ベルギー旅行で行きたい歴史遺産・観光・グルメのまとめ!

ベルギー旅行で行きたい歴史遺産・観光・グルメのまとめ!

ヨーロッパの国・ベルギーは、中世の雰囲気があふれている歴史的建物を始め、美味しいグルメやスイーツなどが揃っている。なのでフランスやイタリアでは決して見られない素晴らしさがあふれているに違いない。今回は、そんなベルギーの魅力について紹介する。

西ヨーロッパの国・ベルギーとは一体どんな国か

出典:www.slh.com

正式名称は、ベルギー王国

西ヨーロッパに位置する、連邦立憲君主制国家。首都のブリュッセルには欧州連合(EU)が置かれていて、公用語はオランダ語、フランス語、そしてわずかだがドイツ語が使われている。ちなみに面積は30,528㎢で、人口は11,116,242人である。

神聖で芸術的なものが多い、ベルギー自慢の見どころ!

グランプラス

ベルギーの首都・ブリュッセルが誇る最大の名所と言えば、この「グランプラス」というとてつもなく広くて芸術的な広場なのだ。周りには市庁舎、王の家、ギルドハウス(同業者組合の家)などがたくさん建てられている。

出典:flirtyfleurs.com

夏の祭典 フラワーカーペット

夏になると、先ほど紹介したグランプラスは、写真で見てわかるように色とりどりの花で彩られる。これはまさに芸術的な模様をした絨毯のようになっているので、世界中から多くの人が訪れて見ている。もちろん花をきれいに整えるのは手作業で行っている。

小便小僧

世界中で有名な、なかなか面白いデザインの噴水。これはなぜ誕生したのかというと、ブリュッセルを爆破しようとした反政府軍が爆弾を投げつけた時、少年が尿で爆弾の導火線の日を消したという功績から誕生したと言われている。

出典:www.demilked.com

ハレルボスの森

まるで絵本の世界に出てきそうな光景が広がっている。光が差し込む緑の森には、たくさんのヒヤシンスが咲いていて、多くの人を魅了する。これは絶対に写真に撮っておきたい光景である。

古都ブリュージュ

ここも、ベルギーならではの素敵な光景の1つに該当する。少し古ぼけた感じの建物がずらりと並んでいて、そこを通っている川と共に映えている。ちなみにここの名前は、またの名をブルッヘ(オランダ語で)と呼ぶこともある。

サン・ミッシェル大聖堂

とても高くそびえ立っている、荘厳で壮大なゴシック様式の大聖堂。入場料はなんと無料なので、積極的に立ち寄る人が多い。中には彫刻が置かれていて、ステンドグラスが設置されている。これは是非見ておきたい名所だ。

出典:www.flickr.com

マルクト広場

ヨーロッパ風の雰囲気が伝わってくる、立派な建物がずらりと並んでいるベルギー自慢の広場。ここは世界遺産として登録されていて、立派な風景を作り出している。そしてここの名物と言えば、鐘楼である。

ベルギー王立美術館

古くからの美術と現代美術の作品を展示している、この国自慢の立派な美術館。絵画、彫刻など、芸術家の個性が光る作品がずらりと展示されている。そして世界中から来た人がその作品を見に来ている。

楽器博物館

音楽が好きな人は、ぜひ立ち寄ってみるとよい施設。ここには演奏で使われる様々な楽器が展示されていて、見る人の心をわくわくさせてくれるに違いない。やっぱりベルギーは、ありとあらゆる芸術の国だということが伝わってくる。

アトミウム

1958年に首都ブリュッセルで開かれた、万国博覧会のために建てられたモニュメント。8つの球体は同じ素材の管で繋がっていて、鉄の結晶構造を表している。そしてこれは103mもの高さがあって、ベルギーの技術力を表している。

ミニ・ヨーロッパ

先ほど紹介したアトミウムの近くには、欧州連合・EUに加盟している27か国の観光名所を小さくしたものが集まった町がある。どれも本物忠実に再現していて、子供たちが大喜びする名所にもなっている。

聖母大聖堂

日本でも有名になった名作「フランダースの犬」の最後のシーンにも登場する、神聖な教会。この中にはルーベンスの立派な作品が展示されていて、外側には高くそびえる塔があって、多くの人を感動に包んでいる。

プロプザランド

夏の暑い時期になると、地面に設置した噴水から水が勢いよく出て、多くの人を癒しているという、立派な通り道。もちろんここの周りにも立派な家屋があって、より楽しい雰囲気にしているのがわかる。

出典:www.viator.com

サンカントネール

ベルギー独立50周年を記念して、シャルル・ジローという建築家が考案して建てた。これはまさにブリュッセルの凱旋門と言われていて、入場料もかからずに、門をくぐると300ヘクタールのサンカントネール公園が広がっている。

出典:www.lemonde.fr

マグリット美術館

ベルギーを代表する画家・ルネ・マグリットが残した数々の作品を展示している。楽器博物館と王立美術館の間に挟まれていて、カフェやグッズを販売する売店も備えている。

アントワープ中央駅

外側は素晴らしい芸術の造りとなっていて、内側は重要な役割を果たすターミナル駅となっている。もちろんここは観光にも役立っていて、カフェやバーも完備していて、世界一美しい駅だと称えられている。

聖バーフ大聖堂

12世紀から16世紀にかけて建設されて、聖堂だけではなく美術館の役割も果たしている建物。中に入ってみるとバロックオルガンや祭壇、そしてここの目玉となっている「神秘の子羊」という絵画が待ち受けている。

出典:users.skynet.be

デュルビュイ

ベルギー・ワロン地方にある、ウルト渓谷に囲まれた小さな町。人口は500人程度で、グルメの里としても知られている。首都ブリュッセルよりものどかな印象があるので、ここに長い間滞在する人も多い。

カンティヨン醸造所

家族経営で行っている、地元ビールの醸造所。見学もできて、見学が終わったら1杯のビールを頂くことができる。写真で見てわかるように、樽に入れてじっくりと熟成させているのがわかる。

出典:www.mashbox.org

運河クルーズ

ただ歩いても楽しいベルギーの街・ブリュージュには街中を流れる運河があって、そこを船で渡るクルーズが実施されている。ゆっくりと川を渡るボートから眺めた景色は、やっぱり地上から味わうものとは一味違う。

ビール、スイーツ、そして郷土料理などが揃っている、この地自慢のグルメ!

ベルギービール

実はベルギーでは、ビールも有名なのである。修道院で作られていたり、ちゃんとした醸造所で作られていたりするものが多くて、味も色々なものが出てきている。もちろんレストランでも出されて、お土産としても販売されている。

ムール貝

黒い貝殻に包まれたムール貝は、ベルギーに来たら食べておきたい魚介類である。特にムール貝の白ワイン蒸しは、貝の味を十分に味わうとっても素晴らしい料理方法と言える。

ワーテルゾーイ

肉を茹でた汁に生クリームと卵黄を入れてスープを作り、その中に鶏肉や野菜を入れて煮込む料理。鶏肉の他にも、白身魚やウサギの肉が使われることも多い。これは是非とも寒い冬に食べたい逸品である。

出典:www.bbc.co.uk

シコレのグラタン

またの名を、アンディーブ・エンダイブ・チコレ・シコリともいう、ヨーロッパ自慢の野菜は、ベルギーでもよく食べられている。そして一旦茹でて、ホワイトソースをかけて上にチーズをかけてグラタンにして食べたりすることもある。

フランダース地方の煮込み

牛肉の塊を、ビールやワインなどでじっくりと煮込むと、有名レストランの看板メニューに出てきそうな素晴らしい逸品ができあがる。もちろんパンにつけて食べたり、ワインのお供にしても構わない。

出典:www.go51.be

フリッツ

世界中で人気がある「フライドポテト」は、ベルギーだとフリッツという名前になっている。そしてこれは先ほど紹介した煮込み料理を始めとする、あらゆる料理の付け合わせに使われることが多い。

PREV NEXT

よかったら「いいね!」もよろしく♪