石垣島で買いたいお土産!沖縄の名産品を紹介!

石垣島で買いたいお土産!沖縄の名産品を紹介!

沖縄県に近い島・石垣島にも、沖縄に劣らないくらいの素晴らしいお土産が充実している。それらは島の特色を生かしているものから始まり、他の県では絶対に手に入らない逸品などがある。なので、旅行に来たら是非じっくりと見てみるとよいだろう。

2018.1.23 UPDATE

2

塩を使ったものや個性的なものがある、石垣島の情熱が伝わってきそうなお土産!

石垣の塩ちんすこう

沖縄県や石垣島を代表するお土産と言えば、独特の触感を持つ焼き菓子・ちんすこうである。そして石垣島に来たなら、石垣島の海で採れた塩を使って味を出したものを買うとよい。

出典:www.oki-toku.com

焼きショコラ石垣の塩ちんすこう

こちらは、先ほど紹介した塩ちんすこうをちょっとアレンジしたものである。少し苦いココアパウダーを入れて、より深い味わいにしているのが特徴である。

石垣の塩チョコレート

甘さとしょっぱさが絶妙に調和している、石垣島ならではの板チョコレート。ちなみにこれは日本有数のチョコレートメーカー・ロイズが作っているのだ。

ユーグレナちんすこう

59種類もの栄養素が含まれているミドリムシ・ユーグレナを配合した、珍しいちんすこう。これもなかなか引きつけられそうな要素が含まれている。

石垣島泡盛ゼリー

石垣島や青森で親しまれている地酒・泡盛を材料にしたゼリー。アルコール度数はあまり強くなく、凍らせて食べても美味しい大人のデザートである。

石垣の塩 塩ベイクドドーナツ

またまた、石垣島の塩を使ったスイーツ。全国菓子博覧会で金賞を受賞した経歴も持っている、素晴らしい焼きドーナツである。ドーナツ生地の甘さとほのかな塩味が見事に調和して、よい味を出している。

出典:www.oki-toku.com

ピパーズかりんとう

石垣島で採れる香辛料・ピパーズを生地に練り込んで作ったかりんとう。ピパーズの風味がちょうどよいアクセントになっていて、素朴な味わいがするのが特徴である。

紅芋かりんとう

沖縄の大地で育まれた紅芋を練り込んだかりんとう。この素朴な味わいが多くの人を惹きつけているので、石垣島でも人気があるお土産になっている。もちろんお茶とも相性抜群。

西表島生まれのおいしい黒糖

西表島(いりおもてじま)で育まれたサトウキビから取れた、黒砂糖。疲れた時に口に入れると、元気が湧き出てくる。そしてありとあらゆる料理やお菓子にも応用できる。

出典:sunishigaki.com

パイナップル

石垣島に来たら、パイナップル農園も見ていくとよい。そしてそこで採れたパイナップルを食べたり、お土産として買ったりするとよい。一口食べると、甘酸っぱい味の果汁がほとばしる。

出典:www.oki-toku.com

八重ちどり

これも、石垣島のお土産の定番。しっとりしたプレーン生地とチョコレート生地、さらにはビスケット生地で白餡を包んだお菓子。40年以上もの歴史があって、多くの人に愛されている。

黒糖チョコレート

今度は、沖縄で採れた黒糖をチョコレートに混ぜ込んでいる。チョコと砂糖の甘さが調和して、素晴らしい味わいを作りだしている。もちろんこちらも、ロイズで作られている。

出典:www.royce.com

ロイズ石垣島 生チョコレートS マンゴー

ロイズ自慢の生チョコと、石垣島で採れたマンゴーが融合して、より贅沢な味わいの生チョコレートが誕生した。もちろんこれはロイズ本社がある北海道には一切ない、石垣島ならではの逸品だ。

出典:yaeyamafarm.com

石垣島ジンジャーエール

何の添加物も入っていない、石垣島らしさが生きているジンジャーエール。使っているものは生姜を始め、沖縄でも愛されているスパイスである。もちろん味わいは市販のジンジャーエールとは大きく異なる。

出典:www.memui.jp

石垣島のマンタちん

石垣島の海に生息している生物「マンタ」を模ったちんすこう。定番の形に飽きてきたら、これを試してみるとよい。もちろん食感は、普通のちんすこうにも劣らない。

島プリン

石垣島産の蜂蜜を贅沢に使っている、優しい味わいのプリン。底にはカラメルは敷かれておらず、蜂蜜をかけて食べるのだ。そして肝心の卵も石垣島産の生みたて新鮮卵を使っている。

きじむんのがじゅまるバウム

沖縄や石垣島で親しまれている伝説の木・ガジュマルの幹を表現したバームクーヘン。一見小麦粉で作っているように見えるが、米粉から作っているのだ。

涙そうそう

夏川りみの代表曲が名前になっている、黒糖を使ったお菓子。形状はドーナツみたいになっていて、沖縄産の黒糖が全体にかかっているというのが特徴である。食べると思わずうれし涙が出そうだ。

パッションサイダー

パッションフルーツを使った、夏に飲みたいサイダー。1ビンにパッションフルーツ1個分の果汁が含まれていて、渇いた喉をすっきりとさせて、潤してくれそうだ。

出典:www.oki-toku.com

紅芋パイ

沖縄では紅芋タルトが有名だが、こちらはパイ生地に包まれている。もちろん使われている紅芋は、石垣島で取れたものである。餡とパイの絶妙なハーモニーがとてもたまらない。

タルトクッキー星に願いを

石垣島の夜空に輝く星を模った、美味しいクッキー。クッキー1枚には茶色と白の生地が使われていて、1枚1枚小分けになっているのでばらまき土産として使える。

ミルミル本舗のジェラート

沖縄本土にあるアイスクリームチェーン店・ブルーシールにも負けないくらいの美味しさを秘めている、ジェラート専門店自慢のジェラートをカップに詰めて、全国発送している。もちろん材料は地元で採れた新鮮な牛乳や果汁を使用。

沖夢紫ロールモンブラン

石垣島の空港で必ず売られていて、多くの人が買い求めるロールケーキ。ココア風味のスポンジには濃厚な生クリームが巻かれていて、表面には地元で採れた紫芋ペーストを絞っていて、3つの要素が調和するようにしている。

調味料や食品など…地元の特色が生かされた、この島ならではの商品も充実!

石垣の塩

これまで紹介してきた、石垣島のお菓子のお土産には、この塩が使われているものが多い。当然、塩単品でも売られている。そしてこれはありとあらゆる料理に使えること間違いなし。

癒しのマリンビール

キンキンに冷やして飲むと、とてもいい味わいがしてきそうなビール。実はきちんとした商品になるために、何度も試行錯誤を繰り返されてきたのだ。そしてこれはこれから紹介する食品のお土産ともよく合う。

出典:www.15banchi.com

島唐辛子ソーセージ

島とうがらしを隠し味に使った、無添加の手作りソーセージ。フライパンで焼いてかじりつくと、ジュワッと肉汁が広がってくる。そして先ほど紹介したマリンビールともよく合う。

石垣島ぽん酢

調味料にこだわっている人におすすめな、石垣島自慢のお土産。サラダにかけてもよいし、鍋物に使ってもいいので、とにかくありとあらゆる料理に使える。

あんまぁーのアンダーミシュ

高齢のおばあちゃんが手作りした、ご飯のお供としても使える油みそ。ずっと変わらない素朴な味わいが、人気の秘訣である。もちろん料理にも応用できる。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪