陶芸は家庭でも手軽に楽しめて数々の作品を作ることができる!

陶芸は家庭でも手軽に楽しめて数々の作品を作ることができる!

粘土をこねてろくろに乗せて回したり、伸ばしたりしたものを焼くと、食事で使う食器や花を生ける花びんを始めとする、作品ができあがる。これらは「陶芸」と呼ばれていて、現在では土から採取した粘土ではなく、市販の陶芸用の粘土から作れて、炎を上げる窯ではなくオーブンで焼き上げるという方法が挙げられている。

2017.9.1 UPDATE

0

家庭でできちゃう、粘土に心を込めて作る職人技のような立派な陶芸作品集!

シンプルな白い箸置き

お店で手に入る陶芸用の粘土を使って何かを作りたいなら、まずは和食を食べる時に使う箸に添える箸置きから作るとよい。こねて伸ばして平べったくしたり長方形にしたり棒状にしたりして、オーブンで焼くとこんなに立派に仕上がる。

出典:uk.pinterest.com

イチョウの形の箸置き

ある程度慣れてきたら、今度はきちんとした形がある箸置きを作ってみるとよい。写真はいかにも季節感を大切にしている「イチョウの葉っぱ」を模った箸置きであり、和食を頂く時に添えておきたい。そして竹串で模様を作っているのも特徴。

出典:artizanmade.com

マグカップ

陶芸家がよく使う回転台・ろくろを使うと作品の幅が広がる。これがあれば中に水を注げるマグカップなどの容器が作れる。なお写真は2色の色を使った、シンプルなデザインのマグカップである。ちなみにつやを出す時は専用のニスや釉薬(うわぐすり)を使うとよい。

丸みを帯びたマグカップ

今度は、子供でも使えそうな丸みを帯びたマグカップを作った。もちろんこれもろくろを使って作っていて、指を引っ掛ける部分が丸い輪になっているのが特徴である。そして側面にはかわいいイラストが刻まれているのが特徴。

出典:the189.com

湯飲み茶碗

急須で淹れたお茶を注ぐのに欠かせない「湯呑み茶碗」も、是非とも陶芸で作っておきたい作品だ。ろくろを回して丁寧に心を込めて作ってみると、まるで精通している陶芸家が作ったような、高級感あふれる作品に仕上がる。

料理を盛るお皿

陶芸でやっぱり忘れてはならない作品が、でき上がった料理を盛り付けるお皿である。写真の作品は、色彩も形状も至ってシンプルなものとなっているので、これなら毎日の食事に使えそう。

表面に絵を描いてもよい

作った皿が真っ白なら、表面に専用の絵の具で絵を描いても構わない。もちろん描く絵はワンポイントとなるものや模様、さらには相手へ伝えるメッセ―ジでもOK。そして最近は陶器に模様を描けるらくやきマーカーというペンも出てきている。

出典:uk.pinterest.com

葉っぱの形の皿

今度は、1枚の葉っぱを模ったお皿を作った。形状はもちろん、葉脈や曲がった形状をしっかりと再現して、色も芸術性あふれるものにしているので、手に取ってみると思わず素晴らしい出来栄えだと感じる。そしてこれは料理を盛ったり、火のついたキャンドルを乗せたい。

出典:uk.pinterest.com

壁にかけておく飾り

粘土を麺棒を使って平らに伸ばし、模様を竹串などで掘っていき、オーブンで焼いたら、模様の内側に絵の具で色を塗る。そしてあらかじめ開けた穴にひもを通すと、壁に飾っておく飾りになった。ちなみにこれを応用させると、部屋のドアにかけるネームプレートにもなる。

小料理屋で使われる、四角い皿

お酒に合うような美味しい料理を出す小料理屋で使われていそうな、四角いお皿だって簡単にできる。あらかじめ形を長方形にして、安定する土台を付けて、最後は少し湾曲させてみると、焼き魚や焼き鳥を乗せるのにピッタリな、日本風の皿になった。

ハート型の皿

今度は、内側に少し反っているハートのお皿を作った。ほんのりピンクや赤に着色しているので、女の子らしいかわいさが出てきている。そしてこれにはクッキーやケーキ、アイスクリームなどといった甘いものを盛り付けるとよい。

石鹸を置く皿

洗面所に置いておきたい、石鹸を置く皿は陶芸で手作りしても構わない。しっかりとこねてお皿状に伸ばして、まだやわらかいうちにスタンプで模様をつける。そしてオーブンで焼いて固めて、文字や模様の部分に絵の具で色を付けると、立派な作品に仕上がった。

刺身を盛るのに丁度よい皿

5ミリくらいの厚さに伸ばして、横長の長方形に切った粘土の隅っこをつまんで引き上げて、オーブンで焼いてみると、またまた小料理屋で使われていそうな刺身用の皿になった。そして今回は、醤油を垂らすのに使う同じ形の小さな皿や、スプーンも作っている。

ペンダントヘッド

首にぶら下げるアクセサリー・ペンダントを陶芸で作るなんて、なかなか素晴らしい。まずは土台となる白い粘土を丸めて、その上に色を付けた粘土で模様を付けていく。そして金具を通す穴を空けて、後はいつも通りにオーブンで焼くとできあがり。

出典:myfancycraft.com

ゆらゆら揺れるピアス

今度は、お店ではなかなか手に入らないようなゆらゆら揺れるピアスを作った。写真は咲き誇る花を模っていて、陶器ならではの質感をアクセサリーに取り入れているのがわかる。なおゆらゆら揺れるものなら、陶器粘土で作った貫通したビーズにしても構わない。

文字や模様を刻んだハートのチャーム

粘土を麺棒で伸ばしてクッキーの抜き型で抜いて、レース生地などで模様を付けたり、アルファベットスタンプを押してメッセージを刻み込み、上にストローで穴を空ける。あとはオーブンでじっくりと焼くと、飾りに使える陶器のチャームができあがった。

花のチャーム

満開になっている花の花びらを、1から丁寧に作って立派なチャームを作った。花びらにはキチンと色を塗って、同じやり方で作った花びらを重ねて、丸いビーズを通したひもを繋げると、こんなに素晴らしい花のチャームができあがる。

出典:folksy.com

小鳥のチャーム

粘土を程よい厚さに伸ばして、羽ばたいている鳥のクッキー型で抜く。続いてはひもを通す穴を空けて、表面に模様のスタンプを押していく。後は焼いて模様に水色の絵の具を塗ると、こんなに素晴らしい小鳥のチャームが完成した。

花を生ける花びん

またまた、ろくろを使った渾身の作品。今度は高さを出して立派な花びんを作った。もちろん形状は、円柱の形や壺の形、工夫を凝らしたオリジナルの形で全然構わない。そして側面に絵を描いておくと、畳を敷いた茶室に飾っておきたくなる。

食事用のスプーン

温かいスープをすくって食べるなら、陶器でできたスプーンもおすすめ。作り方も至って簡単で、持つ部分にも絵を描いておくと、子供が積極的に使いたくなること間違いなし。

出典:it.pinterest.com

色々なチャーム

今度は丸いクッキー型で粘土を抜いて、その上に模様やアルファベットのスタンプをポンポンと押していく。あとは穴を空けて過熱して固めると、プレゼントにちょっと添えられる陶器のチャームができあがった。これは是非とも大量に作っておきたい。


よかったら「いいね!」もよろしく♪