コーナーラックをDIY!部屋の角の収納デザインまとめ

コーナーラックをDIY!部屋の角の収納デザインまとめ

直角になっている部屋の隅に、コーナーラックというものを設置すると、本やお気に入りの雑貨を置けて、飾ることができる。さらには意外なアイデアを加えて、インテリアになるようにもしている。あまり場所も取らないので、DIYにもピッタリである。

物を整理したりディスプレイしたりするのに役立つ、DIYコーナーラック!

白い板を組み立てて、植物などを飾る

まずは白く塗装した分厚い板を角に設置して、基本的な形状のコーナーラックを作った。そこには植木鉢で育てた植物や、額縁に収めた写真や絵を飾っておきたい。

ブランコのようにぶら下げて、ぬいぐるみや絵本を飾る

普通の板をロープで繋げて、ブランコのような棚を作った。そしてここに子供のぬいぐるみや絵本などをたくさん載せて、楽しそうにディスプレイしている。これなら子供は大喜びしてくれそうだ。

1枚のドアを半分に折って

ボロボロになってしまった1枚のドアをきれいに塗装して、半分に切って直角になるようにつなげて、素敵な印象のコーナーラックを作った。取っ手をあえて残しているのがまた素晴らしい。

エアプランツやミニチュアを飾ってもよい

普通の板で作ったシンプルなコーナーラックには、エアプランツやユニークな雑貨、ミニチュアが飾られている。そしてそれらは棚板と十分に馴染んでいて、素敵なインテリアを作っている。

冷蔵庫と壁の間の隙間を活用

棚板を取り付けた木枠には、たくさんの調味料が収まっている。そして底にはキャスターが付いているので、使いたい時にすぐに引き出して使えるという特徴がある。そしてこれはわずかなスペースを有効活用していることが伺える。

梯子をリメイク

今度はだいぶボロボロになった木製の梯子を使って、素敵なコーナーラックを作った。梯子の形状を生かして、物を整理しているというのがとても素晴らしい。

二等辺三角形の板を取り付けて

今度は分厚い板を二等辺三角形に切って、直角の壁に取り付けた。この上には花瓶に生けた植物や、写真立てに収めた写真などを置いておくとよい。

立派な本棚

小説や論文、そして辞書や百科事典などの本がたくさん乗っている、コーナーラックの本棚。ちなみに取り付ける時は本の重さに耐えられるようにしっかりと金具を付けること。

出典:www.homedit.com

空間が狭くても、十分に使える

例え空間が狭くても、工夫を生かせば立派な収納場所になるということを忘れてはならない。1枚の板に取り付けた正方形には、目覚まし時計や小説の本などが置かれている。

白く塗ったドアも活用

白く塗装した古いドアも、工夫を加えることで素晴らしいコーナーラックにリメイクできる。ちなみにそこには金具で取り付ける簡易な棚を付けておくだけでよい。

茶色い板も使える

渋い色合いをまとった茶色い板も、コーナーラックに十分に使える。こんなコーナーラックなら、ぜひとも書斎に置いておきたい。もちろんここには辞書などを置いても構わない。

シンプルな木枠の本棚

至ってシンプルなコーナーラックだが、ちゃんと本の整理に役立っている。角についている木枠の繋ぎ目は、少しでもずれたりしないように繋ぎ合わせること。

背面を取り付ける

今度は古ぼけた木を繋ぎ合わせて、背面のあるコーナーラックを作った。これは木の温もりが十分すぎるほどあふれているので、植物などを飾っておきたい。

突っ張り棒を使って、ハンガーをかけるようにする

突っ張り棒をしっかりと取り付けているだけでも、立派なコーナーラックはできあがる。そしてそこは、ハンガーにかけた洋服をかけておくのに最適な場所である。突っ張り棒をつける時は、曲がった金具を使うのがコツである。

木の書類ケースを活用

今度は書類を保管する木のケースを横にして、とても簡易なコーナーラックを作った。上に置いてあるものは地球儀と紙と筆記用具だけだが、メモぐらいは取れそうだ。もちろんケースの中には物を入れられる。

出典:homemydesign.com

今度は2つの木枠を使って

先ほど紹介したのと同じような木の枠を2つ組み合わせて、よりおしゃれなコーナーの本棚を作った。2つを組み合わせるという方法によって、素敵なインテリアが誕生する。

出典:www.homedit.com

ベッドのそばに付けたい、小さな範囲の棚

ベッドのそばにあると便利な、小さな範囲の棚を設けた。そこには寝る前に読む小説や、明かりをともす電気スタンドを置いておきたい。これでよい夢を見られそうだ。

大規模な本棚

かなり手間暇がかかっていることが伺える、大規模なコーナー本棚。これは自分で1から手作りした、圧巻のDIY作品である。リビングや書斎に設置すると、よりよいインテリアになりそうだ。

下にはベンチもついている

下には、靴やスリッパなどをしまえるベンチが付いていて、上にはフックと物を置ける棚がある。これらの組み合わせによってより快適な環境が作られているのがわかる。ちなみにベンチは、仕事で疲れた時にくつろぐのに最適である。

壁にフックを取り付けてもよい

先ほど紹介したものと似ているが、今度は壁に板に張り付いたフックだけが取り付いているのがわかる。もちろんフックだけを壁に差し込むだけでも構わない。

靴置き場にもなる

今度は、コーナーラックを靴置き場として活用している。普段履くスニーカーや長靴を置いても構わないが、家の中で履くスリッパを置いても全然OKである。

半端な角を上手に生かして

窪みのような半端な角に分厚い板を切って作った二等辺三角形を取り付けて、立派なコーナーラックを作った。半端なスペースを有効活用するなんて、さすがDIYである。

洗練されたデザイン

全体的に少し丸みを帯びていて、上と下で大きさが異なっているのが特徴のコーナーラック。上にも下にも好きなものをちゃんと置ける。

洗濯機が置いているランドリールームにも使える

洗濯機や乾燥機が置かれているランドリールームに、たくさん物を置けるコーナーラックを設置した。ここには洗濯が終わって乾いたタオルや洗剤などを置いておくとよい。

ジグザグになっている直角

長方形や正方形に切った板を組み合わせて、直角に折れ曲がっているようなコーナーラックを作った。形状がなかなかモダンで斬新的なので、若い人に人気がありそうである。


よかったら「いいね!」もよろしく♪