物を置いていくと、まるで庭師が作ったような箱庭ができあがった。

出典:www.sortra.com

おはじきやビー玉を敷いてもよい

今度は地面を砂利ではなく、透明なおはじきやビー玉で埋め尽くした。すると今までにはなかった芸術的な感じが十分に出てくるのがわかる。もちろん100円ショップでも手に入るアクリルストーンを使っても構わない。

大きな葉っぱの植物を植えてもよい

ジャングルに映えていそうな、大きな葉っぱの植物も箱庭に加えたい。そしてそこにバンガローのミニチュアを付けると、熱帯雨林のリゾート地みたいなレイアウト方法になる。

出典:www.sortra.com

古ぼけた感じのミニチュアも使える

ちょっと古ぼけていたり、アンティーク感があふれるミニチュアも、箱庭に十分に使える。そして何より、それらのミニチュアは素敵な感じを出しているのがよくわかる。

出典:weheartit.com

粘土で作った植木鉢の植物を飾ってもよい

紙粘土で作った植木鉢の植物も、自分オリジナルデザインの箱庭にふさわしい。もちろん植木鉢以外の粘土作品も、箱庭に馴染むこと間違いなし。

出典:salttree.net

ティーカップに植えてもよい

不要になったティーカップがあるなら、箱庭用の鉢に使うとよい。そこに土を詰めて、植物を植えていき、最後に街灯とベンチのミニチュアを飾って完成。これは一人暮らしの型でも簡単にできるミニチュアガーデンだ。

出典:weheartit.com

小さなジョウロで水をあげる

注ぎ口にちゃんと穴が開いている小さなジョウロで、実際に栽培している小さな植物に水をあげている。このジョウロは箱庭の中に置いておくと、十分なインテリアになり水を与えることができるようになる。

小さな花を育ててもよい

箱庭、ミニチュアガーデンは、小さな花を育てるプランターになる。やっぱり小さな花でも大切に育てたらきれいに咲き誇る。

小鳥のオブジェを添えて

今度は、きれいな色をした小鳥のオブジェを添えた。やっぱり枝に止まる小鳥は非常にかわいくて、それだけでも素晴らしい風景になる。もちろん小鳥は粘土で作っても構わない。

植木鉢を設置して

植物を育てる植木鉢をちょっと加工して、箱庭に置きたい素敵な家へと変身させた。これらはまさに妖精が住みそうな、森の家である。そして全体を素晴らしく盛り上げてくれること間違いなし。

太い枝のてっぺんに、巣箱を設置する

太い枝のてっぺんに、DIYで作った鳥の巣箱を設置した。そして巣箱には曲げた竹ひごで作った梯子がある。そして箱庭の所々には、きのこのミニチュアが設置されていて、より森林らしい雰囲気を出している。

出典:www.flickr.com

透明なガラス容器も使える

透明なガラス容器も、十分に箱庭作りに使える。そこに土を詰めて小石や砂利を置いて、花を咲かせた曲がった木を植えると、十分すぎるほど素晴らしい箱庭ができあがった。ガラスの透明感が全体をまとめている。

多肉植物を植えてもOK

あまり水をあげなくても成長する多肉植物も、自分で作る箱庭に取り入れたい。多肉植物が持つ質感が、全体を盛り上げてくれること間違いなし。

妖精の住む庭

今度は花とかわいい植物を植え付けた箱庭に、妖精のミニチュアを設置した。やっぱり妖精は、花と緑の庭園にふさわしい存在だ。ちなみに浮いている様子を表現するなら、針金を付けるとよい。

ピクニック用のバスケットを活用

ピクニックでお弁当を持ち運ぶ時に使うバスケットを、もう使わなくなったなら、箱庭としてリメイクするとよい。これだけ大きければ、ハーブなどを育てるプランターとして使っても悪くない。

出典:www.flickr.com

枯れ枝を突き刺してもよい

子供が遊ぶのにふさわしい庭園を、箱庭に取り入れた。ちなみにその庭園には枝分かれした枝が植えてあるのが特徴である。ここは子供の遊び場にふさわしい環境だ。

出典:www.flickr.com

あちこちにきれいな花が咲き誇る

小さいけれど、カラフルでかわいい花があちこちに咲き誇っていて、見事に調和している。これは、土台に種をまいてちゃんと水をあげて心を込めて育てたということが伝わってきそうだ。

色んな種類のサボテンを植えて

乾燥した地帯で成長するサボテンをたくさん集めて、山のように盛り付けて、素敵な箱庭を形成した。これはサボテンをこよなく愛する人にふさわしい箱庭である。そしてフラワーアレンジメントコンテストで出しても悪くない。

たくさんの妖精が仲良く暮らす庭

今度はたくさんの妖精の人形を設置して、妖精が仲良く暮らす庭を作成した。こういうファンタジーな要素は、緑あふれるガーデン、箱庭にとてもふさわしい。

出典:www.homedit.com

庭においても悪くない

これまで作ってきた箱庭は、室内に設置してきたが、室外の庭に設置しても構わない。ガーデンパーティーをする時には、お客様からの注目を浴びそうだ。

枝と小石で作った、井戸のミニチュア

小石を接着剤で組み合わせたり、枝を折って組み立てていくことで井戸に必要なパーツができあがる。そしてその2つを合わせると、箱庭にふさわしい自然の井戸が完成する。

自分ならではの表現方法

やっぱり箱庭は自然の芸術なので、自分好みにアレンジすると、他にはない表現や楽しさが生まれてくる。そして部屋に癒しをもたらすインテリアにもなってくれる。

出典:efairies.com

ぶら下がっているカゴに、緑の球を置く

針金などで作った、ぶら下がっているカゴに緑の植物の球を置いた。ちなみにフックが突き刺さっている地面には、豊かな緑があふれているのがわかる。これはオフィスに置いても全然悪くない。


よかったら「いいね!」もよろしく♪