自分のアイデアを生かせる新感覚の粘土・フィモソフトを使ったハンドメイド作品!

自分のアイデアを生かせる新感覚の粘土・フィモソフトを使ったハンドメイド作品!

またの名を「ポリマークレイ」とも言う粘土・フィモソフトは、オーブンで熱を加えない限り固まらなくて、固まるとプラスチックのような質感になるので、モノ作りが好きな人に重宝されている。これらを使った作品は、アクセサリーとなったり、ちょっとした雑貨になったりするので、気になった方は是非見てみるとよい。

自分好みの作品を作れちゃう粘土・フィモソフトの魅力に迫る!

これらがオーブンで加熱しないと固まらない樹脂粘土・フィモソフト

何種類もの色があって、家庭用のオーブンで加熱するとプラスチックのように固まる粘土。柔らかいので簡単に形を作れたり、パステルカラーやラメが付いたもの、通常のより遥かに大きいものなどが揃っている。もちろん過熱しても色あせないという所が嬉しい。

ひも状にした4色のフィモソフトをねじってカラフルなペロペロキャンディに

青、黄色、濃いピンク、緑のフィモソフトを細いひも状にして、合わせてねじっていく。次にそれを渦巻き状にして、爪楊枝を差し込むと、飾りに使えるペロペロキャンディができあがった。もちろんこの上にヒートンをねじ込むと、チェーンが付けられる。

今度は粘土で花のパーツを作って繋ぎ合わせてチェーンを付けてネックレスに

粘土で色んな種類の花を作って、オーブンで焼いて固くしてチェーンで繋ぐ。するとお店では決して手に入らないような、立派なネックレスができあがった。ちなみに花を作るのに自信がないという方は、シリコン型で作っても構わない。

青くて美しい翅を持ちひらひらと舞う蝶のパーツを作ってピアスに加工

これは、フリーマーケットやインターネットで販売しても悪くない出来栄えの作品。好き取っているように見える羽の青い部分は、絵の具を工夫して塗って作っている。焼き上がったら穴を空けて、ピアス金具を付けてできあがり。

今度は翅の色を変えたものを5つ作って連結してネックレスへアレンジ

先ほど紹介したピアスにも使われている、蝶のモチーフは何種類も作っておくと、写真のようなネックレスの材料になる。蝶1匹1匹には、きれいな色や模様が使われていて、繋げるとよりひらひら舞うように見える。

ビンに入ったコーラのパーツを作ってそのまま指輪に生かしている

これもなかなかユニークな、フィモソフトならではの作品。茶色と白の粘土でコカ・コーラが入ったビンを作り、固まったら指輪金具を取り付けると、お店屋さんで売られていそうな珍しい指輪ができあがった。もちろんオレンジジュースのビンを取り入れても構わない。

出典:www.jobund.co.uk

フィモソフトは手作りの洋服に縫い付けるボタンにもアレンジできる

赤い粘度でボタンの形を作って、穴を空けてオーブンに入れて加熱する。続いて、濃い白の絵の具でドットを描いていくと、子供服に縫い付けたくなるようなかわいいボタンができあがった。しかもこれは、普通のボタンと同じように丈夫である。

出典:www.jobund.co.uk

2種類の青色の粘土を合わせてクッキー型で抜いて花の形のボタンに

今度は2色の粘土を混ぜ合わせてマーブル模様にして、麺棒で伸ばしてクッキーの型で抜いて、糸を通す穴を空けてオーブンで焼く。するとお店で売っても悪くないような、オリジナルのかわいいボタンができあがった。もちろん色は変えても全然OK。

パンを始めとする食材を忠実に作って組み合わせたハンバーガーのマグネット

上下のパン、トマト、レタス、チーズ、ハンバーグを1つ1つ忠実に作って、重ね合わせてマグネットを付ける穴を空けてオーブンで焼き、最後に接着剤でマグネットを付けると、ホワイトボードや冷蔵庫に付けておけるかわいいマグネットになった。

出典:mulpix.com

お金を入れてハンドルを回すとカラフルなガムが出るガムボールマシン

アメリカの街角で置かれている「ガムボールマシン」は、マシン自体が印象ある形で、中に詰まっているガムボールもカラフルだから、大勢の人に人気がある。なのでこれも粘土で作ってみると、よりかわいいものへとなった。

出典:indulgy.com

接着剤で貼りつけるときれいなデコレーションになりそうな紫のバラ

濃い紫と薄い紫の粘土を使って作る、非常に上品で女性らしい作品。中心は濃い紫の花びらで、周りは薄い紫の花びらになっていて、たくさん作っておくと接着剤で付けられるアクセサリーパーツになるので、積極的に作りたい。もちろん色は赤でも全然構わない。

出典:indulgy.com

曲が刻まれた楽譜に欠かせないト音記号はおしゃれなモチーフとなる

楽譜の一番最初に書かれている「ト音記号」は、ありとあらゆるアクセサリーのモチーフとして使われることが多い。もちろんフィモソフトで作っても全然悪くない。ちなみに粘土で作ってみると、柔らかそうな印象が出てきて、金属の音符のパーツとよく調和しているのがわかる。

出典:www.flickr.com

緑の樹脂粘土を伸ばして型で抜くと飾りに使えるたくさんの葉っぱになった

緑の粘土を薄く伸ばして、ミントのような形に切っていき、葉脈を付けると、まるで本物のように小さな葉っぱができあがった。もちろんこれらはスイーツデコに使っても全然悪くなくて、穴を空けてCカンを通すと、アクセサリーにもなる。

表面を食べられないアイシングで飾ったたくさんのかわいいクッキー

薄い茶色と焦げ茶色の粘土を伸ばして、ハートの型で抜いていく。後はオーブンで焼いて完全に冷めたらスイーツデコ用フェイクソースで飾りつけをしていく。この工程はまさに本物のクッキーを作っていることと全然変わらない。

金具を付けてストラップにしたりスイーツデコに加えても悪くない数々のスイーツ

フィモソフトは、数々の小さなスイーツを作るのにも非常に最適な粘土と言える。違う色同志を混ぜ合わせて丁度よい色にしたり、小さな飾り用パーツを作ったりすることで、夢がいっぱい詰まっているような、かわいいスイーツが作れる。

2頭身となっているかわいいお人形さんのマスコットも作っておきたい

おとぎ話に出てくるような、妖精みたいに小さくてかわいい女の子を粘土で作りたい時は、フィモソフトがおすすめ。粘土の色は調節して混ぜ合わせて、糸切はさみを使うと簡単に作業ができて、自分のイメージ通りのかわいい人形が作れてしまう。

とてもかわいい3人の小さな少女たちの人形をフィモソフトで作った

今度は、2頭身サイズの3人の小さな少女たちの人形を作った。表情、髪型、服装・・・どれもかわいく仕上がっていて、完全に乾いて固まったら並べて飾っておきたくなること間違いなし。

出典:www.ekvi.de

ケーキやマカロンなどの形に整えてスプーンの柄を飾っているのが特徴

ケーキやマカロンと言った、パステルカラーを基調としたスイーツだって、フィモソフトで作りたいという人も多い。ちなみにクリーム部分はシリコーンホイップで再現しても構わなくて、下に切れ込みを入れておけばスプーンの飾りにもなる。

これまで作ってきたフィモソフトの人形をメモスタンドへ応用させた

色んな色のフィモソフトを使って、メルヘンチックで立体的な風景を作り、メモスタンド用金具を刺す穴を空けて、オーブンで加熱して固める。最後に接着剤を塗ったメモ金具を差し込んで、完全に固定させると、重要なことを書いたメモを立てておけるスタンドになった。

出典:www.youne.com

粘土を伸ばして長方形に切った後は同じく粘土で作る風景を刻んでもよい

背景となる粘土を麺棒で伸ばして、後は他のパーツを粘土で作って埋め込んでいく。後はオーブンで焼いて乾かして、上に穴を空けてピアス金具を付けると、お出かけの時に着けて行きたくなるような、自分だけのオリジナルピアスが完成した。

お店では決して見かけない小石のボタンもフィモソフトならではの作品だ

灰色の粘土をこねて、細かい小石を模ってボタン用の穴を空けた。あとはいつもどおりに乾燥させると、今までにはないような斬新なアイデアが詰まったボタンができあがった。ちなみにより本物らしくするには、少し白い粘土をちぎって入れるとよい。

出典:folksy.com

海を勢いよく豪快に泳ぐクジラのキーホルダーもフィモソフトで手作り

淡い水色のフィモソフトを雫型に形成して、次に尾ひれを作ってちぎった粘土でヒレを作って付ける。最後に目玉を付けてオーブンで焼いて固めると、海を泳いでいるクジラができあがった。もちろん海の生き物は他にもたくさんいるので、是非作ってみるとよい。


よかったら「いいね!」もよろしく♪